从二项关系分析《好色五人女》中阿七故事的悲剧性毕业论文_日语毕业论文

从二项关系分析《好色五人女》中阿七故事的悲剧性毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

井原西鹤是被称作“日本的文艺复兴时期”的日本元禄时期的一位市民作家。在他的《好色五人女》这部作品中,栩栩如生地刻画出了大胆追求恋爱自由的下层女性的形象。本论文将对以实际生活中的故事为题材,融入了许多作者精心设置的阿七的故事进行考察。

本论文是从二项关系的角度,以阿七的物语的悲剧性为考察方向来展开分析。具体地,从迎接新年的忙碌喜庆和年末不测的火灾的二项关系,情窦初开的纯洁爱情和爱情之路的坎坷,兼具世上再也求之不得的外观之美和人性之美的阿七犹如樱花一样短暂易逝的无奈这三个二项关系,来分析阿七的故事的悲剧性。

通过以上二项关系的分析,井原西鹤的写作意图也变得显而易见。在这则故

事里,井原西鹤对于阿七抵抗当时社会的身份制度和家族制度,率性地追求女性的恋爱自由的权利的行为,表现出了认同的态度。这正是他对当时社会抱有不满, 努力想要唤起人性的意图。其实,这个故事也显现出了他超越时代的重视人性的民主精神。

关键词:町人女性;恋爱;二项关系;悲剧性;人性

目 次

はじめに 1

1、 井原西鶴の好色シリーズ小説についての紹介 2

    1. 『好色五人女』についての紹介 2
    2. お七の物語のあらすじの紹介 2

2、 二項関係から見るお七の物語の悲劇性 4

    1. 二項関係について 4
    2. 新年迎えの大喜びと年末火災の二項関係 4
    3. 主人公の恋愛の出発点と恋愛の過程や結果の二項関係 5
    4. 主人公の外観イメージ、性格特質の設定と人生の結局の二項関係 8

3 、 考察 11

    1. 悲劇性の原因の考察 11
    2. 井原西鶴の創作意図の考察 11

終わりに 13

注 釈 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

男女の恋愛物語を描写する日本の文学作品の中で、傑作だといわれる井原西鶴の『好色五人女』が名高い評判を博した。それに関する研究も様々である。その中で特に婚姻観、恋愛観や女性観に関連するものが多い。「物の哀れ」という文学理念をもとに分析したものもあるが、作品の悲劇性を分析してきたものはまだ尐ない。この作を書いた当時の社会背景から分析すると、井原西鶴が作品の中で、激しい二項関係を多く設置したと見られる。本稿では、それらの激しい二項関係を掲げることによって、お七の物語の悲劇性を分析してみる。こうすることによって、井原西鶴の創作意図をさらによく理解しようとする。

1 井原西鶴の好色シリーズ小説についての紹介

『好色五人女』についての紹介

井原西鶴は“日本の文芸復興時期”と呼ばれていた日本元禄時期の一位の市民作家である。彼は豊富な人生経験、独特の文学眼光及び大胆の想像力で、幅広い文学領域で異彩を放した。なお、本論文で取り上げたいのは彼の『好色五人女』である。この作を名のまま理解すると、男女の愛の俗なもののようであるが、井原西鶴の意図を踏まえると、そうではない。井原西鶴の好色シリーズの物語には、純粋の恋愛そのものが美しいものだと見なされ、それを追求する男女が普通の人にはない有難さを持っているので、いつも人々の注意を引く。この作品の中で、自分が求めている恋愛が当時の身分制度や道徳観に違反すると知りながらも、大胆、積極的に恋愛自由を追求し、命を惜しまず恋愛を求める町人女性のイメージが生き生きと描写されている。1この点がこの作を正しく理解するポイントの一つだと考えられる。

なお、以前の男性を主体と描写した男色物と違い、『好色五人女』は女性を主人公として登場させる。当時では、女性の地位が相当低い時代なので、数々の女性を主人公として取り上げたところはこの作を研究する一つの意義だといっても過言ではない。この小説で登場する主人公の女性は例外もなく、情愛のため、花のような人生が速く終わった。歴史の洗練でも色褪せが見えないこの『好色五人女』の中の女性たちは、今でもさまざまの芸術の良い素材だと取られている。

