渡边淳一《复乐园》中的日本的老年人生活毕业论文_日语毕业论文

渡边淳一《复乐园》中的日本的老年人生活毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

做为全球最早步入老年社会的日本,其老年社会的成功运行模式值得中国学习。本篇论文旨在通过列举渡边淳一《复乐园》一书的一些典型故事和作者直接阐述的见解,来探讨日本当下的老年人的思想及生活方式。渡边本身就已步入老年,他在书中传达的思想对研究日本现在先进的老年人生活有极大地借鉴作用。书中倡导一个能给老年人更多自由的社会,而老年人自己也不气馁,在自我照顾起居的情况下丰富自己的生活和思想,将精彩豁达的人生进行到最后一步。

本文倡导通过老年人自己的努力,改变老年人自己的思想,从而让老年社会获得属于老年人的活力。

关键词:高龄者;现状;生活;伦理;死亡;爱

目  次

はじめに 1

1 高齢者の現状 2

1.1 日本全社会の高齢者の現状 2

1.2 ET ALORSにおける高齢者の現状 2

2 生活に対する態度 5

2.1 男女の異なる生活態度 5

2.2 提唱する態度 5

3 倫理への挑戦 7

3.1 女性から 7

3.2 男性から 7

3.3 次の世代から 8

4 死亡に対する態度 10

4.1 感謝の気持ち 10

4.2 愛からの勇気 10

おわりに 12

参考文献 13

はじめに

中国では、大部分の読者にとって、渡辺淳一という名前及びその文学を知るのは、『失楽園』という名作によるものだろうと思われる。しかしながら、実際に、渡辺淳一は1969年から、文学創作に専念して以来、50数冊の長編小説と何篇の散文、随筆の集がある。

1933年生まれた渡辺淳一は、もう76歳で、一人の高齢者になった。作品の内容も中年男女の愛から高齢男女の生活に変わった。特に、中年男女の愛を描いた時、いつも性愛を通しているが、高齢男女なら、心霊独白の方が多い。

2009年出版した『エ・アロールそれがどうしたの』は、一つの高齢者向けマンションの中の生活を描いている。渡辺は一人の医者として、人間の生死を見ていて、生命に対する理解が一般人より深いので独特な視点を持っている。いま、一人の高齢者として、高齢者の考えがよくわかっている。また、1999年から、中国も高齢社会 に入った。[1]日本は世界で高齢者が一番多い国で、成功の経験は価値がある。以上の二点は筆者がその論文を書く動機である。

本論文の第一章において、日本の高齢者の現状を描いている。第二章ではET ALORSにおける男女の違う生活を分析した。そして、男性は高齢になったら、女性のような豊かな生活をすることを提唱している。第三章では『エ・アロールそれがどうしたの』に書かれた「倫理」という問題をめぐり、三つの面から、社会に対する示唆を指摘した。第四章では、「死亡」という要素を考察している。人間は愛があるこそ、死亡にも怖くなくになる。

1 高齢者の現状

1.1 日本全社会の高齢者の現状

高齢化は20世紀に現れた1種類の社会現象で、国際上的な標準[2]によって、60歳および60歳以上の人口が総人口に占める割合が10%あるいは65歳および65歳以上の人口が総人口に占める割合が7%を上回ったら、すぐ高齢化社会だと言える。日本は全世界で高齢化が最も深刻な国家で、今世紀初期まで、65歳および65歳以上の老年人口は総人口の17.2%にすでに達して、しかも高齢化の程度は速いスピードで深まっている。

日本の高齢化は都市と農村のバランスが取れていない。都市部では、高齢者の占めた割合は農村より高い。1990年の国際調査によって、島根地区の65歳以上の老年人口の割合は18.2%に達して、琦玉地区は8.4%だけであった。都市の人情が薄くて、また、競争はきわめて激しくて、老人の社会の価値は日々日々に下がって、生活は孤立になる。この問題に対して、政府はたくさんの措置をとった。老人ホームを創立するとか、財政が支持を与えるとか。

しかし渡辺の角度に立ち――すでに76歳の一人の老人、老人を立ち上がらせて、人生の光と熱を発揮して、老人自身の考えを変えてから始めるべきである。当然で、老人自身の変化と政府の措置ははるかに足りないで、最も重要なのはやはり社会の理解と支持である。これも渡辺のこの小説を創作する、ひとつが重要の理由、理想的な老年生活したのは同時に社会がこのようで理想的な更に1つの自由な環境をあげることができることを呼びかけて、1種の寛容な態度で老人の生活の理念を評価して、老人の恋愛を評価して、甚だしきに至っては、老人の性を見ることとは切望する。

1.2 ET ALORSにおける高齢者の現状

『エ・アロールそれがどうしたの』のストーリは東京銀座の1つの高齢者向けマンションの中で発生したものである。日本は中国と同じ、老人ホームというと、どこか暗くて、寂しい感じがある。かつての養老院の名残りを引いて、老いとともに身寄りがなく、誰にも面倒を見てもらえない人たちが集まるところ、と思っている人も多い。実際、家族のほうも、親を老人ホームに入れると、親不孝な子供として、まわりの人から冷ややかに見られることもある。時代の発展につれて、高齢者向けマンションは絶えず更新して、各種の設備も日に臻は整っている。しかし、人々はやはり老人院に対して「特殊な地方」のような印象が取り除けない。

