从“流行语”比较当今中日文化毕业论文_日语毕业论文

从“流行语”比较当今中日文化毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

现代汉语中从日语舶来的词语非常之多、同时日语中从西方舶来的外来词充斥的状况也愈加严重、观彼鉴此、我们应该从日语的“堕落」中学点什么、如何在学习他人的同时保持自己的独立性是保持汉语纯粹化的一个课题。再怎么学习外语、也不能把我们自己的语言变得更糟。

关键词:流行语;特征;时代;语言

目  次

はじめに 1

1 中国の流行語 2

1.1 特徴 2

1.2 ここ数年来発展する過程と伝播の道、出所、社会の効果と影響に対して 3

1.3 未来の発展の勢い 4

2 日本の流行语 6

2.1 特徴 6

2.2 ここ数年来発展する過程と伝播の道、出所、社会の効果と影響に対して 8

2.3 未来の発展の勢い 9

3 中日の流行語の比較 11

3.1 同じと異の特徴 11

3.2 影響、道、効果、発展の中の共通点と相違点 13

3.3 中日社会の特徴の中の共通点と相違点 18

おわりに 21

参考文献 23

謝  辞 24

はじめに

「流行語」は1種の語彙の現象である。研究の角度から言って、1種の語彙の分類が研究するのである。流行語、1種の語彙の現象にして、ひとつの時期1つの国家、1つの地区人々の広い関心の問題と物事を反映できた。 異なる時期に異なる流行語があって、異なる流行語は社会の1本の敏感な神経にして、社会の変化を反映できる。

「流行語」は人々の思想の解放に公示した。「流行語」は社会の進歩に公示した。「流行語」は人民群衆の主体の地位の引き上げに公示した。流行語の本質の特性は「流行っている」で、そのため流行性は流行語の本質の属性である。

そのため、「流行語」は中日の文化を比較する1つのとても良い角度を研究するので、一定の時代性をも明らかに示すことができる。

1 中国の流行語

1.1 特徴

ここ数年来、流行語は庶民が生活することに影響する同時に、1種の言語の現象にして、いろいろな言語学者達の関心も引き起こして、たくさんの討論の流行語の文章が現れて、たとえば劉大為『流行語の隠喩性語義の汎化』、孫曼皆『北京の流行っている語句と現代の北京都市の文化』などである。学者にすでにこの方面の字典の辞書を編纂したようにもある、たとえば月曜日の人民『北京の近代的な流行語』と亢の世勇『最新の流行語の小さい辞典』、夏中華『中国の現代の中国語の流行語の全覧の2006』「しばらく有名な」は上海学林出版社の出版である。これらの成果は、流行語に対してすでにでいろいろと広く深く研究して、その発生、発展、隠退する過程、私達について全体の言語の体系の発展ある程度啓発を研究すると表明している。流行語の発展の前途は2つあって、1つは消えてなくなって、すぐ使用の中で淘汰されでいる;二つは受け入れられて、普通語彙に入りでいる。流行語はずっと流行っていなく流行っていることに着いて再び過程で流行っていない動態に着いて、独自の特色を持つ振る舞い力と豊富な内包を体現しいる。流行語は「流行っている」で、それが豊富な語義の内包があるために、人々の文化、認知、心理などの多重の原因を積載することができる。だから流行語の本質の特性が流行性だと言える。普通は、流行語の「流行っている」の過程は比較的に短くて、流行語が1つ時期以降で使う時に、消えてなくなって、もし消えてなくなるならば、この流行っている方面が一定の普遍性に達する時、流行語は普通語彙に入って、言語の中の1つの普通な語句になる。

1.2 ここ数年来発展する過程と伝播の道、出所、社会の効果と影響に対して

ネットの発展に従って、インターネットと私達の日常生活の間の関係は日に日に密接している。ネットの流行語は1つの特殊な語句の群体にして、人々の多くの関心をも受けて、行為の1種の新興の言語の形式は迅速に発展している。ネットの流行語はネットの世論の形成して発展するいくつかの基本的な規則と特徴を当てこすって反映して、学者がまさに指摘したようで、社会の全てのかすかな変化と発展は全て言語の中でおよび時々適切な方法は表している。そのため、ネットの流行語はよくネットの世論の形成して発展するいくつかの基本的な規則と特徴を反映して、そして1歩進んで当てこすり出社会の変遷の中で最も敏感で最も活発な部分である。いかなる1つの新しい語彙の発生はすべて1つの社会と歴史の2重の過程で、その積載した内包と意味の同じく絶え間ない変遷がある。ネットの流行語特にこのようである。いかなる言語はすべて発展して変化していたのである。社会の経済の高速の発展、思想の意識の前例のない活発にさせることに従って、新しい物事、新しい観念、新しい語彙と新しい使用法が大量に大量に出現する。新しい語彙の伝わるスピード、伝播の方向、伝播の範囲は伝播の方法とも変化が発生していである。言語は国家の文化の資源と「柔らかい実力」の重要な構成部分にして、だんだん重視を得て、明らかに社会生活は言語の影響に対してどれだけ大きいことかがある。いくつかの新しい語彙は大部分がキャンパスに出て、学友達と外の世界の交流が強化すると説明して、更に創造能力がもある。キャンパスの新しい語彙は学校生活に更に多彩で、冗談が活発にならせる。社会生活は言語の影響に対してどれだけ大きいことかがある。しかしあれは1つの大きい課題で、恐らくしばらく世界の万事の万物のように直しにくくて、いかなる言語はすべて発展して変化していたのである。ネットの言語はすべきに1つのイベントの場所があって、実践と時間を通るふるい分けること、その中の大部分の非科学的な成分は淘汰して、人々に忘れられて、その中はの部分で保留しておくでしょうることができて、私達の中国語を豊かにする。

