浅谈七夕在日本的受容与变迁毕业论文_日语毕业论文

浅谈七夕在日本的受容与变迁毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本有很多的传统节日。其中,女儿节和盂兰盆节每年都举行盛大祭祀仪式, 但是同样身为传统节日的七夕却没有这样的待遇。本文从七夕在日本的变迁和受容这一角度,对七夕在日本衰退的原因做初步的探究。

七夕在奈良时代传入日本,最初只是天皇与贵族等上层庆祝的节日。到了江户时代,平民百姓也开始举行庆祝仪式。明治时期,由于政府废除了“五节句”,七夕随之衰退,现在仅成为地方性商业文化或学校文化的一部分。

从七夕在日本的受容和变迁来看,日本文化的特征之一是将外来文化与本土文化相结合这一点。

关键词:七夕;乞巧节;变迁;衰退

目 次

はじめに 1

  1. 七夕の起源と伝入 3

    1. 七夕の起源 3
    2. 七夕の伝入と受容 4
  2. 七夕の変遷と廃止 7

    1. 七夕の変遷 7
    2. 七夕の廃止及び原因 9
  3. 七夕の復帰 11

    1. 現在日本各地の七夕祭り 11
    2. 七夕の復帰と変容 12

おわりに 14

参考文献 16

謝 辞 18

はじめに

日本では、いろいろな伝統的なお祭りがある。「雛祭り」、「お盆」、「七夕」などはその伝統的なお祭りの一部分である。「雛祭り」と「お盆」は、現在の日本でも毎年盛大な行事が行われている。しかし、現在の「七夕」はもはや「お盆」や「雛祭り」のような伝統文化として盛大に行われている主要なお祭りではなくなったのである。そのため、筆者は「どうしてお盆や雛祭りなどのお祭りはまた毎年盛大に行われているが、七夕は衰退してしまうのか」という問題を検討してみようとした。

学者たちはこれまで一貫して七夕の変遷の研究をしてきた。七夕の伝入について、多くのものは日本に最初の乞巧奠が行われたの時期は奈良時代であると思っている。しかし、管紀龍、金小林(2005)は七夕が日本に伝入した最初は江戸川時代であると考える。七夕の受容では、任敬軍(2012)は中国から伝えられた七夕が日本固有の「竹崇拝」と結び、「竹」を主役にする七夕となることになるという観点を持っている。王岩(2012)と畢雪飛(2012)は日本の七夕が中国の七夕と日本固有の「棚機」の結晶と考えている。七夕の変遷について、王岩(2012)、畢雪飛(2012)、管紀龍、金小林(2005)などの多いのものは奈良時代天皇と貴族は昼間に相撲を鑑賞して、夜はたなばたの宴を行われていたと考えている。平安時代に入ると、乞巧奠は依然天皇と貴族の間だけの行事として行われていた。江戸時代になり、「五節句」の成立によって、「七夕」は庶民の広まることができた。これより、七夕行事も日本全国の人に盛大に行われていて、「七夕」は全盛期に入るということになった。明治時代に入り、政府は西洋の制度を導入し

て、近代化を進めることによって、「五節句」を廃止することになった。「七夕」は重視されていない状態となって、衰退している。このあと、大正時代に短期の「七夕の復興」を通じて、今日の「七夕」は天皇や貴族、将軍を主役に行われている公式行事という立場を一変し、だんだん商業化になってきた。李小嬌は現在日本の七夕はがすでに商業化になるあるいは幼稚園、小学校と中学校の教育イベントとして存在していると出張する。徐艶(2012)は「中国の七夕と日本の七夕の区別」という点から研究を進めている。

本稿はまず「七夕」の歴史を遡って、「七夕」の受容と変遷を明らかにしたいと思う。そしてそれに基づいて、かつて「隆盛」だつた「七夕」は近代以降伝統的祭の枠から姿を消し、「衰退」する過程、及びその原因を考察する。最後は、現在日本各地の七夕の状態を研究したいと思う。

