从《失乐园》看渡边淳一的爱情观毕业论文_日语毕业论文

从《失乐园》看渡边淳一的爱情观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

一九九八年四月出版的《失乐园》在国内掀起了一阵热潮。本论文探究了久木和凜子的感情发展的内外因,分析了渡边淳一在《失乐园》中表达的爱情观。对书中出现的场景,例如:约会、性爱等,分别从内部原因、外部原因的角度进行较为全面的分析。

通过本课题的研究,一方面从感情和伦理道德的角度,深层次的剖析婚外恋存在的原因和困境;另一方面研究现实婚姻生活中,一定要找准心中的至爱,即使找不到,也要善待自己的另一半,不要让感情在日常生活中被消磨掉。

关键词:失乐园;婚外情;爱情

目  次

はじめに 1

1 『失楽園』の中の愛情観 2

1.1 感情の解放 2

1.2 情欲の解放 3

2 内因 6

2.1 久木側から 6

2.2 凜子側から 7

2.3 性愛の調和 8

3 外因 10

3.1 凜子の婚姻の束縛 10

3.2 道徳倫理の束縛 11

3.3 久木の婚姻の破産 11

おわりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

中国では、大部分の読者にとって、渡辺淳一という名前及びその文学を知るのは、『失楽園』という名作によるものだろうと思われる。その本には男女主人公の不倫の愛について詳しく書かれている。

一方、現代社会の離婚率が高い。02年、日本での署名する離婚した夫婦は29万組である。つまり二分当たり一つの夫婦は离婚した。多くの离婚していることができたのは、不倫であった。不倫の存在する理由がある。また、多くの人は結婚前に、相手を選択していない。結婚後、いろいろな問題が沢山発生している。どうこの二つ問題を解決するか。以上の二点は筆者がその論文を書く動機である。

本論文の第一章において、渡辺淳一の愛情観を描いている。第二章では久木と凜子の不倫の内因を分析した。夫婦の感情がなく、セックスもない。そして、第三章では久木と凜子の不倫の外因を分析した。自分の恋人によく対待して、感情に日常生活の中で浪費されて落ちない。

1 『失楽園』の中の愛情観

1.1 感情の解放

渡辺は、事業にも生活にも饱きて精神的に鈍感になってしまって極度に心の慰めが必要の男と長期的に単調な家事のなかに埋められて、愛情を渇望する一人の家庭主婦を述べている。二人は不倫が発してからの変化を述べた。久木と凜子はまさしく現代社会の多数の人を代表しているだろう。渡辺に賛成しているのは、このような倫理に反して道徳に反して人々に急激に変化させる绝対な愛である。

時間が経つにつれ、感情にも変化が起きるだろう、特に、愛は現実的な環境変化が発生した時、愛の対象も変わる。しかし、現代社会の感情は伦理に縛られ、不倫の恋は心に抑圧されている。「たとえば凜子のように、初めは慎ましやかに、楷書のようにきっかりした女が、さまざまな拘束から解き放たれ、悦びを知り燃えていく。そしてさらには、一人の成熟した女として本放に振る舞い、ついには深々といんとうな世界に耽溺する」[1]二人は、愛が産生した後に大きく変わった。「愛する女性に好きだといわれて悪い気はしないが、人目の多い電車のなかで指を絡ませているのは行き過ぎかおしれない。久木はそっと手を引きながら、改めて凜子の大胆さに感服する」[2]これに偉大な愛を感謝すべきだ、愛によって人々に强くなって勇敢になって純潔になるだろう。

1.2 情欲の解放

小説には、男女情欲についての描写が沢山書かれている、この手の文字が多いが、人にポルノのように感じさせていない。渡辺はこの本で、セックスの描写について、男女の生理的から心理的な角度から、リアルに描写している。読者に道徳を超える視点から、肉体的な爱を認識させた。「たとえば性において、こんなに淫らでしがる女でわなかった。以前はセックスにはほとんど関心がなく、いまからは信じられないほど淡白で、清潔であったという」[3]渡辺は言おうとしたのは、愛の過程で、性欲は愛情の一部として、変らぬものではなく、徐々に変えわっているのであつ。男はそうだったんですが、女もさらにそうである。

性欲の生理反応だが、ただの生理を見るのをしなくて情と生理に結合されなければならない、久木と凜子のようになった。現代社会では感情を崩壊した夫婦の多いだ。そのような夫婦は、倫理と道徳は欲を禁固された、彼らの意欲にあふれていた。性のないの感情は感情のない婚姻と同じだ。人間に害をすることだ。感情に解放される時に性欲に対するも解放されるべきだ。

渡辺淳一に対してインタビューで、「先生はずっと書いた作品が男女間の恋爱を描いた小説人も多いが、実はこれに先立って似たような問題を聞いてくると、あなたの書いた恋愛小説はどのような恋愛小説であるか、ひと言でまとめで、私の作品では、経済の理论や道義的なものがはっきり表現できないにもかかわらず、現実性があって感情の小説である」と話した。渡辺はいわゆるの現実性があって感情を指しては愛し合うのでさえすればいっしょにいることができる。

情のために死ぬだけなら、それぞれの現代読者も理解してくれるだったが、今は久木と凜子はこういうのわがままな方法をとって、これはもう死亡を追求するのではなく、死亡を追い求めで愛の极致と永久不変を実现している。彼らはこの願望を実現しました。

「死亡直前、二人は性的交渉をもち、死後も両者が抱擁したまま、局所も結合していたが、かかる状態はきわめて稀である。死後、多くは初期弛緩で遊離するが、それでもなお結合していたのは、男子が射精直後、歓喜の頂点において毒物をり、そのまま苦しみに耐えて、余程強固に抱擁していたためと推測される。なお女性の表情には、かすかな笑みがうかがわれる。」[4]まるでセックスの神様の像ようだった。これは永久不変を追求するのセックスである。これは久木、凜子の身を「美しく妖しい女体という名の仏像」ところの孜々として願いだった。これは「夢の絶対的な凜子の爱の頂点死ね」を実現する。

でも、彼らは悲しぎゅっと告別世界の必要はない。逆には、彼らはそんなに嬉しくて、落ち着いて、周到に自分の死を準備している。彼らの死を選んだことは最上の方法で、最適の場所や時間で、まで考慮して死んでも、ひとつの最も美しいイメージに一人が最も驚きの视覚の衝撃を受けた。

有名な作家の渡辺淳一はここにあの美し主義な表现手法は详しく表現する。彼は書いたのはショッキングな死亡ではなく、新しい生命を生まれた。渡辺は『失楽园』という本で世間に一切な障害を抜けて新しい生命を受ける。

『失楽园』は、哀しい小説と思う人もいるが、私はそう思わない。久木と凜子の悲劇的な愛は、死をしなければならなくて愛を論証する、論証が成功すれば、本当に死んでしまった。しかし、二人にとってはコメディーで、二人は抱きしめ、セックスハイライトと快楽绝顶のその瞬间は、華麗で強烈な満足感の中で死んだ。

 小説の最後の章「至福」と言う。その意味は「最も幸せなこと」である。「福」は、この小说の文の眼であり、久木と凜子と愛の結晶である。生きていて、愛し合っている。爱し合っているのは、さらには十分に美しいを体験の生きている。最后は死では愛という最も理想的な帰結であろう。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接