从“渡边太太”到“中国大妈”对比中日主妇理财观毕业论文_日语毕业论文

从“渡边太太”到“中国大妈”对比中日主妇理财观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在金融世界里,“渡边太太”和“中国大妈”可以说是特别的存在。“渡边太太”是日本家庭主妇投资家的别名。在全世界外汇市场中,“渡边太太”是不容忽视的存在。此外,到2013年,因为中国的中年女性大量购买黄金,全世界的黄金价格发生了变动。在互联网上,美国媒体调侃这种现象,形成了一种新名词,称之为“中国大妈”。日本的“渡边太太”和中国的“中国大妈”和金融界,乃至世界经济都紧密联系。两者具有各种各样的异同点。本稿主要是从“渡边太太”到“中国大妈”来看,对比中日主妇的理财观。

本文主要是分成“关于渡边太太的介绍”、“关于中国大妈的介绍”及“渡边太太和中国大妈的投资比较”这三部分进行了论述。“关于渡边太太的介绍”和“关于中国大妈的介绍”分别论述了渡边太太,中国大妈的定义,形成原因以及影响。“渡边太太和中国大妈的投资理财的比较”则比较了中日家庭主妇的投资理财,分析了女性掌握家庭财政权和相似的投资背景这两个共同点,发现了投资观念,投资目的及投资偏好这三个不同点。

本论文的研究目的在于,探明中日主妇理财观的异同,并从中日家庭主妇不同的理财中来看两国女性的价值观。

关键词:中日;主妇;理财;渡边太太;中国大妈

目 次

はじめに 1

1 渡辺夫人について 2

1.1 紹介 2

1.2 形成原因 2

1.3 影響 3

2 中国おばさんについて 4

2.1 紹介 4

2.2 形成原因 4

2.3 影響 5

3 中日家庭主婦の財テクの比較 6

3.1共通点 6

3.2相違点 8

おわりに 11

注  釈 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

最近、中国おばさんとウォール街の有名な企業家たちが金市場においての「戦い」は激しくて、大勢の人に注目された。そして、「中国おばさん」は国際で幅広い名声が高まった。一方、このようなことはすでに20年前に起こった。20年前、日本の「渡辺夫人」は為替相場でのすばらしい実績によって、無視できない投資力になった。素朴な財テクの知恵でもいいし、専門の投資テクニックでもいいし、「渡辺夫人」と「中国おばさん」は家庭主婦の投資家のモデルとして、住民財富の増加を代表して、個人投資家の成長と成熟を証明した。

本稿は「渡辺夫人」と「中国おばさん」をめぐって、この現象の形成原因、発展と影響などについて、比較と分析の方法を採用して、調査データや歴史の事実によって、中日の家庭主婦は投資過程から穫たテクニックと経験などを検討して比較する。それによって、中日の家庭主婦はお互いに勉強しあって、長所を取り入れ、短所を補い、客観的に理性の態度で金融投資をおこなう。

1 渡辺夫人について 

 1.1 紹介

渡辺夫人とは、日本の銀行から金利が低い円を貸して、海外の高収益プログラムや外貨投資をする日本の家庭主婦たちを指している。このような家庭主婦たちは投機性が非常に強い外国為替の保証金の取引に参加して、金利が低い円を貸して、高収益の海外債券や外国為替預金などに投資して、スプレッド収益を収穫する。大幅に円の切り上げにならない限り、ほとんどの人は穏やかなスプレッド収益を収穫できる。一方、「渡辺」というのは、日本においてよく見られる名字であり、2000年から、このような主婦たちは「渡辺夫人」と呼ばれるようになった。

 1.2 形成原因

日本人が最も主要な資産管理の方式は預金である。1995年、日本の中央銀行は、日銀[1]の割引率を0.5%に下げた後、日本の金融機関の預金金利はずっと1%以下を維持している。近年、日本の当座預金はほぼゼロ金利であり、1年間の預金の金利はただ0.02%から0.03%までであった。5年間の定期預金の年金利も0.1%だけであった。それでも、ほとんどの日本人は自分のお金を銀行に、あるいは郵便貯金として預けた。日本銀行が発表した資産統計データによると、2013年6月末の時点まで、日本の個人金融資産のなかで、現金や預金総額は日本の個人金融の総資産の55%に達した。

