从猫的形象看日本“以小为美”的审美意识毕业论文_日语毕业论文

从猫的形象看日本“以小为美”的审美意识毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文将猫在日本人眼中的形象,归为两大类。一为日本人喜欢的猫,二为日本人讨厌的猫。在日本人喜欢的猫中在分为真实中的猫形象和虚构中的猫形象。本文在日本人喜欢的猫中,总结出日本人喜欢的猫的形象为可爱的、肥的、小巧的。

本文在日本人讨厌的猫中也分成两部分,第一部分是坏的猫,第二部分是妖怪形象的猫。文中在日本的讨厌的猫形象中,可以看出由于日本讨厌这些形象的猫,而被认为不可爱的,可见这些形象不符合日本人的审美观念。在日本人的审美意识中,本文针对学者的研究进行总结和分析,得出日本人认为可爱的就是小的,即小的就是可爱的,并且在此基础上分析日本人喜欢的猫形象皆为小的、可爱的、肥的。最后,再指出其它日本人对小的事物的喜爱来佐证得出日本人以小为美的审美意识。

关键字:猫;小;可爱;妖怪;奸诈;美

目  次

はじめに 1

1 日本人が好きな猫 3

1.1 実際に存在する猫 3

1.2 架空の猫 7

2 日本人が嫌いな猫 12

2.1 猫又 12

2.2 化け猫 13

3 可愛いから小さいものヘの愛着 16

3.1 「可愛さ」と「小ささ」の関係 16

3.2 猫のインメージを分析すること 17

   3.3 日本人の小さいものへの愛着 17

おわりに 19

参考文献 20

謝  辞 21

はじめに

日本に猫を飼うの数は に達して、2月22日は猫の日で、猫のことも日本にどこでも見える。これ見ると、日本人は猫のことが好きて、それに、猫は日本人の生活に大きな部分を占める。例えば、日本の招き猫、ドラえもん、Hello Kittyなど。この猫たちは日本人の生活に欠くことができない一部分だ。しかし、ある猫も日本人が嫌われる。例えば、猫又、化け猫など。

 日本人は猫が好きなことは長い歴史を持つ。昔から、日本人が猫が好きなことは招き猫の物語に始まる。まだ、日本人が好きな猫はいろいろある。例えば、大人気のドラえもんとかご猫、流行文化のHello Kitty、2008年人気を読むのチーズスイートホームなど。日本人が嫌い猫について、猫又と化け猫がある。それに、日本の昔の物語に妖怪の猫もある。これたちの猫はイメージが悪くで、日本人が嫌われる。

 日本人が好きな猫―招き猫、かご猫、ドラえもんなど。招き猫は丸くて、可愛いイメージだ。かご猫は太ってる、萌え、可愛いイメージを与える。ドラえもんも招き猫のとおり丸くて、可愛いだ。日本人が嫌い猫―化け猫、猫又など。化け猫と猫又はへんな様子があって、人に危害がある。彼たちの特徴を端的に現したものでは鋭い、痩せている。この二つ面に日本人好きな猫が分かって、更に日本の美意識を総括する。

 日本人に対して、猫のイメージの研究の中に二つ考え方が持っている。一つ目は猫は日本人に好まられて、プラスの考え方を持っている。二つ目は猫は悪くで、マイナスのイメージの考え方を持っている。猫のイメージはプラスのは张秀华(2004)、冯金(2012)说李雯(2010)、李志芳(2009)に猫の可愛さがよく言及した。陈爱云(2006)、张秀华(2004)、冯金(2012)に日本人の猫の好きなことを述べられている。それに反して、高瑜(2012)、张燕(2011)、王红梅(2003)、李雯(2010)に猫の妖怪の様子と悪いイメージ研究載っている。美意識については、ある学者も研究を出てくる。方爱萍(2012)、杨红、王景杰(2006)に「うつくしい」と言う言葉は小さい、可愛い意味を含める。张韶岩(2004)、方爱萍(2012)、陈晶(2007)、许歌(2009)に日本の美意識の源は日本の国土の小ささと自然資源が少ないことが関係あるの考え方を持っている。まだ、杨红、王景杰(2006)、于海英(2010)]。杨红、王景杰(2006)、于海英(2010)に日本人が外来のもの改造と細かい点を重視することは日本人の美意識を体現できる。

1 日本人が好きな猫

1.1 実際に存在する猫

1.1.1 「かご猫」

「かご猫」とは岩手県の農民が飼っている「白」という猫であり、2006年2月17日にインターネットのブログに載せられ、日本だけでなく、世界的にも大きな人気を呼んだ。特に、「かご猫」の「何とも言えない」顔が有名で、ネットではネタとしてよく使われている。2008年かご猫の写真集は日本に出版して、後に2009、2010年に新しい写真集を送り出した。

画像1:かご猫(1)             画像2:かご猫(2)