お七の物語のあらすじの紹介

今回は五人の女性のお七の物語を紹介する。この物語は実話を題材にしながら、さまざまな趣向をこらした西鶴の代表作の一つである。この物語のあらすじを簡単に紹介する。ある八百屋の商人の娘であるお七という女がいる。ある冬の季節に火事が起こったため、吉祥寺に避難し、そこで、吉三郎という男と恋に落ちるようになった。だが、二人は階層違いの人なので、その恋愛が禁じられる。それでも、二人は別れた後、お互いに恋の手紙を書き、恋の心を相手

に伝えた。しかし、恋心と思念の辛さが手紙だけでは伝わらない。そのため、双方も重なる障害を越え、会う機会を創造した。だが、度々会う時間ができたが、また一瞬のうちのような短い間に親が邪魔になってしまった。このように、いつも二人の恋は未来を望めない。会う方法がもうこれ以上ないと覚悟してから、お七は火事で愛人と出会ったことを再現させるため、自分の家に放火した。深い罪を犯した以上、罰としてお七は火刑に処刑された。この物語はうぶの恋に落ちた男女の辛い恋の話を狂おしく描いている。

二項関係から見るお七の物語の悲劇性

二項関係について

小説や物語では、しばしば善と悪、平和と戦争、富裕と貧困といった二項対立の図式が用いられている。しかし、そのような巨大な二項対立にとどまらず、ほかのたくさんの小さな二項対立もちりばめられている。これらの二項対立で小説や物語を分析するのであれば、物語の構成がさらにはっきり見え、作者の意図も容易に捉えることができる。

新年迎えの大喜びと年末火災の二項関係

一年間の行事の中で、一番賑やかで人々に重視されるのは新年だと思われる。新年は人々が過ぎ去った一年を振り返るときであり、新しい一年の期待や希望を受け載せるときでもある。こうであれば、新年が非常に大切で、忙しい時期である。お七の物語の冒頭部分に書いてあるように、「雲の脚さえ早く、はや正月の仕度を取り急ぎ、餅をつく家・・・・・・煤掃きをするもの・・・」2売買も忙しく、「兼好法師が書いたのも思い出されて、今でも世帯を持つ人々の年の暮れは忙しいものである。」3この忙しい姿から、新年迎えの幸せが感じられるのであろう。

だが、新年を迎えようとする喜びの中に浸っている最中、二十八日の夜火災が起こった。火災当時の様子を見ると、「わいわいと大騒ぎとなり、焼けた家々では、車長持を引く音、葛龍・掛硯を肩にかけて逃げる者もある。穴蔵の蓋を取りのけて、絹布などの軽い品を投げ込んだが、それも時間の煙となって焼き失せ、焼野の雉子が子を思うように、妻をあわれむもの、老母を悲しむもの、それぞれ知るべをたよって立ち退いていく。まこと悲しい極みであった。」4このように、不測のことが起こった。また、火災に遭った人々の様子を見れば、「大勢お寺に駈け入り、長老様の寝間にも赤子の泣く声が聞こえ、仏前に女の腰巻を取り散らかし、あるいは主人を踏み越えて行き、親を枕にして寝るなど、乱雑に転び寝をして夜を明かした。釈迦もお見逃し下さるであろう。」5これらの描写から、その火災の厳重性がわかった。

ここでは、新年迎えの喜びと不測の年末火災の悲しみが二項関係になっている。江戸時代の日本では、部屋の構造が中国に似て、木造の部屋ばかりなので、火災自体が恐ろしいものである。当時に、火災が一番怖いと人々が考えていた。いったん火災の被害に遭われたら、その損失が想像することもできない。家はともかく、家族まで失い、年末の喜びからこの極みの悲しみに至る。あいにくこの喜ばしい年末に不意の火災が起こるというのは何も言えないぐらい悲しいことであろう。西鶴の好色シリーズ物語はほとんど短編小説で、その中のそれぞれの節がされに短い。お七の物語も例外ではない。短いからこそ、冒頭の部分が大切にされている。この火災の発生は続きの話を引くために、悲しい雰囲気を醸し出している。

主人公の恋愛の出発点と恋愛の過程や結果の二項関係

世間のさまざまな感情の中で、一番人を狂わせるのは恋愛だと考えられる。だが、同じ恋愛というものでも、その出発点が違うだけで、純粋の恋愛かどうかの区別になる。かねてから、名利のため恋愛を求める人もいれば、純粋の愛を求める人もいる。どちらがよいかどちらが良くないかと簡単に判断することができないが、いつも純粋の恋愛のほうが人の心を引く。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接