浅析日剧《白夜行》女主人公雪穗的形象毕业论文_日语毕业论文

浅析日剧《白夜行》女主人公雪穗的形象毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

《白夜行》是推理小说家东野圭吾的代表性作品,在日本拥有很高的人气, 并于 2006 年被翻拍成电视剧。电视剧于 2006 年 1 月 12 日到 3 月 22 日在 TVB

播出,共计 11 集(相当于 12 集)。该日剧的女主人公雪穗的人物形象给观众留下了深刻的印象。她被很多人称为“恶女”。

本论文主要分析日剧《白夜行》的故事情节、场面和会话,并且适度参考原著,全面研究总结女主人公雪穗的人物形象。

雪穗是东野圭吾式的恶女的代表,虽然智慧和美貌并存,但从幼年起便陷入不幸,嫉妒心强,用婚姻来换取金钱,不择手段,爱情也不顺利,过着一种悲剧式的人生。本论文从社会背景和作者的意愿考虑,分析雪穗成为“恶女”式人物形象的原因。

关键词:日剧;白夜行;人物形象;恶女

目 次

はじめに 1

  1. 東野圭吾と『白夜行』 3
    1. 東野圭吾について 3
    2. 『白夜行』について 4
  2. 雪穂のイメージについて 7
    1. 悪女の表現 7
    2. 悲劇的な女性 13
  3. 「悪女」になる原因 15
    1. 社會の背景 15
    2. 作家の願い 16

おわりに 18

参考文献 19

謝 辞 21

はじめに

日本で有名な推理小説家である東野圭吾は中国でも大きな人気を呼ぶ。その小説はよく社会と人性に関心を持つ。『白夜行』は東野圭吾の代表的な作品である。2000 年に、第 122 回直木三十五賞候補になった。『白夜行』は東野圭吾の作品の無冠の帝王といわれる。ドラマ『白夜行』第一話が放送前後に、原作の売れ行きが伸び、ベストセラーになったミステリー長編小説である。社会背景と家庭環境のせいでヒロイン雪穂は典型的な「悪女」になった。美しくてやさしい女の子だったが、母親に売春をさせられ、自分を助けるために父親を殺した桐原亮司を庇うために母親の命を奪った雪穂は、ただ亮司と一緒に太陽の下で手を繋いで歩きたかった。しかし、その願いは最後までも実現できなかった。警察官の調査に従って、雪穂はだんだん汚い手を使うようになり、調査から逃れようとした。彼女はお金をもらうために愛さない男と結婚し、最後、立派な仕事があるけれども、独立な女性同時に孤独である。悲劇的な人生を送っている。

『白夜行』のヒロイン雪穂のイメージについて、多くの人がすでに研究している。その中で、金涛(2012)、楊洪俊、周艶霞(2011)、陸昕(2011)、秦思思

(2012)、李雪(2012)が典型的な例として挙げられる。

金(2012)1は東野圭吾の作品の女性を「悪女」と「聖女」ふたつに分ける。彼女たちは様々に鮮明な性格があり、日本の伝統的な女性像と変わり、以前の女性の弱い性格を変え、当代にあった新たな女性の形象を見せる。楊、周(2011)2 は人物像を描き出すの方について研究した。雪穂は憧られる「悪女」を定義した。陸(2011)3は『白夜行』と『幻夜』作品ふたつのヒロインを対象として述べた。雪穂は「性で人を魅惑する」という女性である。秦(2012)4は雪穂が「極の悪女」

と思っている。李(2012)5は雪穂が自分勝手且つ完璧な女性であると評価する。本論文はまず、作者の東野圭吾と彼の作品、また小説『白夜行』およびそれ に基づく映画やドラマをも簡単に分析する。それから、ドラマ『白夜行』のストーリー、シーン、会話などをめぐってヒロインのイメージをまとめる。悪女

の表現と悲劇的な運命を具体的に書く。最後に、その原因を分析する。

1 東野圭吾と『白夜行』

小説の主人公は作者がフィクションした人物であるが、作者の東野圭吾と切り離せしてもよいとは言えない。東野圭吾の作品は女性を主人公にするのが特色の一つである。ほかの作品の中にも、東野圭吾は『白夜行』のヒロイン雪穂のような「悪女」を何人も書いた。『幻夜』の美冬もそいうイメージである。そして、疑問を持って東野圭吾の経歴と作品及び写作風格を研究する。

東野圭吾について

東野圭吾(ひがしのげいご)は 1958 年 2 月 4 日、大阪市生野区に生まれた。今、日本だけでなく、中国でも大きな人気を呼ぶ。東野圭吾の人生を学生時代、大学卒業後、専業作家後段階三つに分ける。

第一段階に、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学する。この頃また読書少年でもなかった。1974 年に大阪府立阪南高等学校2 年生になった、思いかけなく、小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読んで初めて推理小説に熱中することになった。さらに松本清張の影響を受けて推理小説を書き始める。処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在まで内容は公開されていない。高校を卒業後は一年間の浪人を経て、大阪府立大学工学部電気工学科に進学した。

1981 年に、日本電装株式会社に技術者として入社した、勤務の傍ら推理小説

を書く、人生の第二段階へ進んた。第 29 回乱歩賞に応募して二次予選通過であ

った『人形たちの家』と第 30 回乱歩賞に最終候補作になった『魔球』と 1985

年に第 31 回江戸川乱歩賞を受賞した『放課後』は全部この時期に書いた作品で

ある。

東野圭吾は会社に江戸川乱歩賞を受賞したことを知られたので仕方なく、

1986 年に退職した、東京へ行った、専業作家としての道を歩むこととなる。何年の創作を経て作品が数多い出版しただが、なかなかヒットに恵まれず、文学賞も 15 回も落選した。しかし、生活のために、ずっと書き続く。いろいろな素材を用いて、力を尽くして出版界の目を引きつけるように頑張っている。本当に多作な作家である。1996 年にやっと『名探偵の掟』で『このミステリーがすごい!1997』の 3 位になる、にわかに注目を集めた、さらに、1998 年に『秘密』を刊行すると、一気に大ヒットした、第 52 回日本推理作家協会賞(長編部門)

を受賞した。以後 2006 年に、『容疑者 X の献身』で第 134 回直木賞、第 6 回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞した。小説界で評価が高めてゆく一方である、『探偵ガリレオ』、『白夜行』、『秘密』など流行している作品は映画化、テレビドラマ化された回数は非常に多い。人気作家の仲間入りを果たした。2009 年

6 月 1 日に日本推理作家協会の特別理事会理事長を就任した。

東野圭吾の作品で人性と社会問題によく注目する。筆で社会を見って守っている。小説で人物を利用して、自分が言いたいことを言う、自分の意見を述べる。東野圭吾は女性に特別な見方を持っている、悪女をよく描写した社会派推理小説の創始者松本清張の影響で作品にも女性は重要な役割を果たすのが東野圭吾の作品の特色一つである。インタビューで美しい女性は悪魔と天使の結び合わせるものだと言っている。『白夜行』のヒロイン雪穂はこのようなものである。

『白夜行』について

推理小説『白夜行』は東野圭吾の無冠の帝王と言われ。もともと集英社「小説すばる」1997 年 1 月号から 1999 年 1 月号まで連作された短編である。1999

年 8 月に刊行され、テレビドラマ化されたのおかげで 2006 年 1 月に 100 万部を突破した、ベストセラーになったミステリー長編である。そのうえ、小説を舞台劇やドラマや映画などに脚色した作品が多い。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接