有关日本的筷子文化毕业论文_日语毕业论文

有关日本的筷子文化毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

作为日语专业的学生,将来一定会有很多机会和日本人接触。日本是一个很讲礼仪的国家,因此在礼仪方面有很多的讲究,如果对日本的礼仪文化不甚了解的话,可能会在和日本人的交往中造成很多误会。因此,了解日本人的文化是很必要的。以前听过这样一句话:“当被问到日本的文化是什么的时候,可以直接回答是lsquo;筷子的使用rsquo;。”日常生活中最常见的筷子也是日本的文化之一。就以我们身边的筷子为例,通过筷子来了解日本人的生活、风俗,并对一次性筷子引发的环境问题和中日关于一次性筷子的争论进行了解和深思。

关键词:筷子;餐桌礼仪;一次性筷子;环境

目  次

はじめに 1

1 日本の箸の歴史と種類 2

1.1 日本の箸の歴史 2

1.2 箸の種類 2

2 箸食の食事作法 4

2.1 正しい箸の持ち方 4

2.2 箸使いのタブー(嫌い箸) 4

2.3 お箸についてのことわざ 6

3 箸と食育を考える 8

4 割り箸文化を考える 9

4.1 割り箸の定義 9

4.2 割り箸の使い方と特徴 9

4.3 割り箸と環境保護 10

おわりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

ある時、会社の日本人と一緒にご飯を食べていた時、スープが飲みたかったので、箸をご飯に挿してスープを持てきた。帰った時は、私と仲良いの日本人はご飯に箸を立てることが良くないよと言われた。ちょっと恥ずかしかったである。帰ってから、ネットで調べて分かった。ご飯に箸を立てる作法はその供物は死者の占有する者で、わきの者が食べてはいけないことを示す行為で、これは「嫌い箸」のひとつものなっている。そのことのため、日本の箸に興味が出る。

「日本の文化とは。」と聞かれたら、ひとことで「箸を使うこと」と答えれば良い!箸は、木から作られ、漆で飾られ、手に持って使われるからである。
  箸は約1300年の歴史があり、古くは神器として中国より伝来し、日本人だけの箸だけで食する文化の完成形“日本型箸食文化”を築いた。

 箸は木から作られる。日本は国土の約70%が木に囲まれている。そのため日本は木の国と呼ばれ、建築や食器は木の文化で支えられてきた。
 箸は木によって作られ、漆によって塗られ飾られる。JAPANとは漆を意味し、その歴史は6000年とも8000とも言われている。
  箸は手によって作られ、手にもって使われる。さらに器も手に持って使われる場合が多い。食器を手に持つ日本固有の食文化は、日本人の手に微妙な感覚と手先の器用さを育てた。

1 日本の箸の歴史と種類

1.1 日本の箸の歴史

1.1.1 箸の伝説

よく聞いてられるの伝説は昔は山に入った人は、昼飯を食べていた時、木の枝を箸代わりに使っていた。そして、一度使った箸は、その人の霊が宿るとされ、必ず折ってから捨てた。もし箸はそのまま捨てると、山に棲む獣に遊ばれ、その禍が自分に降り掛かるのを避けるためである。

      1. 箸の歴史

世界最古の箸は中国大陸の黄河流域で発掘されて、今から約三千六百年前の物である。それは青銅で作られ、祖先の霊や神に食物を供える礼器として使われていた。

箸が日本に渡って来たのは七世紀初頭で、中国隋王朝の使節が答礼として日本に持ってきたと言われている。それ以来、手食だった日本人は箸を使うようになった。[1]

1.2 箸の種類

箸の分け方が大凡2種類である。簡単的な説明をする。

  1.   1、材質別は木箸、竹箸、塗り箸、プラスチック箸、象牙箸と金属箸という六種類を分けている。
  2.   木箸は片口箸、割り箸である。竹箸は割り箸、菜箸、取り箸である。塗り箸は角箸、丸箸である。
  3.   2、使用目的別は祭祀、食事、調理、生活、晴れの箸と褻の箸という六種類を分けている。
  4.   祭祀用の箸の形状は「中太両細」の「両口箸」である。食事用の箸の形状は「天太先細」の「片口箸」である。調理用の箸と生活用の箸は日常生活に良く見える箸である。日本のドラマと映画の中でいろいろの様式がある。晴れの箸は神事、正月、祝儀等に使用する箸である。形状は「中太両細」の「両口箸」である。褻の箸は神とは関係なく、その人だけが使用する物で〝天太先細〞の「片口箸」である。
  5. 2 箸食の食事作法

箸食の食事作法は食事礼儀の一番重要な部分である。日本人と付き合う際、必ず一緒に食事をすることがある。その時、正しい礼儀は必要である。箸の持ち方法、嫌い箸の種類とか了解しなくてはいけない。又、もし日本の箸の諺が少し知ったら、食べている時の話題もある。そうしたら、文化差異からの誤解も避けられるし、中国人の礼儀正しさと優しさという印象も日本人に与える。

2.1 正しい箸の持ち方

誰でも当たり前のこととして箸を使っているが、本当に正しく使っているか。私は家族と一緒に食べている時は、いつもお箸の持ち方は正しくないよと言われた。周りの人の箸持ち手を注意して、多い若い人の持ち方は正しくない。しかし、目上の人の持ち方は大体正しい。今の若い人は洋食が流行っている世界にだんだん自分の国の文化が失っていると思う。

その後、図書館に行って調べたから、日本人と中国人の箸持ち方が一緒である。箸を上手に使うには箸を正しく軽く持つことが大切である。正しい箸の持ち方は:二本のうち、上側の箸は中央よりも上部を、人指指と中指の第一関節の先端で軽く挟んで、それに親指を添える。下側の箸は薬指の第一関節部分に当たるように持ち、上部は親指と人指指の付け根のところで、しっかり挟んで固定させる。上手に使うコツは、二本の箸を同時に動かすのではなく、下側の箸を固定させて上側の箸を親指、人指指、中指の三本を使って動かすようにすることである。[2]

2.2 箸使いのタブー(嫌い箸)

昔から食事中に一緒に食べている人に不快な気持ちや不潔な感じを与えるような箸の使いかたを嫌い箸と呼んで無作法な行為とされている。嫌い箸とは簡単に言うとやってはいけない箸の使い方のことである。楽しく気持ちがいい食事をするために嫌い箸について調べてみる。そしてこれからの普段の食事で気をつけてほうがいい。

以下の嫌い箸の中では中国人は良く知らない種類でもある。それは日本と中国の文化差異である。中国人は日本人と一緒にご飯を食べるとき、注意しなければいけない。

1移り箸、お菜ばかり続けて食べることである。お菜を一口食べると、ご飯を食べるようにする。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接