浅谈中日色彩语“紫色”的不同毕业论文_日语毕业论文

浅谈中日色彩语“紫色”的不同毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

颜色是人类离不开的重要要素之一,在历史长河中扮演着彩饰文化的重要作用。中日文化一衣带水,自汉朝以来便有着一定联系,日本的色彩文化受到中国古代色彩文化的影响清晰明显。众多色彩中的紫色,无论东西方,紫色如今都被认为是高贵而神秘的颜色,在中国, 紫色地位起起落落,孔子时期曾被视为鄙俗之色,而在日本却一直尊为帝王紫。与中国历来盐的精贵相反,文化文政时期的日本因酱油色似暗紫色,因此比盐精贵7 倍左右,并美称为

“紫”。语言表现上有中文的ft清水秀和日语中的ft紫水明相对应。同样的紫色,中日有异有同,从同一文化走向分化走出各自的特色。

本稿首先对紫色的相关发展以及在色彩中的地位来对紫色进行全面深入的了解,再通过对中日两国对紫色文化以及紫色言语的异同两方面来分析,最后得出结论。更加全面的研究

“紫”。

关键词:紫色;日本;中国;色彩文化;色彩语言

目 次

はじめに 1

  1. 紫について 3

    1. 紫の発展の歴史 3
    2. 紫が色彩中での地位 5
  2. 文化から見る紫 7

    1. 中国での「紫文化」 7
    2. 日本での「紫文化」 9
    3. 中日の「紫文化」の相違 11
  3. 言語から見る紫 12

    1. 中国語における紫の特有な表現 12
    2. 日本語における紫の特有な表現 15
    3. 中日の「紫表現」の相違 17

おわりに 19

参考文献 20

謝 辞 21

はじめに

色そのものが世界での美しい存在であり、重要な役割を果たしている。しかし、同じ色の感じ方や意味は、国によっては違う場合がよくある。例えば、中国の春秋時代に紫は卑下の意味を持っていたから、「悪紫」と呼ばれた。一方、日本では古代から紫はずっと高貴のシンボルとして皆に知られていることである。紫はかつて飛鳥時代に冠位十二階の一番として最高の色を代表していた。

ただ一種の色を通じて、一族から国にいたるまでの文化が反映することができる。中日文化は一衣帯水、漢代以来繋がりがあって、日本の色彩文化は古代の中国色彩文化から影響を受けた。なぜ後期の紫はそんなに大きな地位差があるのだろうか。それは、日本と中国後期の言葉でも、文化でも、各自の特質を持って、違い方向へ発展した。色自身として、歴史の移り変わりにつれて、豊富な心理的や文化的や社会的など意味を与えられたからである。それにしても、中国と日本の紫について、具体的な文化方向がどんなに発展しているか、差はどのように反映しているのだろうかなどの疑問を考察してみたい。

また、色彩語は一種の記号システムとして、とりどりな大自然を表現することだけにとどまらず、社会文化の特徴や人の認識や情感的な心理活動などを反映できる。同じ色が違う言語に意味と使い道も同じではないだろう。さらに具体的な使用は必ず言葉の文化や伝統などに基づき、その本質を把握できるだろう。

そのほか、色彩の表現は必ず言語を通じて、様々な意味あるいは特有な境地などを感じ取ることができる。そのため、言語から見る紫の特有な表現も大事なことである。色は違う国の言葉に違う形で反映されている。日本では色彩語についての研究が豊富であるが、普通はシステムアプローチで、細部が曖昧すぎた。一方、中国でそれについて、研究資料は研究資料はちょっと不足で、システム化足りないだろうと考えている。今回、色彩語の

研究資料を参考して具体的な紫についての特有な表現を加えて紫の文化特徴、全面的な紫の論文を書きたい。文化と言語表現の互い影響を考察してみた。

また、本論文は以前の研究法と違って、単純な文化から紫を研究ではなく、言語表現を加えて、新しい点に着眼している。

1 紫について

    1. 紫の発展歴史

      1. 中日古代の紫

本論文での中国の古代というのは、アヘン戦争までのことを指している。

「色を表す色彩語は、その形成と発展は独特である。古代漢語には、わざわざ色を表す言葉は一つもない。つまり、古人はまだ自然界の色に言葉を造っていなかった。」1

古代の中国文化は黄河流域で発展して以来、天、神様と神話は主な色彩意識の源である。紫の神秘な美意識がその時代からだんだん形成していた。

戦国時代に有名な五行思想は形成した。それに相応するのは五色説である。戦国後期になると、五色説から発展している五種の複雑中間色相—「紺、緋、縹、紫、流黄」である。紫は特有な特質を持っているから、当時社会での激しい世論に込まれていた。それにしても、禁止されるものは逆に魅力にあふれるから、紫自体は急速に発展している。

紫に対して、孔子をはじめとする儒家は強力に批判した。歴史の移り変わりにつれて、漢代と唐代になると、紫はまた流行色に戻った。さらに高貴な象徴になっていた。その現象は清代まで継続していた。

一方、日本の古代というのは、本論文では日本明治維新までのことを指している。

日本の上古時代は紫という色はまた出現していなかった。あの時、色彩に対しての感じは主に生と死を巡っていた。

奈良から平安時代にかけての古代の紫の系統が8 種と言われている。主な色調は多色と風雅さである。紫はその時から価値の印として、高貴なシンポルである。さらに、その時の紫は歴史で高貴のシンポルと美しさの最高代表である。

1 杨著清 日汉颜色使用研究[D] ft西大学 2007 P3

鎌倉時代になると、戦乱や政権交替が繰り返され、人々は世のはかなさを実感していた。武士階級の進出時代を告げ、平安時代の風雅な色調はだんだん鮮明的な色彩に代われた。そのため、明らかな紫は多かったそうである。

中世の紫は宗教内容を加えて、厳かで静かである。ほぼ仏教の神聖な空気にすっぽり包まれた。

近世は、日本人の色彩美意識はだんだん自然に戻れた。特に、江戸時代の紫は貴族間に絶賛された。おもしろいのは、一般庶民の間では禁止されていたが、自然の美を崇拝してから、紫は皆の好きな色としての存在である。

      1. 中日近代の紫

中国の近代(社会性質で分けて、つまり半植民地・半封建の社会である。)は戦乱であるから、色彩は不安定な雰囲気を溢れていた。飢餓、貧困、危険の前に、何も灰白色まみれである。

一方、日本の明治時代は、文明開化の時代と言われている。明治政府は、日本の近代化が進んでいたため、欧米諸国の制度や技術などを積極的に取り入れた。江戸時代に主流を占めていた渋い茶系統から次第に華やかで透明感のある色調に変わっていく。そして、明治時代の後半には、紫系の色を代表とする中間色相の華やかな色が次第に好まれていくようになるのである。大成時代は、紫系統では、サフラン、紅藤、バイオレットなど、明るく鮮やかな色が好まれた。

      1. 中日現代の紫

現代の都市生活には、あらゆる色が氾濫している。中国でも、日本でも、紫の使用は十分自由である。

例えば、日本で紫はある特定の服に限定されないで、日本の中学生の制服もいつも紫を

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接