実は日本では女性が掌握する権力、特に財務方面の権力は西洋人の想像を超えた。江戸時代ないしもっと早い時期から、家庭財政の管理は幕府将軍と封建領主の妻にとって、主要な任務の一つである。さらにもっと大きい財務についての決定、たとえば住宅の購入、あるいはある投資戦略の確定など、普通女性によって決めた。男たちは大事の決定権をつかむと自称したが、実はすべての基本的なことはすでに妻に用意されていて、男性がただ認可を表せばいい。

したがって、戦争後の日本は富裕になる過程の中で、家庭主婦はずっと巨額の家庭貯蓄の保護者を担当していた。当時、日本の預金総額は1500兆円(約16.8兆ドル)を上回り、世界で最も大きい可投資財産であったとされる。そのなかで、大部分は普通の日本銀行の口座に預けされていた。そして、驚くほど多くの財産は現金の形で家の中で保存されていた。

20世紀90年代から、日本国内において、長い間に超低金利、さらにゼロ金利の政策を実行していた。そのため、一部の日本家庭は国内の低い金利収益をやめて、お金を海外の金融市場に投資して、高額の収益を稼ぐ。そして、外国為替の保証金の取引に対して非常に上手であった日本主婦投資家は多くの人に知られるようになった。日本人の名字である「渡辺」をこれらの主婦の投資グループに名付けた。「渡辺夫人」が日本の主婦の投資家の綽名となった。

 1.3 影響

渡辺夫人は円相場の動向を示していると言われているようになった。「渡辺夫人」は意志が強くて、一時的な円高になるチャンスがあっても、この機会を利用して低価でより多くの外国資産を購入する。銀行や証券会社の外で並んでいる「渡辺夫人」の人数は、円相場の動向の標識になった。一部の専門家もそっと「渡辺夫人」の動きを従い始めた。

全世界の外国為替市場では、「渡辺夫人」が無視できない力となった。概算すれば、「渡辺夫人」は東京の現物外国為替市場の20%~30%ぐらいを占めしている。「渡辺夫人」たちはよく自己資金の数倍の円を貸して、高収益の資産を買う。資金規模から見れば、「渡辺夫人」は為替市場を左右する力も持っている。さらに、日本の主婦が「世界的な金融株危機」の張本人であると考える人も現れた。また、世界的な金融危機が日本の主婦の小さい動きから形成した「バタフライ効果」であるかもしれないと指摘した人もいた。

数多くの日本の専業主婦は高等教育を受けた人であり、自分の口座を持っていて、家庭の大きな部分の財産権を掌握している。そして、現在日本では電子商取引と情報化が高度に発達した。家事をして、子供を寝かした後、これらの主婦たちはパソコンの前に座って、自分の海外の株式や証券などを操作して、ドルを利用してスプレッド収益を得る。このような主婦たちは労働や休みの時間に一致性があり、同じ時間帯で類似な意向で操作して、数多くの口座の変化が現れ、株式市場を明らかに揺るがした。

2 中国おばさんについて

2.1 紹介

2013年、中国の中年女性が大量の黄金を購入したせいで、世界中の金価格の変動を起こした。中国おばさんはインターネットでアメリカのメディアがこの現象をユーモアに言うから形成した新しい名詞である。「中国おばさん」は2013年ネット流行語の一つだけでなく、「ウォール・ストリート・ジャーナル」が專門の英語の単語「dama」を作り出して「中国おばさん」を形容して、「オックスフォード英語辞典」に収録した。2013年4月15日、金価格は一日で20%まで下落して、大勢の中国のおばさんはもっとも近い店舗へ湧き込み、金製品を買い占めて、しかも、一人で数キロの金を買った人が多くて、それらの人たちを金市場の「中国おばさん」と呼ばれた。

2.2 形成原因

2.2.1金価格下げ

2013年4月、国際の金市場では、国際の金価格は4月に驚くほど暴落を起こった。最も低い価格は1321ドルに下げた。その後、26日から、大幅のリバウンド時期が出現した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接