关于日本平成时期的流行语体现的社会价值毕业论文_日语毕业论文

关于日本平成时期的流行语体现的社会价值毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

语言随着时代的发展而不断变化, 流行语是语言变化的重要载体, 它反映了一个国家或地区在某个时期人们普遍关注的问题和事物。平成时期的日本,经济快速发展,流行语的发展也趋于多元化。不同的流行语所反映的文化也不尽相同。本文针对平成时期流行语的一些特征展开具体叙述。

关键词:流行语;平成;社会价值

目  次

はじめに 1

1 流行語について 2

1.1 流行語の定義 2

1.2 流行語の生まれ方 3

1.3 流行語の伝播 4

2 流行語の特質 6

2.1 流行性 6

2.2 時代性 7

2.3 非通用性 7

2.4 多産性 8

3 平成時代の流行語 9

3.1 女性に関する流行語 9

3.2 若者に関する流行語 10

3.3 心の癒した関する流行語 12

3.4 政治に関する流行語 14

4 流行語が反射した平成世相 16

4.1 政治 16

4.2 経済 16

4.3 教育 17

4.4 風俗人情 18

4.5 文体 19

4.6 医療と環境を守る 20

おわりに 21

参考文献 22

謝  辞 23

はじめに

言語社会の使用語彙は時代の移り変わりとともに変化していくものである。そのため、「新語」と「流行語」が言語社会に現れた。日本では、二十世紀のはじめごろから今までは人々に好まれて口ずさまれた「流行語」が特に言語現象として目立つようになった。流行語は言語学の一部分であるが、決して見逃すことできないものである。語彙の意味構造や表現方式はその言語社会の認識の仕方や思考様式と相関関係にあるから、文化の発達に応じて語彙にも変化が見られる。流行語はこの語彙の変化過程においてひとつの主役といってもいい。従って、ある時期の流行語から当時の民衆の心理的変化を見出すことができる。それに、特定の時代の流行語の定着と消滅はこれから日本語の成り行きに大きな影響を与えたから、語彙史においてもこの研究は重要な地位を示している。

1989年1月8日には明仁天皇の即位のため、日本の年号は「平成」に改元され、新しい時代をきり開いた。平成時代は、政治体制を見直し、バブル崩壊以降の閉塞状態を脱却しようし、さまざまな「改革」が望まれ、実現されてきた時代であるといえる。経済の不況と政治不信などさまざまな問題が起こした平成時代には日本人の心の行方はどこへ行ってしまっただろう。

本研究は平成時代の政治、経済、文化と国際環境を考察しながら、平成時代の流行語を理解、分析することによって、平成時代の日本人の心の動きと社会変化を追及しようとする。

1 流行語について

1.1 流行語の定義

流行語を研究するには、まずは「流行語」とは何かという定義を決める必要がある。

「国語学大辞典」(東京堂・一九八〇)は「流行語」を次のように定義し手射る。「新語の一種。その時代に適応して、きわめて感化的意味が強く、爆発的な民衆の使用語。多くは徐々に消滅するか、あるいは一般語彙に定着する。はやり言葉とも」。

稻垣吉彦は「現代の新語・流行語」[1]の中で「流行語はしばしば新語・流行語というふうに並べていわれる。流行語は新語の一種であるが、定義風に言えば、誇張の中に娯楽性を含んだ表現でそのときどきの世相・風俗を風刺したり、その発音が新鮮・奇抜であったりして、人々の耳目をひきつけ、一時期広く使われたり印象着けられたりする言葉、ということになる。」のように述べていた。

また、米川明彦「新語と流行語」(南雲堂一九八九)では、「流行語の定義をまとめておくと、その時代に適応して、きわめて感化的意味が強く、広く民衆に使用された言葉デアル。」と記述されている。

踢浅茂雄は「生まれる言葉 死ぬ言葉」(株式会社アリス館、一九九七)では、「ある時期に急に世の中の多くの人が知るようになったり、好んで使われるようになった言葉のことです。」といった。

このように、流行語の定義はほぼ一致されている。

1.2 流行語の生まれ方

近代的な日本の流行語を見渡し、以前いかなる時期に比べて、現代社会に出る流行語は数が多くて、タイプが様々で、伝わるスピードが早いと思っている。その原因を追究するなら、現代の日本社会は変革が激しいし、政治制度が絶え間なしに変化し、技術が発展し、経済がテークオフしているという社会背景としっかりつながっている。

(1)技術の発展とコンピュータの普及によって、コンピュータ技術は各業種で運用している。つながって、コンピュータに関する新語や流行語がだんだん多くなってくる。

たとえば、「ネット中毒」、「オンラインショッピング」、「ダウンロード」など新語と流行語がある。この瞬時に千変万化する形式に適応するために、人々は自分の生活方式、思想意識、思惟方式を転換しなければならない。ずっとこの揺れ動いている社会状態の下で生活している人々にとって、様々な情緒が生じるのは当然なことである。もちろん、こういう情緒ももっとも自然な方式、すなわち言語から現れる。

(2)社会問題を反映するドラマや映画中のせりふが人たちの共通感を引き起こして、流行語になっている。たとえば、「同情するなら金おくれ。」<家なき子・流浪児>、「のび太、ジャイアン症候群」<ドラえもん>。

