浅谈日本妖怪的变迁毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本妖怪的变迁毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

从古代开始日本的妖怪就跟日本人有着很深的羁绊,现在更是成为了日本民俗文化的一个重要组成部分。本论文通过日本妖怪的变迁就能发现当时的日本人与妖怪有着怎样的联系,还能感受到日本人的内心是怎样转变的。

日本的妖怪经过了很多变化。本论文选择了其中三个具有代表性的阶段来对日本人与妖怪的关系进行分析。第一个阶段是从平安末期到江户时代,这一时期日本的贵族阶级开始没落,武士阶级开始登上政治舞台。在这一阶段,甚至可以理解为妖怪“统治”了日本人。第二个阶段是明治时代,由于明治维新,人们开始不相信妖怪,否定妖怪的存在。在这一时期,妖怪与日本人的关系是对立的。第三个阶段是现代,现如今日本妖怪又一度出现在了人们的眼前,甚至还产生了新的妖怪形象。在这一时期人们利用妖怪来表达个人内心的不安定感及抨击对社会的不满。

日本的妖怪变迁是随着时代的发展和日本人生活的变化而变化的。日本妖怪与日本人之间的羁绊是深厚难断的。

关键词:日本的妖怪;变迁;与人的关系;妖怪变迁的特征;妖怪传承的未来

目  次

はじめに 1

1 日本妖怪の変遷の三つの代表的な段階 3

2 平安末期から江戸時代まで 5

2.1 時代背景 5

2.2 平安末期から江戸時代までの妖怪の変化 5

2.3 妖怪と人の関係 6

3 明治時代 9

3.1 時代背景 9

3.2 妖怪と人の関係 9

4 現代 10

4.1 時代背景 10

4.2 なぜ妖怪はもう一度盛り上がるのか 10

4.3 口裂け女と富江の物語 11

4.4 妖怪と人の関係 12

おわりに 14

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

妖怪とは日本で伝承される民間信仰において、人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的な存在のことである。妖または物の怪、魔物とも呼ばれる。小松和彦[1]は次のように指摘した。

「ある人がある所で、不思議だ、奇妙だ、と思うような現象に遭遇したとしましょう。その現象は、音だったり、臭いだったり、姿かたちであったり、あるいはその組み合わせであったりです。たとえば、気味の悪い不思議な音がしたとか、生臭い臭いがしてきたとか、グロテスクな姿かたちのものが出現したとき、そうした現象に遭遇した者が、神とか霊といった存在の仕業ではないかと判断したとしましょう。そのとき、私たちはその現象に妖怪というラベルを貼ることが可能となります。」[2]

さらに、妖怪というものは幽霊と違い、実体があるものである。そして、妖怪の存在はだれにも実証されない、科学が発達していない時代の呪術的な思考の産物や迷信とされるが、日本人の心や思い方を表せる。

日本の妖怪は古来から日本人と深い絆があって、いまにも日本民俗文化の重要な一部になった。本文は日本妖怪の変遷を通して当時の日本人と妖怪とどのような関係があり、日本人の心はどのように変わって行くのかが見られるでしょう。それに、日本の妖怪文化はどのような姿で未来に歩いて行くのかなどの

問題についてまとめようと思う。

1 日本妖怪の変遷の三つの代表的な段階

日本の妖怪の変遷は長い歴史であった。最初、日本の妖怪は人々は自然や動物に恐怖される心を持って生まれるものである。古代の人間はこのような自分が分らない力を妖怪と呼ばれる。長い歴史の変遷を経って、妖怪も変わっている。姿にも、持つ力にも、変わっている。日本妖怪の変遷段階はいくつかがある。昔から平安時代の中期までに、妖怪は伝説とか物語とか噂を通して、どんどん人の前で話しかけた。清少納言[3]は『枕草子』で「いと執念き御もののけに侍るめり」と書いた、紫式部[4]も「御もののけのいみじうこはきなりけり」という言葉を書いており、「もののけ」という言葉がこの頃に登場した。これは妖怪の発展期である。一番盛り上がった時期は平安末期から江戸時代までである。この時期は妖怪の黄金期とも言い過ぎない。そしては明治時代である。この時期に、妖怪は日本人の生活の中に姿を消えた。大正時代から昭和時代までにその状態は続けていた。でも、昭和末期から妖怪は復活始める現象があった。最後は現代である。妖怪はさまざまなマスコミで紹介されてきた、妖怪はもう一度みんなを受けって、盛り上がっている。この五つの段階は日本妖怪の変遷段階である。

