浅谈日本的生命教育毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本的生命教育毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

生命教育是以生命为核心,倡导认识生命,尊重生命,热爱生命,然后达到提高生命质量和人生价值的教育活动。

本文从自然,社会,文化三个部分研究生命教育的原因,总结生命教育在推行过程中出现的特色,总结其影响。最后明白了,生命是自然演化的奇迹,引导学生,教育学生珍惜生命敬畏生命进而热爱生命的必要性。

关键词:生命教育;自杀;自然;和谐;尊重

目  次

はじめに 1

1 生命教育の原因 2

1.1 自然の原因 2

1.2 文化的原因 3

2.3 社会的原因 3

2 生命教育の特色 6

2.1 身と心を注視すること 6

2.2 恩に感じる心理を重視すること 7

2.3 「ゆとり教育」 8

2.4 政府からの積極的な支持 8

3 生命教育の影響 10

3.1 生命に対する影響 10

3.2 自然に対する影響 12

終わりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

ドラマや日本の記録映画を見るたびに、極めて悪い天候の中で、日本の女の子たちは膝に及ぶスカートをはいて元気にチャットするような場面を見ると「それはなぜだ、寒くないの」と思わず呟く。

これらはすべて、日本のいわゆる生命教育と関係があるだろうと思う。

生命教育はいったいどんなものだろうか。

生命教育は広義と狭義の2種類に分かれる。「狭義の生命教育は、生命そのものに対する関心である、それは個人と他人の命に関心を持つことを含んで、1歩進んですべての自然の生命を関心を持つのを指さした。広義の生命教育は一種の人の教育である、これは生命に関心を持つことだけではなく、その上、生きるための能力の育成と生命の価値を昇格させるである。」[1]

今まで、日本の生命教育には生命の意識と生存の能力と生命の価値との三つの部分が含まれているという視点がある。本論文はまず生命教育の意味を簡単に説明して、第二部分から、自分の命とほかの人の命を軽視するの主な原因を述べる。第三部分は日本の生命教育の特色を総括して、最後にそれがもたらした影響を整理する。

1 生命教育の原因

1.1 自然の原因

「日本はアジア大陸の東部に南北3500KMにわたって、面積は狭くで、災害ガ頻繁だ。」[2]日本の地質構造がきわめて複雑で、不完全な統計によると、毎年地震が4000~10000回があった。その中で、有感地震が1500回くらいかな。毎年マグニチュード6以上の地震が少なくとも一回だ。「そのなかで、1923年に関東大震災の被害は大きく、死者9万人、負傷者10万人、破壊焼失家屋68万戸に及んだ。1995年に神戸地震で死者は6300人もなった、1000億ドルの損害をもたらした。」[3]慣れっこになった地震を除いて、津波や台風のような自然災害もいうまでもない。ここ数年来、台風が上陸した回数が増えたうえに、風の強さと雨の大きさが多くの地方で新しい記録を立った。日本は時々刻々脅威の中で生きる民族だと言ってもいい。だから、災害に目に遭うたびに、落ち着いて対処する習慣を養う。

その他に、その島国の特徴のために自身の発展を制約した、不足していた資源と欠乏したエネルギーなので、近代的な工業生産に必要な原料や燃料は、かなりの部分を輸入に頼っている。「日本の原材料やエネルギーの対外依存度はやく84%で、そのうち、アルミが100%、石油が次いで、天然ガスが97.7%、鉄鉱石が96.6%だ。」[4]日本は世界で第一の資源とエネルギーの輸入する大国だと言える。先天的な不足の条件のもとで、日本人はいつも発展の問題を心配する。卑屈な温良の仮面の下、自分の葛藤の心を隠す。日本は過去数百年の間、ずっと血生臭い内戦に置かれた。そして約800年の軍事的な支配を受け、軍事的な生活が文化に溶け出した。

