论日本人的生死观--从日本高自杀率谈起毕业论文_日语毕业论文

论日本人的生死观--从日本高自杀率谈起毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文尝试研究日本人的生死观。日本人喜欢瞬间绽放倏而凋落的樱花,崇尚武士道的牺牲精神。日本的文学作品中经常出现“心中”(即殉情)的场景,日本人喜欢“物哀”的感觉,这些都表现了日本人与众不同的生死观。

日本人看轻生死、宽容生死、尊重生死。分析日本人生死观的形成,并探究其形成的根源以及其具体的表现。探究生与死的问题对于日本民族来说究竟意味着什么,对日本民族性又有着怎样的影响。

关键词:现状;生死观;原因;表现;影响

目  次

はじめに 1

1 自殺の原因 2

1.1 地理環境 2

1.2 文化 2

1.3 生存の圧力 5

2 死生観の分類する分析と歴史の発展 6

2.1 分類 6

2.2 日本における死生観の発展 7

3 日本人の死生観の表現形式 9

3.1 切腹 9

3.2 心中 9

3.3 自殺 10

4 反映した日本人の死生観 11

4.1 生と死の距離感 11

4.2 集団への忠誠感 11

4.3 人の自律感 12

4.4 人の自由権利 12

5 日本人の死生観が民族性に与えた影響 14

5.1 序列社会 14

5.2 含蓄 14

5.3 勇敢、よく働くこと 15

5.4 集団意識 15

おわりに 17

参考文献 18

謝  辞 19

はじめに

日本に自殺率はずっと高く、全体的な傾向が徐々に高くになって、特に20世紀90年代末期以来急速に高められた。戦後以来、日本の自殺人数は経済の起伏に従って、3つの大きな変動が出って。1955年の頃、1985年の頃と1998年のあとは3つの自殺ピーク期である。

ニュースや新聞にいつも日本人自殺についての報道が見られる。日本の警察局に2008年6月19日に発表された「平成19年自殺概要」(FDPのファイル)によると、2007年に日本の自殺人数の総数は33093人だということが知られる。2002年8月24日、横浜に開かれた四年一回の「世界精神医学会」の統計データに基づいて、当時の日本は世界一の長寿国であると同時に自殺率も世界一である。

普通の人だけでなく、作家や芸術家の自殺事件も多くて驚異される。日本のYAHOO「WEKIPEDIA」の統計によって、2000年から2009年の間に日本の自殺名人は50人もあった。また、皆に知れ渡っているのように、日本に自殺の作家はどこにでもあって、例えば、川端康成、太宰治、芥川龍之介などである。

1 自殺の原因

1.1 地理環境

日本はアジア大陸の東側に南北3500kmにわたって、弧状に位置している島国である。日本の東と南西には太平洋があり、アジア大陸と日本の間には、オホーツク海と日本海と東中国海がある。日本は日本海と東中国海を隔てて、中国、韓国、朝鮮と向かい合い、東は広い太平洋を隔てて、アメリカと相対している。それに、日本は地盤が不安定であり、気候の変化が激しいため、世界の中でも自然災害が多い国である。その自然災害の種類がいくつもあり、例えば、火山の爆発とか、津波とか、風水害とか、地震などである。資源も乏しく、海外から輸入に依頼する。日本は人口の割りに国土が狭いため、世界の中でも人口密度の高い国として知られている。この独特の劣悪な地理環境は日本人に孤独感を生み出されて、鬱屈の中で死亡を連想される。

1.2 文化

1.2.1 宗教の影響

仏教や神道は日本の2つの主要な共存している宗教である。神道は、日本の固有の自然宗教であるが、現代日本人の考え方に与える影響が大きくではないのはほとんどの日本人はあまり神道の道義に興味を持っていないのである。日本人の死生観の形成は仏教の浄土教の影響を受ける。仏教は6世紀に中国、朝鮮経て日本に伝えられた。日本の浄土信仰は最初が奈良時代から始まった。鎌倉時代から安土桃山時代まで日本の仏教は「厭離穢土、欣求浄土」[1]という概念と提唱しいた。この言葉は早くこの汚い世界から離れて、極楽浄土を探す方がいいという意味である。現在、日本に浄土宗は相変わらず広がって人の心に深く入り込んでいる。それに、仏教はもう一つの諦観もあり、すなわち生命は苦痛を満たし、さらには命その自体は苦痛である。この諦観は根強く揺るぎなくて日本人の潜在意識に根ざしている。