五つの段階の中で、代表的な段階は平安末期から江戸時代までの時期と明治時代と現代だと思う。この三つの段階には日本妖怪の変わりは最も著しい。一番目は妖怪の黄金期である。二番目は妖怪が少しずつ消えた時期である。三番目はまた盛り上がる時期である。そのために、この三つの段階を通して、日本

妖怪の変遷を分析するのは適宜だと思う。

2 平安末期から江戸時代まで

2.1 時代背景

この時期は不安定な時期である。平安末期に鳥羽天皇[5]が没すると、治天の君の座を巡って天皇家・摂関家を巻き込む政争が起こり、軍事衝突によって解決した(保元の乱)。続いて、数年後に再び政争が軍事衝突によって終結し(平治の乱)、両乱を通じて武士の政治的地位が上昇した。歴史上、これは下克上[6]と呼ばれる。この時期には、日本の貴族階級は没落して始まって、武士階級は日本の政治を踏み込んでいた。江戸時代になると、日本の経済は目覚ましく発展して、明治維新[7]以降の経済発展の原動力となりそうであった。そして、徳川家族は日本天下を統治する力を持って、全国を統治した。この時期は貴族文化を没落して、庶民文化が盛り上がると言う時期である。

2.2 平安末期から江戸時代までの妖怪の変化

平安末期から江戸時代までは妖怪が黄金期であった。この時期は平安末期、鎌倉時代、南北朝時代、室町時代、戦国時代、安土桃山時代、江戸時代を経って、これらの時代には、戦争が多くて、日本人の生活が苦しかった。庶民たちの間に、不安定感が広がっていた。そこで、妖怪と言うものを借りて、自分を楽しみにして、この嫌な感じを忘れることができて、なんとかこの苦しい時期を乗り切ることができると思った。江戸時代には、戦乱が静まりばかりに、社会が安定になった、人々の思惟が活発になった。それに、経済力が高まるため、印刷技術の発展とともに、出版文化が発達してきた。この勢いに乗って、百姓の中でいろいろ妖怪の姿が固定し、日本全国に広がっていた。雪女とか座敷童とか傘化けとか豆腐小僧、これらはこの時期に有名な妖怪である。

この段階は妖怪の繁栄期とはいえ、妖怪は様子にも、持つ力にも変わっていた。最初に、人間は妖怪に恐怖や畏敬する気持ちを持って、妖怪の姿はだいぶ大柄で顔が怖くて、力を持つ存在であった。たとえば、天狗とか鬼とか雪女などは人を殺す力がある強大な妖怪である。でも、江戸時代になると、商業や手工業が発展して、百姓は自然の恵みを頼らず、自分自身が生ける。庶民文化も発展しているから、妖怪は生活用具の姿で変わって、道具の精霊になった。変わった妖怪の力も以前より弱くなって、人を殺すことなどはできなかった。いつも、人を弄って、悪戯をした。江戸時代には、最も有名なのは『百鬼夜行絵巻』[8]である。『百鬼夜行絵巻』に描かれたのは、付喪神と呼ばれる器物の妖怪たちを中心にして、さまざまな妖怪である。この絵巻の中で、琵琶や傘などの古い道具は主人に捨てられるため、夜になると、さまざまな妖怪に変わって町で夜行した。

2.3 妖怪と人の関係

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接