浅谈黑泽明影视作品中的武士形象毕业论文_日语毕业论文

浅谈黑泽明影视作品中的武士形象毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

武士道精神主要崇尚忠诚,廉耻,洁白,质朴,尚武,名誉等等方面。本文首先通过介绍日本武士文化和黑泽明的背景来分析了黑泽明电影中的武士的形象,其次通过举例分析了黑泽明电影中不同武士的不同特性,从而得出黑泽明对于武士这个形象到底寄予了什么样的感情,武士应该怎样存活于世间。武士的正义感和集团意识以及信守承诺的品质就算是当代的日本人也不可以忘记。他从自己的视野出发,向世界描述了自己心中的武士形象。

看黑泽明的电影能感受到日本人民的潜在力量,作为日本电影的代表,他的电影里有浓厚的日本民族特色,并且他把这种特色传达给了世界各地的观众。

 

关键词

黑泽明;电影 ;武士;武士精神 ;人物形象

目 次

はじめに 1

1、武士と武士文化 2

2、黒澤明の背景と武士作品 4

3、黒澤明の映画から見た日本民族精神 6

3.1 集団意識 6

3.2 強い者を尊敬すること 6

3.3 承諾を忠実に守ること 7

3.4 精神を重視し、物質を軽視すること 7

4、個性を持つ武士 11

4.1 落ち着きの侍 11

4.2 本物の侍 11

4.3 未来の侍 11

5 黒澤明は武士形象に寄与した気持ち 13

終わりに 16

参考文献 17

謝辞 18

はじめに

武士精神はどういうことだろうか?武士精神とは忠誠・犠牲・信義・廉恥・礼儀・潔白・質素・倹約・尚武・名誉・情愛などを重んずるという精神である。本稿では、黒澤明の映画から見た武士精神を分析することを目的としている。同時に、どんな環境のもとに大家黒澤明が成果をあげたか、彼の人生にどんな経験をして初めて、人々にびっくりさせた佳作を完成したかをも分析する。

1、武士と武士文化

「武士道」という言葉が日本で最初に記された書物は、高坂昌信著とされる『甲陽軍鑑』である。「字面から見れば、武士は、10世紀から19世紀にかけての日本に存在し、戦闘を本分とするとされた宗家の主人を頂点とした家族共同体の成員である」[1]。武士精神は日本で約1000年存在していた。武士の起源についてはさまざまな説がありますが、一般的には平安時代に現れたとされている。平将門の乱の鎮圧などで武士が活躍し、その後、都と地方で力を強めていった過程をたどる。明治になり、武士をはじめとする身分制度はなくなった。その後新渡戸稲造[2]がアメリカ人に紹介するために書いた『武士道』が、日清戦争以降、逆輸入され広く受け入れられ、日本の軍人が持つべき倫理と接合して、軍人の倫理の骨格をかたちづくり、また一方では、美学として文学や芸能の世界でさまざまなかたちとなってあらわれた。また、武士には『もののふ』『さむらい』『つわもの』の3つの別名がある。近年述べられる武士道の多くは、平和な江戸時代に官僚的に幕府制度を維持することが目的である。決して、実際の戦闘で役立つ思想や哲学ではないが、高潔な人格を尊ぶ道徳性は、いつの時代にも必要とされるものである。

武士道は個人的戦闘者の生存術としての武士道であり、武名を高めることにより自己および一族郎党の発展を有利にすることを主にしている。「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」という藤堂高虎[3]の遺した家訓に表れているように、自己を高く評価してくれる主君を探して浪人になることも肯定している。そして、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つことこそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。これらは主に、武士としての生き方に関わるものであり、あくまでも各家々の家訓であって、家臣としての処世術にも等しいものである。それは武士についての紹介である

