浅谈日本人对“小”的矛盾心理的文化体现毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本人对“小”的矛盾心理的文化体现毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在世界各国中,日本人的民族性格比较特殊,因为在长期的历史发展过程中,日本形成了多种的民族性格,这其中矛盾的双重性格就是其最典型的性格之一。日本民族既崇尚小而不弱的扩大,又追求细致精巧的缩小,如此典型的扩大和缩小的双重性格,是日本区别于其他国家最为显著的特征之一。

扩大性格和缩小性格本属于矛盾关系,具有不同的特点,甚至完全对立,但日本民族却使它们成为了对立统一的组合体,并将他们反映在日本社会的文化之中,他们在缩小中求发展,在发展中求扩大,并建立起了区别于其他国家的独特文化。本文将对风俗习惯、文学作品中日本人崇尚小的文化体现,以及社会风俗、经济方面日本人对大的渴望这两方面对比日本人缩小和扩大的民族性格,并对此矛盾心理给日本社会文化带来的影响进行分析。从而对日本民族性格的特点以及日本社会能有更加清晰、客观、全面的了解。

关键词:扩大;缩小;文化;矛盾;性格

目  次

はじめに 1

1 日本人の「小」を尊ぶことの体現 2

1.1 日常生活 2

1.2 アニメ 5

1.3文学 6

1.4そのほか 7

2 日本人の「大」に対する熱望の体現 8

2.1 昔話 8

2.2 伝統技能——相撲 8

2.3 経済面 9

2.4 そのほか 9

3 「大」と「小」に対する矛盾心理が日本に与える影響 11

3.1 積極的な影響 11

3.2 消極的な影響 11

おわりに 13

参考文献 14

謝辞 15

はじめに

日本民族は矛盾性にあふれている民族であり、長期な発展過程に、独特な社会環境と地理位置によって、日本人は独特の矛盾な二重性格を形成した。その中で開放と閉鎖、創新と模倣、忠誠と裏切り、縮小と拡大などのさまざまな民族性格を含んでいる。縮小と拡大はもともと対立の関係であり、拡大は放大、延伸、拡張の意味であるが、縮小は圧縮、集中、収縮の意味である、両方は定義上に差が大きくて、完全に独立しているが、日本は両方を完璧に結びつけた。

日本は海に囲まれて、資源が極めて不足である。大昔時代、日本は自分より強い古代の中国及び欧米などの現代化国家に面するときに、終始に危機感を持っているから、いつも大きくと強くなりたいし、いつも大日本帝国になり、東アジア共栄圏を建てたいと思っている、こういう拡大の性格はいつもこの民族に伴っている。しかし、資源などの先天的な不足によって、日本は縮小という課題に努力しなければいけない、考えてみると、38万平方キロの土地に約1.3億人が生活しているから、資源が非常に不足だろう、長期的に資源不足のために、日本人は全てのものを簡素化と縮小した、日本民族は自分の縮小性格によって、絶えずに精微細小な製品と技術を開発と研究したので、次第に小が大に勝つという強い競争力を形成して、最終的にスーパー経済大国の夢を実現できた。本稿では日本民族の拡大と縮小という二重性格がいろんな方面での体現を比較することによって、矛盾心理から日本文化に与えた影響を分析してみる。

1 日本人の「小」を尊ぶことの体現

1.1 日常生活

日本の縮小意識が日常生活での体現を言えば、日本の弁当、人形、扇子などを連想できる、ここでは、私たちは日本の特色にあふれている弁当、人形、扇子、文庫本によって日本人は「小さい」を尊ぶという民族性格が日常生活上の体現を重点的に分析してみる。

1.1.1 弁当

実は日本の弁当が中国の「盒饭」であり、日本では千年以上の歴史を持っている、最初に弁当は「携行食」と呼ばれたが、幕府時代の末期に次第に今日の弁当の基本形態になった。今の日本はもう経済が非常に発達な国家であるが、弁当を持って仕事、学校へ行く人がまたたくさんある、原因を追求すれば、弁当の中で日本のたくさんの文化を含んでいる。