しかし、本の中の老年の人々は自分でこの高齢者向けマンションに入ることを選んで、渡辺は来栖の助けを借りて――マンションの建築者、自分の思想の使者を伝達して、1つの理想的な高齢者向けマンションを作り上げっている。

主人公の来栖は、父の晩年の再婚に反対して、結局父が憂鬱になって亡くなった。来栖は恥じて、そこで1つの年齢と関係がなく、自由で心地良い高齢者向けマンションを建築したいと思っている。 「ET ALORSの基本方針は、入所者にできるだけ老後の人生を楽しんでもらうことにある。それも極力、個々の希望を入れ、それに応じるように努める。」と説明した。[3]ET ALORSは銀座のやかましい市街区に位置して、老人の歓迎を受ける。銀座のような軽々しいところに、高齢者の施設は向かない、もっと静かで空気が澄んだ郊外がいいという意見の声が高まっているが、来栖はそうは思わなかった。逆に高齢者ほど都心部に住むべきで、そこなら交通の便が良くて何処へでも行き易いし、近くにレストランや喫茶店も多い。さらに子供や孫たちも簡単に立寄ることができる。来栖は、高齢者にとって何よりも重要なのは刺激だと考えている。ほどよい刺激は心も身体も若返らせるが、静かな刺激のないところに住めば住むほど、体は急速に弱り、頭も働かなくなってくる。渡辺自分が書いてあるように

実際、それがアメリカでは実証ずみで、かつてアリゾナに老人だけの理想郷をつくったら、十年後に、ほとんど人が呆けてしまったが、その誤りだけは繰り返したくない。むろんなかには、銀座のような都心部は空気が汚れている、という人もいるが、子供と違って高齢者はすべて長生きするわけではない。せいぜい二十年前後だから、その間、多少の大気汚染より、重要なのは、刺激であると書かれている。[4]

筆者の考えなら、渡辺は自分が老年の段階に歩み入っていたが、また渋谷に引き続き住んでいること、その上医者としての体験が長年もあるから、ようやくこのような文字を書くことができる。渡辺のこの考えは一定の科学的な道理に合うだけではなくて、いま多くの老人の心の声も言い出す――主流社会を溶け込むことを渇望して、若いこと、活力がある物事に接触してほしい。

2 生活に対する態度

2.1 男女の異なる生活態度

老年の女性が老年の男性に比べて、更に上手なのは孤独なことがわかって、自分の生活に手配が済ませることである。日本の男権社会の中で、男性は仕事の時ほとんど家庭を考慮に入れなくて、高齢になって極度に妻を依存することを発見して、妻は自分が家庭の一生を配慮すると思って、老人になったのは自分のために生きるようになるべきである。

その東山(74歳)[5]の奥さんのように、いずれにしても別の部屋を要求して一人で住みたかった。年齢とともに男は弱くなる一方、女は強くなるという。渡辺も「たしかにそういうタイプの男は東山氏の年代では多いのかもしれない。時給はもちろん、預金通帳も預けて家事は一切わからず、日常の生活もすべて妻任せで、それだけに、今更別れたくても一人で生きていく自信がない。こうなると、多少冷たくされても、これまで馴れ親しんだ妻にすがって行く寄りない。それに今まで勝手気ままに過ごしてきたことを思えば、今この年齢になって多少冷たくされても、仕方がないと諦めざるをえない。」と説明した。[6]

それで、男は若いときから仕事一筋で働き続けてきた男に多いようである。何かといえば「会社のため」「仕事が忙しい」が口癖で、会社だけが人生のすべてであった。そういう男が会社を辞めると、たちどころにやることがなくなり、同時に、部下はもちろん友たちまで失ってしまう。

2.2 提唱する態度

ET ALORSの老人の男女の割合は3:7で、これも1つの事実を反映している。女子の平均寿命は男子より高くて、日本の夫婦の中で、男性は平均的に女子3-5歳に大い、そして男性は5-6歳早死にして、2つの年齢がプラスして、平均的に8歳になて、すぐ老人の口の中を招いて、女性はだんだん多くなって、「将来日本が恐らく老寡婦社会だ」と言う。さらに、男性は何か興味でもあれば、そちらに気を向けることもできるだろうが、それもないとなると、あり余るほどある時間をどうつぶしていいかわからなくなる。幸いというか哀しいというか、それが仕事一筋で働き続きてきた男たちの晩年の姿なのかもしれない。

その問題がはっきり知った渡辺は、来栖の口を借って、「そういうことにならないように、入居者には、いろいろな興味や楽しみをもってもらいたいと願っている。」と喋った。[7]スケジュールの中に、さまざまな催しや講習会をくわえたのも、そういう意図からのことである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接