1 七夕の起源と伝入

七夕の起源

辞書によると、「たなばた」は二つの意味があります。「棚機」と「七夕」である。「七夕」は「旧暦七月七日に織女星と、牽牛星をまつること。また、その行事や、織女、牽牛の両星。この夜、空の川の両岸にに現れる牽牛星と織女星が、カササギの翼を延べて橋とし、織女が橋を渡って相会うという中国の伝説が広く行われたもの。また五節供の一つとして、同夜、庭前に供え物をし、葉竹に五色の短冊などを飾りつけ、子女が裁縫や書道など技芸の上達を願う祭。もと宮中の節会として行われていた中国乞巧奠の行事と、在来の棚機の伝説が結びついたもの。以上の行事とは別に、日本の農村では広く七夕を盆の一部と考えており、精霊様を迎える草の馬を飾り、水辺に出て水浴を行ない、墓掃除、衣類の虫干し、井戸さらえなどをする。」のである。1

七夕は元来、中国の行事であったが、中国での行事であったものの七夕が奈良時代に日本に伝わり、七夕伝説は『文選』の中の漢の時代に編纂された「古詩十九編」が文献として初出とされ、南北朝時代の『荊楚歳時記』、その他「史記」等の中にも記述がある。『荊楚歳時記』の第二十七章には「七月七日,为牵牛织女聚会之夜。按:戴德《夏小正》云,是月织女东向,盖言星也。《春秋运斗枢》云:“牵牛,神名略。”石氏《星经》:“牵牛,名天关。”《佐助期》云:“织女,神名收阴。”《史记·天官书》云,是天帝外孙。傅玄《拟天问》云:“七月七日牵牛织女会天河。”此则其事也。河鼓、黄姑,牵牛也,皆语之转。七月初七日夜晚, 是牵牛织女团聚相会的时候。按语:戴德的《大载礼记·夏小正》说:这个月织

1 日本国語大辞典 第二版 第八章 P1039-P1040 株式会社 小学館 日本国語 第二版編集委員会 小学館国語辞典編集部

女朝向东方,是指(织女)星说的。《春秋运斗枢》说:rsquo;牵牛星,神名叫略。”石氏

《星经》说:“牵牛,星名天关。”《春秋佐助期》说:“织女星,神名叫收阴。”《史记·天官书》说,织女是天帝的外孙。西晋文学家傅玄《拟天问》篇说:“七月初七日夜晚,牛郎织女在天河相会。”这就是牛郎织女七夕相会的故事了。河鼓、黄姑、都是指的牵牛星,那是语音转化的原故。」と書かれている。1

日本語「七夕」の語源は「古事記」でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネがきたおりに詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)、または「日本書紀」葦原中国平定の 1 書第 1 にある「乙登多奈婆多」に因ると言われている。

七夕の伝入と受容

一方、「棚機」というのは「棚すなわち横坂のついた織機」であり、日本には古来からの棚機津女信仰を指している。それは、水辺で神の衣を織りながら神の訪れを待ち、やがて神の精を妊み神の妻となる巫女である。中日交流の早期である奈良時代に、日本は当時中国の紡織技術を学ぶところで、中国の七夕が日本に伝えられた。日本在来の棚機津女信仰は中国から伝えられた七夕伝説と習合し、「棚機」を「七夕」と書くようになった。今の「七夕」が「たなばた」と読むのはこのためである。折口信夫も「たなばたの供養」の中で「古代には、遠来のまれびと神を迎え申すとて、海岸に棚作りして、特に択ばれた処女が、機を織り乍ら待って居るのが、祭りに先立つ儀礼だったのである。此風広くまた久しく行はれた後、殆、忘れはてたであろうが、長い習慣のなごりは、伝説となって残って行った。其が、外来の七夕の星神の信仰と結びついたのである。」と述べた。2

1 宗懔 『荆楚岁时记』[M] 北京 ft西人民出版社 1987

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接