(3)文学作品に出る。「失楽園する」、「無地良女」。

(4)体育領域から出る。「一気!一気!」「若貴」

(5)コマーシャルに出る。「すったもんがありました。」「ヘルシー食品」。

(6)自然現象に出る。阪神大地震が発生した後、「がんばらなくてもいい」。環境汚染が人類の生存を脅し、人々の反省を引き起こした「地球に優しい」など。

(7)日本国内社会、政治、経済、思想状態を反映する流行語。「Noと言える日本。」「バブル経済」、「昭和生まれの明治男」、「国際理解」。

(8)学校用語に出る。「パンキヨウ」、「ブッチスル」。

流行語は面白いだけでなく、人たちの共同心理と共同期待を簡単に反映できる。そして、社会変化の持ってくるたくさんの問題と影響、科学の進歩更には世界の情勢の変化も反映できる。これらは、以上の例から容易に見て取れる。ある意味から見れば、流行語は社会進歩に役に立つ面もある。流行語が触れた領域は広く、社会の重大な事件や現象だけでなく、生活様式、愛情、友情、就職、ファッションなど、人々の日常生活の各方面に浸透した。現在の流行語は時代性が強く、伝播性が広く、そして、それ自体が豊かな社会的意味も含んでいて、当時の社会の政治、経済、文化と国際環境の状況を現れている。

1.3 流行語の伝播

実は、たくさんの流行語の伝播は偶然に出る。人たちは、どんな時期にどんな形式、どんな性質あるいはどんな内容の流行語が出るのは、予想しにくい。一部の広告商は頭を絞って、いくつかの広告語を流行語になろうと頑張って、宣伝の目的を達成する。しかし、よく成功にしにくい。日本のお笑いスターも自分に属する「笑い種」をわざわざ創造しても、毎年の流行語大賞上位3名に入選できるのは、いつも人たちの気をつけないトーク・ショーである。たとえば、1998年に受賞する田中真紀子の「凡人」、「軍人」、「変人」は記者を返事するときに、気の向くままに、三つの競争相手に対して発表する言葉であるが、速やかに伝わったため、彼女を当時の流行語大賞の舞台に押し進んだ。流行語の伝播は見たところ不思議であるが、注意深く思えば、たぶんいくつかの道理がある。言葉の存在と創造は、交流の道具として、人類と社会をサービスするとして生まれたからである。社会全体成員にみとめられて、社会共同心理や社会共同焦点や社会普遍現象などを反映して、人々の共鳴を引き起こすだけになる言葉は、生命力がある言葉として、流行り始まれる。その中は常用する語彙の辞書を編入するいくつか可能性の固定的な語彙がある。

2 流行語の特質

語はある特定の音声形式と意味が社会習慣的に固定的に結合することによって成り立っている。言語は社会と文化とは密接なか代わりがあると言われ、そのうち、流行語は特にその特徴が顕著で、一般語彙とは比べものにならない文化的価値と社会属性をもっている。更に流行語の特徴を探究して、流行語の社会文化内包を明らかにするには有益である。私はたくさんの流行語の文献を参考して、流行語の特質を以下の四つにまとめた。

2.1 流行性

文字通りに理解すれば、流行語の最大の特徴は流行性である。流行語は人々の生活の各方面に浸透し、社会と人々の生活に影響を及ぼすことこそ、「流行語」と名づけた。流行語はちょうど舞台の上でスポットライトに照らし出された登場人物のようである。「流行語」が流行したあの時期には、流行語自身が強大な生命力を持っていて、多くの人に受け取って、あるいは共感ヲ呼んで、たくさんの人が使うようになった。且つ、使用頻度も相当に高い。たとえば、流行語「格差社会」が現れてすぐ広く伝わり、たくさんの人が使い始めた。

流行性の裏には流行語のもう一つの特徴が隠れていて、それは命が短いことである。流行語の歴史の見渡して、何十年間ずっと流行している語はめったにない。流行語の命が短いのは人々が流行に追随し、新奇を追おう心理活動に関係がある。

2.2 時代性

流行語は時代の生まれ他もので、どんな領域の流行語でも、当時の社会風俗や時代や世相に対応して、批判的意味を持つものである。その語は一般の人々に、共感し同意する気持ちがあって流行する。人々の時代に対する評価批判などを、ひねりの聞いた一言で代弁する機能を果たすと言ってもよい。「自己責任」は、時代状況に対する自ら考え、独自の行動をした人を切り捨てるための言葉デアル。流行語は「時代の波頭」といわれている。

2.3 非通用性

流行語一般の語彙とは比べ物にならない流行性を備えても、民族、地域、文化背景、年齢、場合などいろいろな条件の制約を受けた。たとえば、流行語の一番の担い手は若者である。若者にとっては、普通の言葉と流行語との際目はあまりない。学校は流行語の集散地で、ネットワーク流行語の最大の媒介者である。若者の間には程度を強める言い方というのは、以前は「激」であるとか「すごく」と言うのがあった。今は「超」と「マジ」とかよく使っている。逆に、年を取った人たちはあまりそういう言い方をしない。

また、場合によって流行語の使用も違う。流行語自身は生き生きしていて、日常生活には使うのが一番適切で、自分の気持ちをきちんと表すことができる。でも、正式な場合には、言葉使用は限定があるから、普通の流行語を使用してはいけない。とはいうものの、流行語を話題として正式な場合に使うこともある。「SARS」、「想定外」、「格差社会」などがある。

2.4 多産性

ある流行語の発生は偶然であるが、そのものは魅力があって、人々が生まれて使うようになった。この過程には、その流行語を核にして、新たな語をたくさん作り出し、流行語シリーズになる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接