关于シテイル的用法和对应中文的研究毕业论文_日语毕业论文

关于シテイル的用法和对应中文的研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

シテイル是日本语言文化的重要的一部分。在当今社会,对于日本语的研究中,シテイル的必要性在不断地飞速增长着。

本论文中,主要对シテイル的两个方面的问题进行考察。首先是シテイル的使用方法的分析,其次是シテイル和中文中“着”“了”“在”的微妙的对应意思。

具体从以下几个方面进行了论述:

首先,简单地介绍论点提出的原因和动机;然后介绍了シテイル几种基本和常用的用法以及シテイル的拓展用法;最后着重研究シテイル和中文中“着”“了”“在”的微妙的对应意思。

最后,是对整篇文章研究内容的总结和概括。

关键词:持续性 翻译方法 中文

目  次

はじめに 1

1、シテイルの基本的な用法 2

1.1動作の進行 2

1.2変化の結果の継続 3

2、シテイルの派生的な用法 4

2.1繰り返し 4

2.2経験と経歴 5

2.3関係を表す動詞として 6

2.4引用を表すこと 6

3、シテイルと「着」「了」「在」の対応関係 7

3.1「着」に相当すること 7

3.2「了」に相当すること 8

3.2.1動詞+了 9

3.2.2動詞+補語+了 10

3.2.3動詞+得+補語 了 10

3.2.4形容詞+了 11

3.2.5形容詞+了起来 11

3.3「在」に相当すること 11

3.3.1、副詞の場合 12

3.3.2、介詞の場合 12

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

現在の日本語学術研究におけるシテイルの必要性は飛ぶように増加し、多くの専門家は熱中的にシテイルを研鑽している。

本稿では、シテイルに関する二つの問題を考察する。

一つは、シテイルの使い方の分析である。シテイルは一般的に「動作の進行」「変化の結果の継続」と考えられている。しかし、実際には「繰り返し」「経験」「経歴」などの派生的な使い方も存在している。このようなシテイルの用法の分析が第一の問題である。

第二の問題はシテイルの対応する中国語に関することである。普通にはシテイルの対応する「着」「了」「在」の三つが考えられている。本稿では、中国語の「着」「了」「在」と対応する日本語文章の中のシテイルを研究し、日本語と中国語の対応関係を明らかにするつもりである。ある場合には、その三つの意味や用法の判断が困難である。簡単な例を利用して、本稿はパーフェクトを表すと思われるシテイルの中国語の訳明方を説明する。シテイルの対応する中国語は何かが第二の問題として考察する。

1、シテイルの基本的な用法

シテイル文型は、誰もが知っている用法で、普通には「動作の進行」や「変化の結果の継続」で、その二つはシテイルに使われる動詞の分類によって決まる。

1.1動作の進行

シテイル文型の核心的な使い方として教えられている「動作の進行」が現れるのは、以下の文章に体現された。

木村さんは今日の新聞を読んでいる。

佐藤という運転手はタクシーを全速力で運転していて、交通信号を無視し、橋を渡っている人に重傷を負わせた。ポリスは、佐藤を犯罪者として刑務所に拘留した。

その例は、個別的なできごとが具体例としてのべられている例である。その場合、シテイル文型を利用することによって、できごとの進行を詳しく反応している。

「動作の進行」というのは、目の前にそのできごとが展開していて、ある動きが行われていることを表す用法である。小説などできごとの描写を主とする物語文では、あるできごとが眼前で展開することを表す必要があり、「動作の進行」が大きな部分を占める。

けれども、論説文は普通的抽象的なことがらを表すことを本分とし、眼前に起きているできごとを表す必要があるのは、ここに挙げたような個別的なできごとを具体例として述べる場合に限られる。

また、「動作の進行」はその動きが終了するともに消える。つまり、動きに従属したものである。

一方、シテイル文型の「動作の進行」以外の用法は動きが終了した後に起こるものであり、動きからは独立していると言えよう。つまり、「動作の進行」はそれ以外のシテイル文型とは異なった性格を有している。

論説文で、一般的に抽象的なことがらを表す場合には、動きの描写を必要としない。このため、動きに従属した「動作の進行」は、個別具体的なできごとを表すところ以外では現れにくいということになる。

1.2変化の結果の継続

「木の葉が落ちている」が結果で、「テレビを見ている」が進行である。しかし、シテイルの機能は結果と進行だけでは充分に説明できないところがかなりある。

たとえば、「愛してる」「知っている」「心配している」「住んでいる」「結婚している」など、結果なのか進行なのか判断が困難である。それに、日本語勉強の参考書でも参考書によって扱い方が違っている。

さらに困難なのは、シテイルが結果ないし、進行を表すというだけでは、「私は知る」は通常使えなくて、「私は知っている」と言わなければならないとか、また「住む」はではなくて、「住んでいる」を使わなければならない理由を説明できないことである。シテイルの基本的な機能が結果と進行であると言う出張はかなり疑わしいと考えている。

「動作の進行」「変化の結果の継続」の二つのタイプは、文脈によって、または伴なわれる副詞によって変化動詞が進行を表したり、動作動詞が変化の結果の継続を表したりすること。たとえば:

この木の葉がひらひらと落ちている。(変化動詞が「動作の進行」を表している場合。)

暑いのだろうか、ドアを大きく開けている。(動作動詞が「変化の結果の継続」を表している場合。)

それに、「やせている」のように、形容詞相当のはたらきをしているシテイル文型がある。次に、「すぐれている」「そびえている」など、シテイルの形しか取れないものがある。それから、「意味する」「異なる」などスルでもシテイルでも意味に差がない動詞がある。論文などで他人の説を引用する場合には、普通シテイルの形が使われる。

2、シテイルの派生的な用法

シテイルの基本的な用法を「動作の進行」「変化の結果の継続」として表現するということは、多くの場合に大きな意味を持つ。

普通では、中国人日本語学習者が基本用法の第一に「動作の進行」を挙げた。その上、、「変化の結果の継続」も重要な用法の1つに挙げていた。実はそのほかに、「習慣」「繰り返し」「単なる状態」「経験」「経歴」など学習したとおりの回答も見たれた。

しかし、シテイル文型について、次のような点についてはあまりきちんと教えられていない。

つまり、シテイルというアスペクト形式の意味は、「動作の継続」であれ「変化結果の継続」であれ、「継続性」であるが、派生的意味としては「パーフェクト」、「繰り返し」、「単なる状態」などがある。そして、この分類の中には、変化結果の継続を広い意味でのパーフェクトー「状態パーフェクト」とも見ているので、シテイルの多義的なあり方は次のようになる。

また、「繰り返し」、あるいは「経験」「経歴」はかなりの程度言い換えが可能である。言い換えでも意味はあまり違わない。

2.1繰り返し

日本語教育ではシテイル教える時、次のような例文を使うであろう。次の「起きている」「走っている」「かいている」「行っている」は「繰り返し」を表いている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接