1.2.2 物哀れの伝統

「物哀れ」中の「物」は自然万物という意味で、「哀れ」すなわち悲しみである。物を見て感情を損ね、物我一如は「物哀れ」のもっともの説明である。日本人は美のために自分の命を終わって、独特の死生観を形成していた。物哀れという意識は日本人の感情世界に染み込んで、日本人の生活方式を影響し、日本民族の心理の一部になるので、様々な不思議あるいは壮烈な行為が出た。

『源氏物語』は日本古典文学の最ピークを代表すると言われて、始めから終わりまでずっと悲しい雰囲気に包まれている。日本の学者によると、『源氏物語』に、「哀れ」という言葉は1044回も出て、著者はこれらの人物に自分の人生無常に対する悲しみを託することが明らかである。[2]

「悲と美は通じ合う」、「死は最高の芸術で、美の表現の一つである」、「芸術の極致は死亡である」と日本のノーベル文学賞を受けた川端康成が言った。

また、日本の国歌は「君が代」は聞いて葬送曲のようである。日本の国花は桜で、日本人は桜を好み、桜が咲いている美しさを褒めるだけでなく、桜の短い生命も称える。日本人の死生観は、自然の中で生を受け、桜の花のように自然の中に散って行く、と生と死を捉える。

1.2.3 恥の文化の影響

アメリカの人類学者ルースベネディクトは、彼女の著作『菊と刀』の中に欧米の「罪の文化」と異なって、日本文化は「恥の文化」であり、その強制力は人の心の中でなく、外部社会にあるのと指摘した。ルースベネディクトの言葉を借りれば、「恥は他人の批評に対する反応である。人は人前で嘲笑され、拒否されるか、あるいは嘲笑されたと思い込むことによって恥を感じる。いずれの場合においても、恥は強力な強制力となる。」[3]、「彼はただ他人がどういう判断を下ろすであろうか、ということを推測しさえすればよいのであって、その他人の判断を基準にして自分の行動の方針を定める」[4]のである。日本人は皆から拒否されて死亡で名声を挽回することができる。「恥の文化」は発展しての極致は「死亡哲学」出、すなわち死亡それ自身は精神の勝利である。

1.2.4 犠牲、忍──武士提唱した最高境地である

「簡単に言えば、武士道とは、その起源から見て、「服従」の道徳であり、「隷属」の道徳であり、「献身」の道徳であった。」[5]その核心は絶対に君主に忠実をつくすことである。

武士として、核心の要旨は三つがある。第一は「忍」で、「忍」という字は心の上に刀があり、すなわち刀で自分を抑えてなければならない。第二は「恥」で、武士道は武士が自身の修養を厳格にすることを要求し、武芸に精通するだけでなく、もっとも重要なのは道徳の上で武士あるべきの「忠、義、廉、恥」を見せて、普通の民衆の道徳行為の模範になることである。第三は「死」で、悪く生きているのより死んだほうがいいというのも武士道提唱する死生観である。自分の名声を維持するために、武士はいつでも自分を殺される。彼らは「生きるべき時は絶対自殺しなく、死ぬべき時は絶対生むをむさぼらない」を提唱する。

1.3 生存の圧力

現代日本人の死生観は伝統原因の影響を受けただけでなく、社会の生存圧力の影響も受けている。日本は発展した先進国で、工業も盛んでいる国で、消費レベルも世界の最前に並ぶ。日本の不動産価格はとても高くて普通の人たちはまったく手の届かない程度である。日本人の仕事圧力は大きいのは誰も知っている。彼らは働いて「懸命な働き蜂」みたいで、生存圧力は彼らに死に物狂いで働かせて、さらには過労死を起した。そんな巨大な圧力は彼らに悲観的な気持ちを出さやすくなる。

2 死生観の分類する分析と歴史の発展

2.1 分類

2.1.1 宗教上の死生観

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接