1.3 未来の発展の勢い

草の根の心の声に関心を持って、展示は、多次元、多元の文化が多様で、百花斉放、百家争鳴である。まず「流行語」の出所のルートの多様性と多元化である。「流行語」はネットから来たを除いて、またテレビ番組、ニュース事件、歌曲、アニメ、漫画、方言、外国語、古代の典籍あるいは文語などに生まれる。その次に、「流行語」は創造のそして多元化の内容を受ける価値観に富みである。「流行語」は来るのが速くていくのが速くて、社会の文化の多元のとけ合う典型的な反映で、中国語の豊富な文化の内包を体現している。あるもの英中のごっちゃにする形式で多元化の価値観が現れたので、流行なだけではなくて、自信は、自ら努力し励んで自尊心が強いことがで、マイノリティーので、大衆ので、民族の、世界のである。

「流行語」によって、私達は経済発展の態勢、生活する変化の軌道、文化の潮流の走向と人々の価値観の方向をとらえることができる。マスコミの伝播の時代、政府はメディアに十分な自由を広めることをあげであるが、これまで手を放すことをも許さなくなっていなくて、マスコミの伝播の全体的に計画管理することに対して必ず実施することを堅持しなければならなくて、政府とマスコミは新しい形式をインタラクティブである。それでは、「流行語」の同じくずっと政府とメディアを受ける関心、案内と規格、最初のへり式の存在次第にから主流化に邁進して、歴史が積載するもとの主流の文化依然として社会の文化の主導と前衛である。一方、文化は多元はの、開放的で、「流行語」も例外ではない。絶えず流行っていると変化の「流行語」、屈折は人々の異なる時期の価値観の新しい変化を出して、すぐ中国人の生存の状態と社会の現実的な記録になって、文化の中に溶け込んで、濃縮中華民族はすぐ文化の内包と文化の伝承する方向である。

2 日本の流行语

2.1 特徴

日本語の語彙の変遷の1つの重要なマークは流行語の出現である。流行語は政治、経済、文化、芸術などの多い領域で広範に使う言語にあるに1時期して、表現したのはすべてその時の世態の風習である。例えば「ま、いっか」(やめにする)、「だよね」(言ったのもである)など、これらの言語は流行っている前に広範に使う普通な言語にで、しかし、日本が阪神、淡路の大地震と東京の地下鉄の毒ガス事件が発生した後で、これらの言語は歌詞に書き込んで広く伝わって歌って、一晩の間に流行語になった。この流行語は日本社会の安全な神話の消滅を掲示して、その時日本の国民が困惑したことをとしようがない心理状態反映した。

日本語の中の流行語に言及して、私達はまずどうしても「新語」を言わなければならない。いわゆる新語、これまで現れたことがない言語、しかもすべて新語、ほとんど全て近代的な用語集の翌年版の上で記録されている。しかし、いくつかの新語が流行語なるかどうかを判断して、確かに1件の困難な事である。たくさんの人のために熟知してその上頻繁に使って、人目を引いて、これただ1つの重要な基準で、それがすでに「つが黒い」の意味を与えられたことを十分に説明できない。日本自由国民社の組織した年度「日本の流行語の賞付きの試合」は流行語に結論をおりる1つのマークをあげるのであると普通は思っている。実は、比べてどのように流行語が来ると認定して、ある一つの語彙を調べてどんな背景の下で使うべきである更に重要である。1993年の日本、平成の経済の世界大恐慌、国民がずっと経済の回復の徴候が見えないため、そのためその時流行っているこのような1つの語句「リストラ」(構造改革)があった。もしあなたはよく日本語のニュースの話発見を観覧するならば、日本の首相の小泉純一郎は演説をする時、よく「構造改革」のこの語に言及している。しかし、「改革」のこの語彙陰である一層の意味、すぐ改革されたのはある一人だけではなくて、と緊密な関係がある家庭がまだある。だから1つの語彙が人目を引くことを発見する時、その流行っている持ってきた社会の効果を少し考察するのはとても必要があって、流行語が単に言語の問題ではないためである。このように見たところ、流行語はすでにもう流行っていないことしかも自分で消えてなくなる融通がきかない言葉があって、普通語彙になるもあって、登録の日本での国語の辞書は引き続き使う普通言葉になる。要するに、、1つの語彙の変遷とその時代とその時代の生活している人々の間は複雑で入り組んでいる連絡を持っている。再び例を挙げて、日本で、ひとつ人々のあまねく使う語句「OL」(office ladyの略語)がある。この語は20世紀60年代から使って、もっぱら事務室で働く女性の職員を指している。「OL」1963年の11月25日出版する『週刊の女性自身』「日本のつやがある学生のクラブが出版する」のこの雑誌の中で、初めて過去ずっと使った「BG」に取って代わって女性の職員に代わることを指し始めた。「BG」が「商売女」のこのような意味もあるのため、このような意味合いの語句を持って間もなくする東京のオリンピックと日本のイメージ完全にいいえ合って、そのため、日本放送協会NHKは1963年9月に「BG」を言葉を禁じることにすることを宣言していた。この呼応して、『週刊の女性自身』雑誌も社会に公然と募集して「BG」の新しい語彙に取って代わることができて、多い応募する語句の中で、「OL」最高な支持率を獲得して、多数の国民の認可を得て、そのためこの雑誌は決定して、採用「OL」は「女性の職員」の代名詞で、そして11月25日出版する雑誌の上で「OL」から「BG」の詳しい内部事情に取って代わることを公表して、それから「OL」は誕生した。「BG」も1964年に東京のオリンピックの催す翌年全面的に禁止されていた。「OL」誕生今なお、40年余り経験して、そしてとっくに日本の国語の辞書の中で登録して、1つの普通な用語になって、しかしこの時、「OL」の社会の地位とそれの含んだその他の意味も本質的な変化が発生した。

