日本における人口高齢化について‐‐高齢者犯罪から毕业论文_日语毕业论文

日本における人口高齢化について‐‐高齢者犯罪から毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

人口老龄化对于多生产多死亡,多生产少死亡,少生产少死亡的现代社会来说是一个无法避免的社会现象。人口老龄化和老年人犯罪一起被称为隐形革命,但是,由于人口结构不断发生改变,终究会出现一个让人难以置信的现象。

现在,日本的人口老龄化的增长速度及水平已经成为全世界瞩目的对象了。最近,日本的老年人占总人口的比例已经超过了10%。

本篇论文,将人口老龄化和老年人犯罪这个社会现象结合起来,论述了人口老龄化的定义,日本人口老龄化的现状、原因,还有有关人口老龄化和老年人犯罪的关系等,和人口老龄化实际状况相关的内容。

关键词:人口老龄化;老年人;犯罪

目  次

はじめに 1

1 高齢者犯罪について 2

1.1 高齢者犯罪の定義 2

1.2 高齢者犯罪の現状 2

1.3 高齢者犯罪の分類 3

1.4 高齢者犯罪の原因 3

2 高齢者犯罪と人口高齢化 6

2.1 人口高齢化が高齢者犯罪の一因 6

2.2 高齢者犯罪の影響 6

3 人口高齢化について 9

3.1 人口高齢化の定義 9

3.2 人口高齢化の現状 10

3.3 人口高齢化の原因 10

4 人口高齢化についての提案 12

4.1 高齢者自身に対する提案 12

4.2 家族に対する提案 12

4.3 社会に対する提案 13

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

人口高齢化という社会現象は、多産多死、多産少死、少産少死という人口転換を経験してきた社会にとって不可避な現象である。人口学では、通常、0-14歳の人口を年少人口、15-64歳の人口を生産年齢人口、65歳以上の人口を高齢者人口とみなしている。しかし、この年齢区分については、あまりに恣意的な区分であるとする考え方もある。なぜなら、どうしてこのような区分をするのかという明確な理由がみあたらないからである。

人口高齢化の国際比較をすると、「日本の高齢者人口比率が7%から10%になるまでただ約15年を要するし、またそれが15%になるまでにあと15年しかかからないと予測されているから、これまでの西欧先進諸国の経験と比較して、著しい速さで人口高齢化が進行している。」[1]

日本の人口高齢化は、そのスピードの速さとピークの高さにおいて世界で前例がないほどの進展を示すことが早くから指摘され、労働、雇用、家族、健康、余暇、居住、生活環境、教育、学習、生活観や社会意識、年金、保健医療等の社会保障制度や社会福祉制度など、社会生活の様々な領域に及ぼすその影響に関しての研究があった。本稿に関して、大体次のごとくまとめられよう。林久雄は「日本的社会福祉建設への提言」の中で、高齢者社会への進行の中で、社会福祉制度について研究してきた。菊池芳樹は「人口高齢化の研究」の中で、人口高齢化について、さまざまな問題を論述してきた。

しかしながら、犯罪研究と刑事政策の領域においては、高齢化という観点から犯罪動向が取り扱われるようになったのは最近のことである。

1 高齢者犯罪について

1.1 高齢者犯罪の定義

「高齢者犯罪というのは、概括的に話して、60歳以上の人が実施する犯罪ことである。これは年齢を基準で高齢者犯罪の定義である。高齢者犯罪の定義は広義と狭義二つがある。広い意味で言えば、高齢者が実施する犯罪行為である。狭い意味で言えば、体、心理、社会生活などによって高齢化から犯罪を引き起こすことである。」[2]

1.2 高齢者犯罪の現状

2006年1月29日付け『朝日新聞』朝刊は、高齢者の犯罪が急増し、刑法犯の全検挙人員に占める割合が、昨年始めて一割を超えた(警察庁の統計)と報じている。近年来、高齢犯罪者の増加が著しい。2008年では1999年と比較すると検挙人員では約3倍、犯罪者率では約2.3倍。2009年、65歳以上の高齢者の人口は過去最高の2901万人となり、総人口に占める高齢者の割合は22.7%にまで上昇した。

高齢化社会の国際的指標である高齢人口比(全人口に占める65歳以上人口の比率)7%を日本社会が超えたのは70年であるが、この70年から、60歳以上の刑法犯検挙人員が近年最も高い数値を示した85年までのその変化をみると、7894人から19656人へ2.5倍に増加し、総数に占めるその割合も2.1%から4.5%へと上昇している(警察庁『犯罪統計』)。

高齢犯罪者の生活状況についてみると、過去に前科や受刑歴がある人ほど初犯者と比べ、単身者が多く、親族や親族以外との接触がない人が多い。高齢犯罪者は、約3割が再犯者であるが、社会的な孤立が犯罪を繰り返す要因の一つとなっていることが推察される。

1.3 高齢者犯罪の分類

犯罪動向は、「一般刑法犯」について概観するのが慣例になっているが、これはそれぞれ独自の特徴を有する各罪種の合成なので、犯罪と年齢との関係を「内容的」に把握するには不都合である。そこで、各罪種別に検討することにした、今回取り上げた罪種は、殺人、強盗、強姦、窃盗、詐欺の6種である。

2009年の犯罪白書によれば、最近20年間における、65歳以上高齢者の一般刑法犯の罪名別検挙人員の推移をみると、平成20年の検挙人員と元年の比較では、殺人で約4倍、強盗で約13倍、暴行で約42倍、傷害で約8倍、窃盗で約6倍、遺失物等横領で約14倍にもなっている。これらの数値からは、高齢者の場合、特定の罪種ことが読み取れる。

統計を詳細に分析してみると一般的な犯罪は減少傾向にある。しかし、高齢者に目を向けると異なる現象がみられる。罪種としては万引や自転車盗といった軽微な犯罪が中心であるが、蓄えがなく、引受人もいないため実刑となりやすく、刑務所で人生を終える者も少なくない。

犯罪の動機においても、男女間で違いが見られる。ここでは、多い窃盗での傾向を見てみよう。2008年版犯罪白書において、男性の高齢窃盗事犯者の場合、概して所持金が少なく、生活費に困窮して小額の食料品等の万引に至る者が多かった。また、前科や受刑歴を有する者が多く、職業的窃盗事犯者も一定数含まれており、更生できずに、経済的にひっ迫して犯行に至る場合も少なくなかった。

一方、女性の高齢犯罪者の場合は、生活基盤はあり、生活費自体に困っていたわけではない者が多く、小額の食品等の万引がほとんどで、高齢になって万引を繰り返すようになった者も少なくなかった。切羽詰った状況ではないものの、経済的不安を感じることから金銭を節約しようとして、食料品等の物を盗む傾向が認められた。

1.4 高齢者犯罪の原因

超高齢社会を迎え、高齢者による犯罪が増加している。高齢者による犯罪の増加は日本特有の現象であり、今後ますます高齢化が進むと予想されるなか、その実態や要因を把握し、対策を考えることは極めて重要である。高齢犯罪者の約3分の2は高齢者になってから初めて罪を犯した層(初発群)であり、犯罪の背景には、経済的要因や福祉的要因などに加え、さまざまな要因が複雑に絡んだ上での社会的孤立があることが指摘されている。

東京都警視庁は分析して、「高齢者の数が増え、経済的困難、孤独による窃盗行為ははっきりと見て取れる。大多数の高齢者窃盗犯は金を持っている。人との交流が少なすぎて、窃盗の過程の中で「存在感」を求めての可能性もある。」[3]

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接