弁当は日本の特色にあふれている飲食文化である、弁当を作る人は食べ物を小さい弁当箱にいっぱい入っているが、食べる人は美食を楽しむ時に、弁当を作った人の気持ちも享受できた。その中の小さい弁当箱は縮小文化の表現である。人々は食べたいものをすべて弁当箱に入れて、隙間がないように詰める、弁当箱が小さいから、携帯に非常に便利である、食べ物は小さい弁当に入れられる時に、人々はただ食べ物の量だけを追求しているではなく、更に食べ物の品質も追求している。日本では、たくさんの女の子は愛する男の子のために弁当を作るし、たくさんの妻も愛するの夫のために弁当を作るし、たくさんもママも愛する子供のために弁当を作っている、人々は食べ物を弁当箱を入れるとともに、自分の深い気持ちも縮小して弁当箱に入れた。その以外に、弁当箱上の図案も縮小文化の反映である、弁当箱の上に、桜などの日本の特色がある植物もみえるし、富士山などの日本の特色がある観光地もみえるし、ドラえもんなどの日本の特色があるアニメキャラクターも見える、日本人は全ての日本の特色文化を弁当箱に縮小したと言える。

1.1.2 人形

人形は伝統的な日本文化であり、それはいろんな人物をもとのままに模倣して制作した真に迫る小さい模型である。日本では人形の歴史が長いし、種類も非常に多い。たくさんの人形の中で、いちばん日本特色があるのは小型圧縮技巧で制作した女の子の人形である、こういう人形が制作の初期に、人々は手と足を省略して、ただ頭と体だけを残る、余計なものを取り除いたので、人形が簡素化されたし、ちょうどこの原因で、人形の制作過程に更に多い想像の空間が出てきたので、人形は人々の意識によっていろんな生き生きとしている人物模型に変われる。人形に「縮小意識」はただある部位の「縮小」に反映したではなく、人々は縮小を実施するように導いた。これは人形の髪にも反映している、「一般的に女の子の人形の髪は稠密であり、上に装飾品もたくさんある、それは髪を重点とする人形である、人々はいろいろな髪飾りを人形の頭に飾り付ければ、数十種類の違うの女の子の人形が出てくる。ここでは、人形から示してきたひとつのポイントに集中するという集約性も見えた、集約も縮小文化の一つであり、日本人は省略を強調するとともに、典型的な集約性も強調している」[1]

1.1.3 扇子

扇子によって日本人の縮小意識を簡単と直観的に反映できる。団扇が中国と韓国から日本に伝わったが、団扇に対して日本は大きいに変更し、それに基づいて日本人は扇子を発明した。「日本京都の広隆寺で中国の団扇を珍蔵してあり、言い伝えでは聖徳太子の遺物だそう。聖徳太子は日本唐風文化の創始者であり、聖徳太子から日本は中華文化を全面的に勉強し始めた。団扇は当時中国風俗文化として日本に伝わったと思う。しかし、団扇が日本に伝わられたら、やがて日本の工匠は使いやすい扇子を発明して、北宋時期に中国に伝わってきた。団扇から扇子まで、大きさが縮小されたし、手で握やすくなった、扇子が折り畳またら手で握られるから便利である。また、日本では扇の縮小に招致、集合の意味も含んでいる、日本人は外部の事物を招致して、自分の世界に入れるという考え方が完全に団扇に反映している。

扇子の以外に、日本人は折り畳めの概念は更に多いものにもたらしてきた。時代の変遷によって、日本人の縮小意識がまったく変わってない、1950年、日本人は世界上はじめての折り畳め式の傘を発明した、80年代、日本人は更に傘を世界上最も短い、もっと収納しやすい三段式の折り畳め式の傘に改造した」[2]、扇子と同じように、日本人は絶えずにある事物を縮小と変革している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接