从樱花情结看日本人的精神世界毕业论文_日语毕业论文

从樱花情结看日本人的精神世界毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

樱花被日本人尊称为国花,代表了日本人真实的情感,象征着大和精神。可是,为什么日本人如此热爱樱花?为什么会有“若问何似大和魂,恰如朝日映山樱”这种说法。通过分析综合的方法,综合各位教授和学者的观点,明确并支撑对樱花情结这一说法的观点,着重分析樱花情结所体现的日本人的精神文化。

本文由三章逐步解说了樱花和日本人精神文化之间的关系。第一章论述了樱花的语源和历经千年不衰的花间风俗。第二章论述了樱花情结的悠久历史和日本人喜欢樱花的四点原因。第三章从樱花和日本人的相似点出发,论述了对于民族来说樱花的影响和与突开突落的无常观,来去匆匆、生命短暂和绚丽生活、壮烈死去的武士道精神,齐开齐落的集团主义,“哀”等审美意识之间的关系。

关键词:日本;樱花;精神;文化;象征

目  次

はじめに 1

1 桜について 2

1.1 語源 2

1.2 日本の風俗――花見 3

2 桜意識 5

2.1 歴史が悠久だ 5

2.2 桜が好きな原因 6

3 桜と日本人の精神世界 8

3.1 桜と宗教色してみる占うツール 8

3.2 桜と日本人の無常観 8

3.3 桜と武士道精神 10

3.4 桜と日本人の集団主義 11

3.5 桜と日本人の美意識 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 17

はじめに

毎度、キャンパスでの桜を咲く時、日本の民謡「さくら」を思い出す。

「桜、桜、晩春の3月に晴れた空をいっぱいつけて、限りがないことを眺めますと、花の香りのはあふれて、たくさんいて花のようで、行きましょう、行きましょう、桜に与えることと!」

これは桜の日本と歌に関して、日本の現存して最も古い歌集『万葉集』に出て、後日本で津々浦々に知れ渡っている民謡「桜」を改作される。

桜の話になると、ほぼ人々は日本を思い出す。桜は大和心のシンボルで、日本人に国花として尊重されているし、日本では非常に人気がある。毎年の4月、多くの人が「桜前線」で桜を見に行く。桜は景色と精神としてもう日本の文化に入り込んだ。日本人はなぜこのように桜が好きなのだろうか。この問題に大きな興味を持っている。

本文は桜と日本人の特徴の似ている点から分析を通って、どうして日本人は桜が大好きだか、さらに日本民族に対して桜の影響と無常、武士道精神、集団主義、美意識について日本人の精神世界を説明する。

1 桜について

日本人にとって、桜は花の中の王であり、「花」と言えば「桜」を考える。桜はバラ科サクラ属で「サクラ」という植物名はなく、属の中の一部の植物を除いた花の美しい一群の総称である。『桜大鑑』に基づいて、言い伝えによれば日本の桜が中国のヒマラヤ山脈から伝えて行った。日本で絶え間なく新しい品種を育てた。この行為は日本を「桜の国」と「桜の故郷」になった。

日本において最も馴染み深い花であることから、法的に定められたものではないが俗に国花の一つとされ、明治時代以降軍隊や学校の制帽や階級章に桜を象った紋章が多く用いられている。現在においても警察や自衛隊などの紋章に使用されている。また、百円硬貨の表は桜のデザインである。

1.1 語源

どうして桜はこの名前を付けるか?桜の発音と密接な関係がある。日本語で、「咲く」の発音は「さく」である。「サクラ」は、「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとされ、花が密生している植物を示したと思っている。

日本の人々は別の不思議な色合いがある話がいっそう好きようである。春になって、村に働いてくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)なのでサクラであるとも考えられている。つまり、田の神のお寄りところの意である。

他説として、富士の頂から、花の種をまいて花を咲かせたとされる、「コノハナノサクヤビメ(木花之開耶姫)」の「さくや」をとって「桜」になった、とも言われている。コノハナノサクヤビメは木の花(桜の花)が咲くように美しい女性の意味である。

1.2 日本の風俗――花見

春を表す日本の古い言葉に、「桜時」と言うのがある。昔から、桜の花に特別の愛着を持っている日本人ならではの言い方だか、その桜の花を心ゆくまで眺めて春を目でようというのが、日本の花見である。[1]

花見の歴史は古い。昔、山桜が咲いている時期に、農民たちは野外まで桜を観賞に行った。日本の民俗学者はそれを冬の神を送り、春の神を迎えるの活動と言われている。毎年野外まで桜を観賞することがとても不便だったので人々は桜を庭の近くへ移植した。桜の咲く頃に、稲の種をまく習慣がある。だからいつもイネの種まきの時期を重視する農民は最も早く桜の美しさに気づいた者達と言える。

「平安時代の812年に宮中で行われた桜宴が花見の宴の始まりとされている。」[2]『日本後記』によると、弘仁三年二月辛丑に「神泉苑の幸して花樹を覧る。文下に命じて棉を賜うこと差あり、花宴の節はここに始また。」その時、花宴は王権のシンボルで、貴族の富と権力のシンボルでもあったのだと思う。

江戸時代になった、花見は貴族のも農民のも相変わらず、各自のルーツに沿って行われていたか、或いは、一緒になってきたか。 花見は一人一人が桜を観賞できた活動を代表した。江戸時代は花見の盛んな時代であると思っている。

平安時代を経てから、現代まで、花見の形式はいくらか違いがあったが、今までのところ、組織がある花見の歴史はもう千年以上である。

現代、桜が咲く頃たびに、人々は全部出て行って、花見する。各地のお花見する名所であるばかりでなく、どんなことでも、桜がある所も多くの人が花見している。老若男女が分け隔てをしなく、人々はすべて桜の海に入る。「みんなで地面に座って歌い踊る。美食な料理を味見しながら、美しい景色にうっとりする。その時、知り合ったか知らないかのお花見の人々は挨拶して、食べ物を交換する。東京の上野公園のような桜の名所となると、その宴席を確保するための陣取り合戦がまたたいへんで、各グループの先発隊が前日から乗り込み、眺めのいい場所を巡って「こっちが先だ」「いや、こっちだ」と小競り合いを演じる狂騒ぶりである。」[3]

短い花の咲く季節後に、人々は桜の散るを悲しみ残念に思って、はらはら舞い散っている花びらの雄壮で美しさにうっとりする。世界では花なので国中が喜びに沸くの国はないかもしれない。日本人にとって、桜はもう植物の概念を超えて、彼らの精神の一部になった。

2 桜意識

日本で、桜は花のシンボルである。日本では、「花と言えば桜だ」と言う言い方である。日本語の中で、「花見」と言う単語がある。これは普通の意義の花を見ることではなくて、もっぱら桜に楽しむことを指す。桜はもう日本人の日常生活に染み込んた。駅、商標、食事、茶と菓子の中で、多くのが桜で命名する。そして、文学者は桜を賛美して、画家は桜を描いて、音楽家は桜で作曲して、工場は桜の工芸品を作り出して、甚だしきに至ってはたくさんの日本人が桜を使って名前とする。

2.1 歴史が悠久だ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接