从《沉沦》和《舞姬》中比较中日最初浪漫主义小说中的悲剧性毕业论文_日语毕业论文

从《沉沦》和《舞姬》中比较中日最初浪漫主义小说中的悲剧性毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中国和日本都在封建社会末期产生了资本主义萌芽。资本主义萌芽不仅在经济上推动了社会经济的发展,更对人们的思想产生了极大的影响。

中国作家郁达夫在他留学日本期间完成了他的第一篇小说「沉沦」。日本作家森鸥外也在其在德留学期间写了他的第一篇小说「舞姬」。这两篇文章都是作者在年轻时所著。都充分表现了西方先进思想与本国传统思想的碰撞。

两篇文章的发生背景不同,所以两位主人公的命运虽然都是悲剧却也各有各的悲剧。这也就体现了两位作者不同的人生观价值观。同样是恋爱受挫,“他”选择了死亡,而丰太郎却选择了带着遗憾继续活下去。这也体现了中日当时国情的根本性的差异。

这次,我希望可以运用文学比较法对这两篇文章所体现的悲剧性及悲剧发生的背景进行简单的研究。

关键词:舞姫;森鸥外;沉沦;郁达夫;悲剧性;比较

目  次

はじめに 1

1 文章内容の紹介 3

1.1 舞姫 3

1.2沈淪 3

2 文章背景の紹介 5

2.1「舞姫」の背景 5

2.2 「沈淪」の背景 8

3 悲劇の方面についての比較 11

3.1 文章の背景についての比較 11

3.2 作者の性格と運命についての比較 13

3.3 ストーリの筋の悲劇についての比較 14

おわりに 16

参考文献 18

はじめに

中国と日本が封建社会の末期に資本主義の芽生えは発生した。経済の発展を促進するだけではなく、更に人々の思想に対して影響した。中国の郁達夫は日本が留学した時に彼の第1篇の小説――「沈淪」を書いた、同時に中国の第1部のロマンチシズムの小説でもある。日本の森鴎外はドイツに留学した後で、日本の初めのロマンチシズム小説「舞姫」を書いた。この二つ文章はすべて作者が若い時に創作した、すべて西方の新しい思想と本国の古い思想の間の衝突を表現した。

この前、たくさんの中日の専門家は森鴎外と郁達夫の作品と一生などに対して詳しく研究した。1978年、馮雪峰は郁達夫の一生を詳しく記録して「郁達夫の一生の伝記」を作った。この本は新時期の中国の作家が郁達夫についての研究の初めである。文学比較の研究方法で研究したのは馮奇の「郭沫若と郁達夫のロマンチックな世界の比較」などである。彼は郁達夫の作品が郁達夫の複雑な感情経験を表すと思った。 「郁達夫の作品は写実主義を基礎にして、くわえてロマンチシズム新しい意味を持った。文学史の上でもちろん最高な価値がある」 [1]という評価もあった。

森鴎外の研究について、多くの作品がある。たとえば高文漢の「森鴎外と彼の作品」と谷学謙「森鴎外の文学が日本の現代化について」などがある。高文漢は森鴎外の一生の大事を詳しく紹介した、しかも彼は森鴎外が日本の文学に対して貢献したことをほめた。

いままで、「沈淪」と「舞姫」の比較したことがない。今度私は文学比較の方法を使って、二つ作品の中に体現した悲劇性について簡単に研究する。

1 文章内容の紹介

1.1 舞姫

この小説は森鴎外は自分の留学経験をふまえて創作した小説である。これは悲しい愛情のストーリである。太田豊太郎がドイツへ留学した、偶然で彼は美しい踊り子アリスと出会った。アリスは父を埋葬するつもりであった、でもお金がなかった。豊太郎が若い男性として、豊富な同情心と女性を哀れみ気持ちを持つため、銭を出してエリスを助けた。

二人の関係はもともと清らかであったが、ほかの人から「2人の関係は不当である」このようなデマで中傷されたため、豊太郎は免職された。金の出所がなくなったから、豊太郎の生活は貧しいであった。その後、豊太郎とアリスは恋に落ちた。ふたりは貧しくて幸せな日を過ごした。豊太郎はすばらしい愛情を楽しんだ。しかし一方、豊太郎はまた日本社会との連絡を断ち切ることができなかった。かれとアリスの幸せな愛情は生活の貧しいの圧力に抵抗したことがなかった。友達は彼にアリスを離れる日本へ帰るように説得した。