2.2 ここ数年来発展する過程と伝播の道、出所、社会の効果と影響に対して

昭和の初期~昭和30年代の流行語(1926-1965)年昭和の時期に日本は第二次世界戦争を経験して、敗戦して、民主化(1945-1948年)、経済成長、昭和の金融の恐慌などの歴史の時期である。昭和の初期1932年の5月15日は発生して日本の歴史の上でと「称されである515事件」の武政変を詰めていた。政変に武装する時、首相の犬養毅を担当して直面して首相官邸のに突進した。海軍を主とする武装政変軍の時、弱々しくただひと言われた。「せ話ばわかるはが明らかだと言った」殺害された。この事件は日本のをあげである政党内閣は時代句点をかきた。ファッショの政治の体制のある日本だんだん形成してきた。第二次世界戦争が終わった後にこの話は民主主義の手本にして広範に広く伝わって成流行語のためである。この政変を言うことができるのは中日の戦争の上奏文を始めるの前である。1945年の8月15日第2次世界大戦の日本は敗戦した。日本国を挙げて上から下まで恐れ多いである。そのため発生してその時の日本の国民の心理の状態のを反映できた。「えきをえ、びきをび」が要して我慢することを我慢することができない、ながなが我慢することを我慢することができることができる要して我慢することを我慢しにくい。記録して今なお日本の国民の記憶に残すことがまだいである。中の昭和天皇がマイクロフォンに立つ前、現場は自ら日本の国民に敗戦を宣告した。(放送の放送する「お言葉が放送する」の皇帝の演説)。日本の天皇は自ら放送した。これは日本でまだ史上かつてない、だからそれはようやくセンセーションを引き起こすことができた。国家は敗戦した。国家が巨大で強靱な価値観が変化が発生するのだと思ってことがあるを意味している。この流行語は明快である、象徴性はその時の現実を反映して、公私場に関わらず面はみんなはすべてとても直接に「を使いであるお言葉」ことができる「えきを」「難の使う語」、これは日本人の忘れにくい文である。戦争に終わる、日本全国は1面燃やしである焦げる光景であった。それでも、日本人は急速に新しい国家の建設の作業を始めた。戦後に開始の段階再建し始めた。流行語の代表は昭和を数えである22年(1947年)の戦後である。この語はフランス語でから来た、もとは第1次世界大戦が終わるのである。時フランスで流行っている過ぎる用語、フランスでそれはすでに忘れられた言葉であるが文、しかしいつの間にかの中でほど良く日本人に日に利用してなった当流行語になった。それは日本の若い世代すぐ「に対して戦後の派」の行為と価値観の影響はきわめて深遠である。

2.3 未来の発展の勢い

「流行語」によって、私達は経済発展の態勢、生活する変化の軌道、文化の潮流の走向と人々の価値観の方向をとらえることができる。マスコミの伝播の時代、政府はメディアに十分な自由を広めることをあげであるが、しかしこれまで手を放すことをも許さなくなっていなくて、マスコミの伝播の全体的に計画管理することに対して必ず実施することを堅持しなければならなくて、政府とマスコミは新しい形式をインタラクティブである。それでは、「流行語」の同じくずっと政府とメディアを受ける関心、案内と規格、最初のへり式の存在次第にから主流化に邁進して、歴史が積載するもとの主流の文化依然として社会の文化の主導と前衛になる。

3 中日の流行語の比較

3.1 同じと異の特徴

まず、中国の「ネットの流行語」がまだ日本の「KY式の日本語」なのに関わらず、それらはすべてネットでマスコミのために発生したので、多くいくつかの日常の交流の中のためにいつも使って、若い人の間の1種の交流の方法を体現していて、ネットの環境の中でこのような言語を使って最も短い時間の内に最も情報の交流を得る効率があることができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接