中日の伝統婚俗について毕业论文_日语毕业论文

中日の伝統婚俗について毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文从中日传统婚服颜色选择,中日传统相亲文化异同,以及中日古代婚姻礼仪三方面入手,采取文献研究法以及经验总结法通过分析中日传统婚姻习俗某些面的异同,得出以下结论:中国人古来热情,日本人则崇尚质朴的“清明之心”但两国人在重视礼节方面十分相通。

本文第一部分从婚礼颜色的选择方面入手,也是本文的研究之重。中国人偏好红色,婚礼颜色的选择也不例外,中国传统婚礼中红色随处可见。与之相对,日本人的婚礼则偏爱白色。该部分着重研究中国人为何喜欢红色而日本人为何对白色情有独钟。

文章第二部分尝试对比中日古代相亲文化。从中日传统相亲文化的共通点以及不同点两方面分别进行研究。并以相亲中起重要作用的媒人为中心展开。试着探讨中日媒人的选择,媒人的地位等问题,以期简单的分析中日传统相亲文化,并以此得出了不论中国人还是日本人都颇为重视礼节的结论。

文章的第三部分为略写部分,围绕中日古代婚礼礼仪展开,具体而言,探讨了中国古代重视的“六礼”与日本古代婚姻习俗的异同点。

关键词:婚姻礼仪;相亲文化;中日传统文化;比较

目  次

はじめに 1

1 婚礼の色について 2

1.1 中国の「赤崇拝」 3

1.2 日本「白の理想」 4

2 中国と日本のお見合い 7

2.1 中日お見合い文化における共通点 7

2.2 中日のお見合い文化の差異 8

3 古代の婚姻儀礼について 10

3.1 中国の六礼 10

3.2 日本の古代婚礼について 11

おわりに 12

参考文献 12

謝  辞 12

はじめに

中国は世界で最も古い歴史を持つ国の一つである。何千年前から、中華民族は人類の文化の発展に、重要な役割を果してきた。中国の伝統文化はかつて古代東方文化の精神的支柱といわれていた。

日本は中国との文化交流を古来頻繁に行ってきた。いかなる国家、民族、文明の間でも、両方に長所を取り入れ短所を補うことができる。中国文化は、かつて日本に重大な影響をもたらした。

日本と中国はともに漢字を使い、礼儀を尊重するなどの面ではよく似ているが、しかし、同時に、日本文化にも独自の内容がある。本文は中日伝統的婚俗の異同点の比較を通して中国と日本との文化比較を試みたい。

冠婚葬祭と言われる様々な儀式の中で、「婚」に当たる結婚は時代の変遷による変化があっても、人生の中の重要な活動であることに変わりはない。国内外で伝統婚俗についての研究はもたくさんあるが、本文は中日伝統婚礼の色、中日古代のお見合い文化、中日古代婚姻礼儀の三つの方面から中日伝統婚俗の異同点を明らかにし、それによって、両国文化の理解の一助にしたいと思う。

1 婚礼の色について

中国では、結婚式の時、赤でさまざまなものを飾り、喜ばしい雰囲気を演出する。中国人が伝統的な結婚式を行う場合、新郎新婦は赤の唐装姿で、新居に飾るものも赤い。親戚や友人からもらうご祝儀の封筒も赤い。結婚式の前に出席者に出す招待状も赤で、布団までも真っ赤である。

「赤」にはめでたいの意味がある。日本でも古来から赤飯を炊いて、祝っていたことから赤飯の色であるという説がある。日本で民間行事では紅白の式幕やお饅頭が登場するが、これも、赤がおめでたい色であるという信仰のあらわれと言えるであろう。

中国では一方白色を忌み嫌う。これに対して日本は白を清潔の象徴として結婚式でよく用いる。日本の伝統的な結婚披露宴では、新郎は黒の着物姿で、新婦は白の帽子や真っ白の着物姿である。日本の新婦が白の婚礼衣装になるわけは、お嫁さんになってから「新郎や新郎の家の色に染めて下さい」と意味を表している。中国では黒や白はお葬式にしか見られないので、結婚式とは想像もできない。

以上のように結婚式のとき、中国は赤が好きであり、日本人は白が好きである。その理由は何であろうか。

1.1 中国の「赤崇拝」

1.1.1 陰陽五行思想[1]では、東西南北、四つの方位をあらわす象徴的聖獣を四神という。東を「青竜」、南を「朱雀」、西を「白虎」、北を「玄武」で表す。青は青々と繁る木の色、赤は火の色、白は金属の光、黒は水が暗く低いところに集まる意味がある。これは、中国大陸を思い起こせば、わかりやすい。東方は、太陽が昇る方向、南方は暑く、西方は白く輝く山々があり、北方は冷たい地方とつながる。要するに、朱雀は「夏、南、朱」を、白虎は「秋、西、白」をあらわす世界観をもっている。

また、四季の変化は五行の推移によって起こると考えられた。そこから、四季に対応する五行の色と四季を合わせて、青春、朱夏、白秋、玄冬という言葉が生まれた。春を表す「青春」を知らない人はいないであろう。「朱夏」とは、その名の通り、夏を表しているが、秋を表すのは「白秋」であり、冬を表すのは「玄冬」である。

中国で「赤」は、「四季」と関連して「夏」と対応し、「五方」と関連して「南」に属し、「五行」と関連して「火」と対応し、「五帝」と関連して「赤帝」と対応している。赤は中国人にとって重要な色である。

1.1.2 自然環境

原始社会の先民たちは衣食住を自然に頼って、自然の色彩を直接に利用していた。このとき山水、土地、動物、または火などの自然な物を崇拝していた。そして、人は物の原来の色まで崇拝していた。黄河流域に生活していた漢族は川や黄色い土地への崇拝のため、黄を崇拝する伝統ができた。同時に、寒い環境では火と木が不可欠なことから、「赤」、「黄」は崇拝された。また赤は太陽の色であり、火の色である。人間が生きていくために欠かすととのできない太陽や火の象徴として、赤は崇拝されてきた。

1.1.3 哲学思想

中国の伝統文化と宗教思想の影響を受け、「赤」、「黒」、「青」、「白」は「正色」で、ほかの色は「間色」であると定められた。正色は正統な地位を代表している。五行学説は色を利用して、黄を中心にし、青、赤、白、黒はそれぞれ四方と四季を示し、中国の「天人合一」[2]の観念も示している。

1.1.4 人文の方面

赤は華やかな彩りのために欠かせない色である。人の気持ちを高揚させる刺激的な色であり、燃えさかる炎のような情熱を表す色でもある。また、赤は血を象徴する色でもある。中国では何か赤いものを贈る習わしがあるが、これは、外から新鮮な血を与え、もっともっと健康で長生きしてくださいという願いを込めたものからきている。赤のイメージには、情熱的、活動的、歓喜、興奮、愛情などがある。

1.2 日本「白の理想」

1.2.1 白のイメージ

白のイメージには「清潔な」「高級な」「明白な」などが挙げられる。現在白と言うと、ワイシャツのような純粋な白を指すことが多い。ちょっと色みがある白は、普通は白とは呼ばずに、オフホワイトと言うことが多い。

しかし染色技術がまだ発達していない古代は、白と言うと、ピュアホワイトだけではなく、色みがついている白も「しろ」と呼ぶことがあった。白と言う漢字は、指の爪から生じた象形文字である。爪の色は、純粋な白と言うよりは、 肌色に近い、言い換えれば色みがついた白に近いものである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接