最後、豊太郎は再び日本に帰った、アリスは愛情を挽回したために日本に来た。しかしアリスは豊太郎母さんと弟に追い払われた。最後に、アリスは気がおかしくなった。豊太郎はアリスの境遇をわかった後で自分の過ちを責めた。彼は非常に後悔した。

1.2沈淪

「沈淪」は郁達夫の初期の短編小説で、彼の最も有名な作品である。初めに出版した時、当時の文壇を揺り動かした。

この小説は郁達夫自身の経歴の改作である。内容は一人の中国人が日本で留学したとき、彼は自由と個性的な解放を求めるため、封建的で独断であることに抵抗し、学校から除名されたというストーリである。

彼は誠実な友情と清らかな愛情を渇望した。しかし彼は“弱国の子民”という名称で差別された。彼は純真な情熱が侮辱された、異国の地でますます孤独感があった。“鬱病”の患者になった。迷う中で、彼は妓楼に心を奪われて、自分の純真さを失ったことに気ついた。後でまた悔いてからひとりで悲しんだ。絶望しで海へ投げて自殺した。

彼は異国でいる境遇は祖国と民族の運命に関した。そこで彼は自殺した前に、悲しく叫びました:「祖国、祖国!!私は祖国に殺されたのである!!祖国はすぐに裕福になってき、強くなる!たくさんの子供は苦しい目にあっている。」[2]

この小説は青年が人民思想を解放させる、祖国が富強になるという心の声を強烈的に表現した。半封建的半植民地の中国にいる中国青年は同じ災難や苦しみにあっていることで強烈的な共鳴を引き起こした。

2 文章背景の紹介

2.1「舞姫」の背景

2.1.1「舞姫」の社会環境

まず、明治の初期、日本の封建的な秩序はこの愛情の悲劇にとって最も重要な原因である。明治維新後で、日本は長い鎖国した夢の中から目が覚めて、初めて自分が孤立、危険で、後れた立場にあっていることを発見した。日本は資本主義諸国の圧力の下で国家の危機を解除するために明治維新を推進した。明治政府は封建的な藩政制を廃止して、統一を実現した後に、富国強兵を実現して、マナーを守りながら文化が開放した。近代資本主義経済が迅速発展した。その時、西方からヨーロッパの近代文化も日本に深く影響した。キリスト教を中心にして自由な思想と新しい恋愛観も次第に入って来た。しかし封建的な伝統の思想は依然として社会で主導的地位を占めた。

いろいろな悲劇の原因は社会の秩序を守るために人類を傷つけることである。彼らは一定の社会環境の中で発生して、社会環境は悲劇の発生に対して決定的な影響がある。もちろん個人の内心の気が弱いという性格が悲劇の発生を決めた。

明治維新の後で、日本政府はヨーロッパに青年たちを派遣した。この青年たちは西洋の文明、政治、法律の制度と先進技術を学ばせた。しかし明治政府の目的は彼らがただ先進的な西洋技術を学ぶことを望むだけで、先進的な技術を持ち帰って、明治政府に忠実して先進的な技術を持ち先進的な人材を育成することである。もし学生達は独裁の政府の反対側に立ったら、独裁の統治の基礎を脅したら、きっと独裁の統治者から残酷な攻撃を遭った。これは明治維新の歴史の本質なので、独断の政治の下で維新の改革を行う必然的な結果であった。

太田豊太郎は踊り子アリスが好きになった。アリスは卑しい職業に従事した。しかし豊太郎は心からアリスが好きであった。豊太郎はアリスと一緒に楽しいの生活を一日ごとに過ごした。これらは西洋の文化を学んだの青年にとって自ら目覚めると個性の解放のシンボルである。豊太郎は青年の個性を解放したが、しかし徹底的ではなかった。古い封建的な道徳は彼の魂の深い所で隠れた。だから天方伯爵が到来た後に、親しい友人の扇動のもとで、太田は前途のためにアリスを捨てた。古い封建的な伝統は新しい思想に打ち勝った。その時の官僚主義的な機関の中で、官僚達はいつも下役を上司言うことを聞くばかり思想がないの人に育て上げることを望んだ。官吏達にとって、あのような独立精神を提唱したことを我慢したことができなっかた。明治維新の内容は西方近代の文化と日本の封建的な文化の遺産の対抗と総合であった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接