中日两国七夕风俗的比较毕业论文_日语毕业论文

中日两国七夕风俗的比较毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

文化和人类社会的进步与发展息息相关,而传统节日更是文化的一大重要组成部分。众所周知,七夕这一传统节日在中日两国都广为流传。初期,中日两国七夕节的意义大同小异,然而随着时间的变迁,从江户时代开始日本七夕节与中国七夕节产生了明显的差异。

七夕本是中国特有的传统节日,在古代中国,七夕节也被称为乞巧节,多于农历七月初七举行庆祝活动。而日本多于公历 7 月 7 日举行庆祝活动。

本论文以中日两国七夕风俗的对比为切入点,并基于民俗相关常识,具体研究中日两国在七夕期间举行的丰富多彩的庆祝活动,并总结和分析了中日两国七夕风俗习惯的相同点和不同点,揭示了日本在对待外来文化所采取的包容的态度。

关键词:文化;节日;传统;七夕

目 次

はじめに 1

  1. 中日の七夕の縁起 2
    1. 中国の七夕の縁起 2
    2. 日本の七夕の縁起 4
  2. 中日の七夕の風習の相似点 7
    1. 七夕と季節 7
    2. 七夕と詩歌 7
  3. 中日の七夕の風習の相違点 9
    1. 七夕の行う日付の違い 9
    2. 七夕を行う主体の違い 9
    3. 代表的な活動の相違点 9

終わりに 12

注 釈 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

祭りは国家あるいは民族の文化のシンボルの中で、相当大切な存在として広く認められている。なお、中日両国にとって、七夕は古くから伝われ、重要な伝統的な祭りだと言われている。周知のように、中国は五千年という古い歴史を持っている国で、いろいろな祭りが歴史の発展の中で形成してきた。しかも、これらの祭りは悠久の文化交流とともに、他の国にも深い影響を与えた。また、日本は中国の一衣帯水の隣国なので、両国の文化交流は一層頻繁である。それゆえ、七夕という祭りは中日両国共有の祭りとして、両国文化の関係の密接さをはっきり反映することができる。今までの中日両国の文化に関する研究を見れば、両国文化の紹介及び同じ種類に属する文化の対照ひいてはこのような文化の相違点の原因についての研究は尐なくない。したがって、本論文は今までの研究成果に基づく、代表的な伝統祭り――七夕を研究対象とし、中日両国の相違点を明らかにする。それから、両国の文化の背景を踏まえ、日本の外来文化を吸収する姿勢について研究した。

1 中日の七夕の縁起

中国の七夕の縁起

中国の歴史からみると、七夕という祭りは漢の時代に形成した。なお、時間が移り変わることに伴い、七夕の風習は社会の発展や人類文化の進歩とともに次第に豊富になり、しかも後の世代さらに他の国にも伝えていく。言い換えれば、今まで、もう二千年以上の歴史を持っている七夕は中国の重要な文化伝統として世界各地に熟知されている。周知のように、七夕の行事は旧暦の 7 月 7 日という日に行われる。それでは、この日は必ずあの時の百姓にとって特別な意味がある。一体どのような意味を持つのか、七夕の風習にはどのような関係があるかを究明するために、まず旧暦の 7 月 7 日という日の縁起を遡ってみよう。

旧暦の 7 月 7 日という日を聞くと、皆さんは必ず牽牛と織女がカササギの橋で再会することができる日を思い出されるのであろう。確かに、中国には「牽牛織女」という民間伝説がある。また、中国最古の詩集と呼ばれる『詩経』1の小雅篇には「維天有漢,監亦有光。跂彼織女,終日七襄,雖則七襄,不成報章。皖彼牽牛,不以服箱」2という牽牛と織女に関する記載がある。しかし、この時の牽牛と織女は唯星宿の名字の二つであり、あの名高い恋愛物語との関係はそんなにはっきり見えない。実は、この伝説の原型は最初中国の漢代に編纂された『古詩十九首』3という古典には記載がある。この本の中では東漢時代のある詩人が作成した詩には以下のような内容が述べられている。「迢迢牵牛星,皎皎

河汉女。纤纤擢素手,札札弄机杼。终日不成章,泣涕零如雨;河汉清且浅,相去复几许。盈盈一水间,脉脉不得语」。4ここから見ると、牽牛と織女の恋愛伝説も世間に公開され、しかも文献の形で明らかにされた。だが、これも相変わら

ず 7 月 7 日には明白な関連がなかったと思う。この後、魏晋南北朝時代には『荊

楚歳時記』5という中国の民俗を記録した本には「七日七日牽牛織女会天河」6という記載がある。この資料に述べられたとおり、牽牛と織女の物語は毎年の 7

月 7 日にはしっかりとつながるようになった。この記述も現代の人々には熟知されている七夕と牽牛織女の関係と言える。

また、牽牛と織女の伝説は一体どのような物語であろうか、一緒に見てみよ

う。実は、この伝説は地域によって、内容には異なる部分がたくさんある。この中では、最も有名な一つは比類なき美しい恋物語である。言い伝えによれば、遥か昔、ある村には牽牛と呼ばれる男の子がいた。家柄が良くないが、両親をなくした牽牛は善良で、勤勉で真面目に生活を送っていた。ある日、彼は無意識に怪我をした牛を救いた。それから、この老いた牛は家を追い払われた牽牛と一緒に生活することになってしまった。この老いた牛は恩返しをするために、仙女が俗世に降り、風呂に入るところを牽牛に伝えた。ですから、牽牛は織女という仙女に出会って一目ぼれした。織女とは、天帝の末の娘として機を織ることに長じて一番かわいがられていた。織女と牽牛二人は苦難を何度も経験してからいよいよ夫婦の契りを結び、幸せな生活を始めていた。しかしながら、良い時はいつまでも続かない。二人が天宮の決まりを無視し、勝手に結婚したことに西王母が気づいてしまった。西王母はかんかんに怒り、ぜひ織女を捕まえ、厳重な刑罰を与えると決心した。それで、神兵を派遣し、織女を捕まえ天宮に戻る時、牽牛は精一杯追いついていた。もうすこしで追いつきそうになったが、西王母の簪が天の川になって牽牛の進路を阻んでしまった。これから、二人はこの川で隔てられ、対岸の恋人を悲しく眺めていた。だが、この時、カササギは二人の愛に感動し、牽牛と織女の再会を促すために、自発的に天の川に集まり、群れを成し、最後にこの川に架かる一つの橋になった。これは今でも名高いカササギの橋というものである。カササギの橋のおかげで、牽牛と織女は会うことができた。西王母はこのような状況を見て、やむを得ず毎年の 7

月 7 日という日には二人を一度再会させることを承諾した。

以上述べてきたとおり、毎年の 7 月 7 日は牽牛と織女が会合する夜になっている。ここから、牽牛星と織女星が一年に一度だけ、7 月 7 日の夜に会えるという恋物語が迅速に普通の百姓の中ではやってきた。更に、この恋物語の流行にしたがって、乞巧奠という行事も全国にも知られるようになった。それでは、乞巧奠という行事はどのような行事であろう。また、七夕との関連はどうであろうか。

乞巧という言葉は『現代漢語大辞典』にはこのような解釈があり、古代の風習である。旧暦の七月七日の夜、婦人が庭で織女星に知恵や技巧を請う行事である。そして、『荊楚歳時記』にはこのような記載がある。「是夕,人家妇女结

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接