2、黒澤明の背景と武士作品

黒澤明監督は1910年(明治43年)、東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井)の日本体育会(現在の日本体育大学)敷地内において生まれた、世界的に知られた日本映画の巨匠の一人である。日本では『世界のクロサワ』と呼ばれた。父は陸軍の仕官で、母の実家は大阪で商業活動をする。6歳の時、森村学園の幼稚園に入園。父に連れられて活動写真を見る。父親は秋田県中仙町(現在の大仙市)出身の元軍人で、黒澤明に大きい武士文化の影響を与えた。14歳、京華学園中学校入学した。盛んになってきた読書欲を満たすために電車賃を浮かせて好きな本を買い、学校への行き帰りに歩きながら読みふける。読書が多く、書くのも好きで学友会誌に『蓮華の舞踏』と『或る手紙』とが載せられた。1936年4月、PCL映画製作所(東宝の前身)に入社。山本嘉次郎監督の門下に入り監督や脚本を学ぶ。そこで、助監督、チーフ助監督、山本嘉次郎監督『馬』でB班監督を次第につとめていった。山本嘉次郎監督の指導、勧めにより脚本『水野十郎左衛門』を執筆。『達磨寺のドイツ人』と『静かなり』と『雪』などの脚本を作成した。1943年3月25日、黒澤明は助監督として七年の経験を積み、初監督作品『姿三四郎』公開。この『姿三四郎』は日本で相当人気を集め、黒澤監督を有名にした。『姿三四郎』をはじめ、以後数多くの名作を監督した。例えば、『酔いどれ天使』『野良犬』『羅生門』『生きる』『七人の侍』『蜘蛛巣城』『隠し砦の三悪人』『用心棒』『椿三十郎』『天国と地獄』『赤ひげ』『まあだだよ』等。それと同時に、たくさんの脚本をも書いた。例えば『地獄の貴婦人』小田基義監督、『ジャコ万と鉄』谷口千吉監督、『戦国無頼』稲垣浩監督、『敵中横断三百里』森一生監督、『戦国群盗伝』杉江敏男監督等。黒澤明は東洋映画の代表者として、彼の映画には濃厚な日本の伝統文化の特色があり、世界中の観客さまに日本の民族性をはっきりと示すようになった。特に、武士シリーズ映画作品はアジア映画の歴史に重要な地位を占めたことが分かった。その中で、日本映画史上の最高傑作と称賛される『七人の侍』は、日本の民族が長期的な歴史発展過程の中で形成した武士精神が具体的に体現してきた。当時のスタッフらによるエピソードや資料、貴重なメイキング写真など見どころ満載、公開から半世紀を経ても色あせることのない映画美に迫るドキュメントである。

黒澤明監督の作品には『七人の侍』、『羅生門』、『血の玉座』、『三悪のバンカー』、『カオス』、『影武者』のような有名な”日本の侍の記述などがあります。一方、黒澤明自分はこの精神に対する認識と理解をよく解釈した。映画を通じて、日本武士の責任感、使命感、自尊心、献身的な精神、また死に向かってはばかることがない勇気などについて、人々はよく理解するようになった。以前の日本武士映画と異なって、彼の映画は人の観念から武士の形象を描いたのです。彼の映画には彼の世界観と人生観がある。黒澤明監督は世界的に知られた日本映画の巨匠の一人であって、日本では『世界のクロサワ』と呼ばれたが、東洋映画の代表者として、彼の映画に濃厚な日本の伝統文化の特色がつき、世界中の観客に日本の民族性をはっきりと示すようになった。特に、武士シリーズ映画作品はアジア映画の歴史に重要な地位を占めたことが分かった。

  黒澤明は自分の武士映画には強い武士道精神を体現した、その背景は、日本の社会と黒澤明自身の世界認識である。「彼は自分の映画で自分の観点を世界に伝えただけではなく、その日本の特別な魅力を全世界に伝えた。[4]

3、黒澤明の映画から見た日本民族精神

3.1 集団意識

日本は大和民族と呼ばれ、民族の精神は集団主義である。それも近代日本決起できる原因の一つだとされている。以前の日本人は稲植えを主にしてくらしていたから、お互いに助けてくれないと、このような生き方続けられない。それが日本民族文化ーー集団本意主義が形成したの原因である。黒澤明の映画には武士の存在はとても厳しくて、彼らの団体が離散したら、個人の力もなくなった。『七人の侍』のとおりに、農民一人でも避難している侍を殺せ、そして、彼の武器を強奪こともできる。それも黒澤明の意思かもしれない。

3.2 強い者を尊敬すること

『七人の侍』に、勘兵衛は理想の侍の化身である、彼は強くて賢い、そして強い正義感を持っている。この人は戦争がもういやになってしまうけど、農民たちの苦しみを見てから武士たちを統率して強盗を抵抗してくれた。菊千代は農民と武士の混合体である。勘兵衛の強さに惹かれ勝手についてくる山犬のような男。長大な刀を肩に担いで浪人のように振舞っているが勘兵衛に即座に侍ではないと見破られる。元々は百姓の出で、戦で親を失い孤児として育つ。『彼は農民の苦しみが深く理解している。彼の性格は伝統の日本人の性格と違う。菊千代は何も恐れなく、単純な性格である。でも、この人は強い者がとても尊敬します。「菊千代」という名前は勘兵衛に自分が侍だと思われたいがために他人の家系図を勝手に盗んで名乗った名前で、自分が武士になりたかった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接