画像1と画像2は典型的な「かご猫」の写真である。画像の中に見えるように、この猫は太った顔をして、いつも目を閉じている。

ブログのなかで、かご猫の写真に対して、多く出ているコメントには、次のようなものがある。

一、白くむっくりとした可愛い生き物が  [ 2013/05/30 17:13 ] メイ [ 編集 ]

二、シロちゃんの ん~~顔も大好き

子猫時代のシロちゃんも凄くかわいかったけどhellip;

現在のシロちゃんもかわいすぎる~ [ 2013/05/30 12:26 ] シロ大好き娘 [ 編集 ]

三、しろちゃんって本当に可愛いにゃんこさん [ 2013/05/28 22:22 ] – [ 編集 ]

四、シロちゃん迷子になっちゃったの?あーー、上から見るシロちゃんも可愛すぎるね [ 2013/05/29 10:51 ] ぴいちゃん [ 編集 ]

五、しろちゃんは優しいから誰とでも仲良しさんで可愛いねっ
今日かご猫2のDVD 届くの楽しみ~~[ 2013/05/28 10:16 ] Kニャンコ [ 編集 ]

コメントの中から見ると、「可愛い」という評価がよく出ている。

1.1.2 「最高の離婚」の八朔とマチルダ

「最高の離婚」は2013年冬のドラマである。とても人気があり、平均視聴率が11.8%に達した。このドラマの中に二匹の猫が出てき、名前は八朔とマチルダである。両方共純血ではないが、少し太っている様子で皆に好かれている。出演の経緯について、「マチルダ役は宮本監督がパンプくんの写真を見て決定。はっさくは『丸くて茶色いネコ』というイメージがあり、ほかのネコちゃんなども連れて行って監督たちに見てもらった中で、ゆずちゃんに決定したそう。」[1]ここの「パンプくん」はドラマの中のマチルダであり、「ゆずくん」はドラマの中の八朔である。この話からみると、ドラマの監督がわざわざ「丸い」というイメージの猫を選んだのである。

   

画像3:八朔とマチルダ         画像4:抱かれるの八朔とマチルダ

画像3と画像4に見られる通り、八朔(左)の頬はとても丸く、腹が脂身があって、しっぽがわりとに短いので、全体的に「太ってる」感じが現れる。しかも、八朔は、スコティッシュフォールドので、耳が下に垂れ、さらに顔を丸くしている。マチルダも八朔と同じく、腹が脂身があり、目も口も小さいくて、やはり「太っている」というイメージを持っている。

この二匹の猫はまずドラマのなか主人公に好かれている。ある日、八朔とマチルダが行方がわかなくなって、主人公の二人が非常に慌ていて、猫たちを探していた。また、主人公の二人が、よく二匹の猫を抱いたり、一緒に遊んだりしている。

主人公だけでなく、観衆の中にも、八朔とマチルダが気に入った人が少なくない。インターネットの掲示板にも、次のようなコメントがよく見られる。

あと猫!猫カワイイ!ベッドで寝てる猫かわいい。子猫がグルングルンしてるのもカワイイけど、大きい方の猫のあしらいが適当でいい(笑)男の人って猫バカ多いんだけど、光生のあしらいは適当なのがいいな。というか光生と結夏の猫あしらいの感じは似た者同士だと思うよ?

私はどちらかというと、ネコより犬派なんだけど、最高の離婚に出てきたネコ、特に茶色のネコちゃんは可愛いなぁと思って見てた。[2]

三、はっさく可愛いですよね。足もムチッと短いし、耳は折れてるし、マンチカンの血でも入ってるのかなぁと思ってます。ああ、今週も癒されました。[3]

1.1.3 雑誌『ネコまる』

日本では、猫に関する本は数え切れない。猫を主題にする雑誌も数十誌あり、それに、発行の数も数万冊に達することが多い。

その中では、代表的なのは『ネコまる』という雑誌である。『ネコまる』は、日本出版社が発行するネコの写真を扱う雑誌であり、主に読者の投稿に基づいて猫の生活や面白い場面を載せている。雑誌の最初と最後の部分に必ず読者が日常生活で撮った一緒に暮らしている猫の写真が出てくる。さらに、下の画像から見られるように、編集者はそれぞれの写真にナレーションをつけ、読者たちも笑い出させているようにしている。それだけでなく、編集部がときどき投稿作品の中から特に良い写真やイラストを選んで、「ネコまる大賞」を授与する。投稿される内容は写真が多く、毎号500点を超える。『ネコまる』には違い猫を記録して、よく人気がある。

『ネコまる』には多くの猫がでているが、ここで注目すべきのは、上の「かご猫」や「八朔」、「マチルダ」のイメージと違って、ちいさい猫がたくさん出てきたということである。下の猫の写真もすべて小さい猫である。このことは、日本人は太っている猫のほかに、小さい猫も好きであることを説明している。

 

画像5:ネコまる(1)  画像6:ネコまる(2) 画像7:ネコまる(3)