1.2 文化的原因

一方、神道教は日本の国教であるが、日本人の精神的な支えでもあり、日本の統治者が軍をコントロールする重要な手段である。武士道精神は一種の行為の習慣で、神道教と互いに補完することである。言い換えれば、神道教は抽象的な指導思想だと言うと、武士道は具体的な行為のための指針である。日本の武士道は自身の神道教、中国の儒学、禅学と道教の若干の理論を注ぎ込んだ、また、日本の土着民族の野蛮的な殺戮意識が注入されて、儒学、佛学、道教の中、原からある忠誠や孝行や信義平和など内容が完全に崩れて、最後に殺人のパフォーマンスのガイドになった。特に、第二次世界大戦の中で、日本人がアジアを制覇する考え方に指導され、意外もなくて対外侵略の拡張の道を歩むことになった。極めて惨烈的な大虐殺を行った、血まみれ原始的な残忍の姿を現れ出した、数百万の犠牲者は日本人の冷酷的な様子を描いた。アジア諸国の犠牲者の血を日本の侵略者の手についた。自分は当民族の発展のために、他の人を殺害して最も基本的な生存権利を剝脱して、その基礎の上で自分が強くなった。日本人の目の中で、強者は尊敬されすべきだ。それに反する、弱者は踏みつけられるべきだ。このような心理は弱者に対して冷酷で思いやりにもかけない性格を養う。

2.3 社会的原因

日本の学生は国にとって、未来に向けた希望だと認めた、やはり高い自殺率の群れだった。「日本の学生は想像できない巨大的な入試ストレスに直面しなければならない、先生は学生が試験に合格しなかったため、自殺をくわだてたことを多かれ少なかれ知った。」[5]調査によって、日本の高校生が卒業した後で、約50パーセントの学生が大学に入って、30パーセントが専門学校に入って、15パーセントが増え就職や再試験をする。「日本の学校の授業料や「塾」など費用の総額で小学校、初中学、高校がそれぞれ1万4000円、46.9万円と51.6万だった。これらの費用はすべて史上新高値を記録しているが、学校の費用があまり増えていないので、主に「塾」の費用が高くなっていた」[6]。放課後、ひどく高強度に補習して、徹夜で理想の学校のために一生懸命努力して、試験に合格するのが人生の唯一の目標として勉強して、脆弱な心が点数で刺激されて、生活の中の挫折と打撃も耐えられなかった、一回の小さな失敗をしても自分が理解して辛抱することができなった、最後、自殺を選んで自分の命を絶った、このような考え方を持つ学生は多いである。非常に激しい競争に失敗したら、恥ずかしいと思う、自分の先生や両親や親戚などに直面られない。

「もう1つのデータによると、自殺した学生の中で、12%の学生は家族間の葛藤のせいで自殺した。日本人は十数年に渡って経済の不景気を堪えて,そのうちに、沈滞で生活のプレッシャーは増大したとともに、離婚率も上昇し続けて、伝統的な家庭生活を破壊しただけでなく、子供の成長に良く温かい雰囲気もだんだんなくなった」[7]。子どもは親との関係が疎遠になった、家庭の関心と愛に欠けていたから、自閉で孤独な性格を身につけた。自閉で孤独な性格で、次第に生活に対して自信を失い、自殺するのはもとより、甚だしきに至ってはネット集団自殺をした。

日本人の考え方で、彼らは一度も自殺する罪悪を感じていなかった。それに逆にして、自殺は1種の美と見られた。その上に自殺は美徳として称えられた。現在の日本では依然として使われた専用の自殺の言葉は60個もあり、他の側面から見れば、日本は古来、自殺行為の道徳性の評価を見ながら、自殺することを励ました、ある程度に自殺を絶えない現象の原因になった。日本の伝統的な文化の中で、どんなに悪い人がいったん自殺して、自分が犯した罪は一切を帳消しにして、すべてを水に流す。しかし、どのような理由にも関わらず、自殺が自分の命を尊重しない最も直接的な体現である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接