箸のタブーから見る中日文化の違い毕业论文_日语毕业论文

箸のタブーから見る中日文化の違い毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文是一篇由吃饭时的筷子使用“礼仪”(礼仪作法)以此来考察日本的食文化的论文。筷子在东亚是被广泛应用的食器、道具之一,但日本拥有在其他国家看来独特的筷子文化,例如、一个家庭内筷子不共用等等, 筷子的礼仪也被详细地规定了。本文从吃饭时使用的筷子“礼仪”(礼仪礼法)方面考察日本的食文化。

本文以筷子的礼仪为中心分为四章叙述。第一章,比较日中韩筷子的起源和特征等,指出日本筷子的独特之处。第二章讲述了礼仪和禁忌本就是与某些东西的相关联的,国家不同筷子使用的规则也不同,在这些国家中,日本有被称为“嫌筷”(筷子的使用禁忌)的筷子使用方法,这种筷子使用方法相关的吃饭方法被世人广泛认知。

第三章从筷子的拿法、筷子的用法两方面详细介绍了关于在日本作为礼仪差被嫌弃的“嫌筷”。最后一章从中日筷子文化和食文化相比较方面考察了日本的筷子文化和食文化。

关键词:筷子;礼仪;嫌筷;食文化

目 次

はじめに 1

1 日本の箸の種類と特徴 2

1.1 箸の起源と各国の箸 2

1.2 日本の箸の種類と特徴 3

2 「箸のマナー」とは何か 5

2.1 マナーとタブーの定義 5

2.2 各国の箸使用法とマナー 6

2.3 「箸の作法」と「嫌い箸」 7

3 「嫌い箸」にみる日本のマナー 8

3.1 持ち方に関するマナー 8

3.2 使い方に関するマナー 10

3.3 その他の箸のマナー 14

4 日本の箸文化と食文化 15

4.1 中日にみる箸マナーの違い 15

4.2 箸のマナーが共有されている理由 16

おわりに 17

用語索引 18

参考文献 20

謝  辞 21

はじめに

食事に用いる「箸」は、日本、中国、韓国(朝鮮)、べトナム、タイなどの東アジアに広く分布している。箸を使用して食事をする人は全世界の人口の約3割、ナイフ、フォーク、スプーンなどのカラトリーを使用する人は3割、残りの4割が手などを用いるという[1]。この違いは、食物や調理法の違いに基づくもので、東アジアでは米や麺を主食とするため、箸を使う食べ方(箸食)が発展したといわれている。

歴史的に見ると、箸は中国がその起源で、日本の箸は中国からもたらされた[2]。そして箸は、二本の棒を組み合わせた小さな食器にすぎないが、国によって使用法が異なり、箸にかかわるマナーやタブーも異なり、それぞれの箸文化がある。たとえば、日本では食事において各人が使う器や箸が固定化している「個食文化」であり、これは他の国には見られないものである。また日本では、茶道における懐石などの伝統から、箸の扱い方や接し方にも独特のものがあり、箸が単なる食べ物を運ぶ道具としてだけでなく、精神的なものまで繋がるものとして存在しているという指摘がある。[3]

箸はその発生から長い歴史の中で各国それぞれの文化が形成されてきた。本稿は、食事をする際に用いる箸使いのマナー(礼儀作法)から、日本の食文化を考察する。

1 日本の箸の種類と特徴

 1.1 箸の起源と各国の箸

「箸」は、日本をはじめ中国、韓国(朝鮮)、台湾、香港、ベトナム、ラオス、カンボジア、モンゴルなど、東アジアの多くの国で広く用いられている。その起源は中国で、中国文化が周辺に影響力を及ぼすとともに、他の国でも使われるようになり、箸食が定着していったといわれている[4]

 食器としての箸は、二本一対になった棒状の簡単な道具にすぎない。しかしよくみると、箸の材質・形状をはじめ、使われ方も各国で異なる。まず、その違いを日本、中国、韓国(朝鮮半島)の比較で概観してみよう[5]

中国では、箸は“筷子”(kuaizi)と書く。日本で使う「箸」(筯)の字が現在でも用いられることがあるが古語である。“筷”の文字には古い伝説がある。昔、中国の渡し船の船頭が、“住”(「止まる」という意味)と同じ発音の「箸」を嫌って、「早い」という意味の“快”を用い、それが“筷子”になったというものである。

箸の材質は、普通は竹や木やプラスチックのものを用いる。最高級のものは象牙製である。形は円柱や四角形の寸胴型で長く、先端が丸く、尖っていないのが特徴である。スープなどは陶製の匙であるレンゲ(調羹)を使う。テーブルに箸を配膳したり、食事中に置いたりする時は、手前から見て右側に縦に並べる。

 韓国の箸は、かつての王族などが金属食器を使ったという名残から、今日、一般的に使われているのはステンレス製である。最高級のものは銀製である。銀製だったのは、銀が砒素などと反応するため、暗殺を防止するためだったという。形状は、細く、短く、薄く、平らなのが特徴である。韓国では、匙と箸を合わせて「スジョ」(匙箸)と呼ぶことからわかるように、食事では匙が主で、箸は従である。米を主食としているが、ご飯は匙を使って口に運ぶ。箸の置き方は中国と同じで、右側に縦に並べる。

 1.2 日本の箸の種類と特徴

 日本の箸はどうか。中国や韓国と比べるとかなり異なる。

まず箸の語源については諸説あり、定説はない。「語源由来辞典」によると、「挟む」(はさむ)という機能に由来する説、「端」でつまむことから来たという説、橋や柱などの形状の連想からという説、もともとは一本の棒を折り曲げて使い、その形が鳥の「嘴」(くちばし)に似ているため語源となったという説などがある。

日本の箸は、古くから木製が主流で、漆や合成樹脂を塗っているため「塗り箸」(ぬりばし)とも呼ばれる。木に次いで竹製が使われる。中国の箸に比べると短く、先端が細い。これは、魚を食べる際、骨と身を選り分けやすくするためである。今日では、プラスチック製も見られる。また、割れ目の入った部分を使用時に二つに割って使う「割り箸」(わりばし)もある。これは使い捨て用の安価な箸で、食堂や弁当用である。ただし割り箸の使用はゴミを削減するという理由から近年、激減している。

 そして日本の箸で特徴的なのは、家庭では各人専用の箸があることである。

家族全員は自分の箸を持ち、夫が妻の箸を使ったり、妻が子供の箸を使ったりすることはない。そもそも男性、女性、子供の箸の寸法が異なる。日本では、使いやすい箸の長さは「手の長さ+3センチ」だと言われているため、標準的な女性の箸は男性のものに比べて一回り小さい。子供用の箸は、成長に合わせて長さを変えていく。また日本では、箸を使用しない時に保管する「箸箱」がある。箸を運ぶ際に箸箱に入れることもある。

箸が個人の持ち物であったためか、日本の箸は素材や塗装も吟味され、非常に贅沢に作られてきた。蒔絵(表面に漆で文様を描き、金属粉などを付着させたもの)、螺鈿(貝殻を薄片にして木地のにはめたもの)、堆朱(漆を塗り重ねて文様を彫刻したもの)などの箸が日常的に使われている。

箸の置き方は、中国や韓国と違って、箸は手前から見て水平に置かれる。使用法では、食事では箸だけを使う。中国や韓国では、箸と匙を併用するが、日本では味噌汁などの汁物でも箸だけを使い、匙は使用しない。このため、汁物の椀は手に持って口に運ぶ。主食のご飯の椀も手に持つ。これは日本独特のものである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接