1.2 架空の猫

上の1.1では、日本人の好きな実際に存在する猫について分析した。つぎに、日本人の好きな架空の猫を見てみよう。

1.2.1 「招き猫」

招き猫の元祖は東京世田谷豪徳寺にある「豪徳寺」の起源説と言われている。時は1650年の末頃、当時貧乏寺だった豪徳寺の住職は一匹の猫をとても可愛がっておった。ある夏の日、門前に鷹狩り帰りの武将の一向が訪れ、「寺の前を通ったら猫が仕切りに手を挙げて招くので訪ねてみた。鷹狩り帰りで疲れているし、しばらく休憩させてくれ。」と言われる。そこで住職は一向を奥へ通して、渋茶などをふるまっていると、空が突然暗くなり激しい夕立になった。そこで、一向は外に出られなくなり、住職は一向に説法を聞かせる。それに感激した武将が実は自分は彦根の城主井伊掃部頭直孝であると素性をあきらかにし、「猫に招かれ、雨にも打たれず、ありがたい説法を聞く事もできた。これも何かの縁、今後ともよろしく頼む」と以降井伊家の菩提所として豪徳寺は栄えたのである。これも皆、武将を招き入れてくれた猫のお陰と、住職はその猫の没後、墓を建て手厚く葬り、後にこの猫をモデルにして招福猫児という名前の人形を作り、それに願掛けすると吉が舞い込むと言い習わしたそうである。これが現代の招き猫の元祖である。今でも豪徳寺の敷地内には猫塚があり、願いが叶った時にはその願いを託した招き猫をそこに納めるのだというのである。

招き猫は世界に皆に知れ渡っている。日本に最も有名なマスコットとして、店に装飾品にしても、アクセサリーとしても、太くて、可愛い姿は皆の脳に残る。特に、招き猫の腹はとても太い、約二つ頭の大きさがある。手は短いで、小さくので、丸い、太い感じになる。招き猫の特徴を端的に現したもので大きな頭、丸い顔、太い足、長い尾、太い胴体の特徴だ。よく見れば、招き猫の耳の先の他の以外に、すべで丸い、太い感じが出てきた。招き猫の写真に見ると、「太っている」という感じがよく出ている。

画像8:典型的な招き猫

1.2.2 「ドラえもん」

「ドラえもん」は1969年より、小学館の学年誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)にて連載開始した。今まで「ドラえもん」も皆に知れ渡っているの漫画「ドラえもん」て、ドラえもんドは22世紀の未来から来たネコ型ロボットと小学生「野比のび太」の日常生活の物語だ。ラえもんは青い猫で、太くて、世界に人々に好かれる。まだ、日本の河崎市に「藤子·F·不二雄」博物館を建てた。博物館にすべて「ドラえもん」に関するの物、例えば、ドラえもんの道具、野比のび太の部屋、映画に出た人物の像など。まるで、映画「ドラえもん」の世界だ。さらに、2008年三月に日本外務者はドラえもんをアニメのイメージキャラクターに任命されて、当時の外務大臣高村正彦自らに委任状を交付した。この二つ事によって、日本人は「ドラえもん」の好きの多いさが分かる。漫画にしても、アニメにしても、「ドラえもん」は大きな人気を読む。まだ、2010年に映画ドラえもんのび太の人魚大海戦の興行収入は第一位で、9.7億の興行収入に達した。

ここで、画像9を見ると、「ドラえもん」の特徴がはっきり分かる。耳のない大きな丸い頭に丸い目と丸い鼻がつき、手や脚、しっぽさえも丸い。体のほうは「丸い」とは言えないが、長さが短く、「太っている」感じを読者に与えている。

画像9:ドラえもん

1.2.3 Hello Kitty

Hello Kittyは1974年に生まれた。このデザインは子供たちの好きを迎合するために、デザインし出たのインメージだ。日本では著名なキャラクターであり、販売されたキティグッズは、文房具を中心として食品、パソコンから軽自動車まで、日常生活のほぼ全領域に渡る。このことに見て、猫は人気があるということが分かる。Hello Kittyは世界で流行の物のはずだ。どこでもHello Kittyの商品、映画、テレビ番組を見る。特に、日本にとても人気がある。

画像10から見る、Hello Kittyは擬人化された白い子ネコで、左耳の付け根にリボン、またはそれに類する飾りをつけているのが特徴である。それに、目も鼻も小さくて、さらに口がない。とくに、Hello Kittyは体より頭のほうがずっと大きく、それはHello Kitty可愛さをさらに高めたのである。つまり、Hello Kittyは「小さい」と「太ってる」の両特徴を兼ねた猫のキャラクターで、すでに「可愛さのシンボル」となっている。

画像10:Hello Kitty

1.2.4 アニメの中の猫

日本では、猫を中心とするアニメやアニメの中に非常に人気がある猫が出てきたのがたくさんあり、上の「ドラえもん」ももちろん典型的な例であるが、ここではそれとは別に『チーズスイートホーム』というアニメを例にとって分析する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接