日本の和服から中国文化の影響を見る毕业论文_日语毕业论文

日本の和服から中国文化の影響を見る毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

日本从唐代服饰的单纯模仿走了出来,历经服饰的简化,同时由过去定位的上 衣下裳式向上下联属式进行转变,形成现代和服形式。本文从和服的起源及背景, 和服的变迁,和服对日本社会文化的影响进行分析。根据这个探讨日本人的生活 习惯以及日本人的价值观和思想。因此这对进一步了解日本和日本人有一定的作 用。

关键词:和服文化;中国传统文化;和服变化;和服种类

目 次

はじめに 1

  1. 和服の起源及び背景 2

    1. 和服の概念 2
    2. 中日両国の服飾における歴史的な根源 3
    3. 和服の形成から中国文化の影響について 4
  2. 和服の移り変わり 6

    1. 早期の服飾基礎 7
    2. 唐代女装の模倣 7
    3. 中古-近世の変化 9
  3. 和服が日本社会の文化に対する影響 10

    1. 和服と日本文化 10
    2. 和服と日本人の自然観 10
    3. 和服と日本人の性格 12

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 16

はじめに

日本は中国の一衣帯水の隣国であり、日本文化の発展は中国文化の広めるこ とと離れられない、秦朝ときに「徐福が日本へ渡る」という伝説があったし、漢代になったら、正式に両国来往の文字記載があった、漢代の使者は朝鮮半島ひいては日本列島まで宣伝していって、画期的な影響が現れた。日本の和服の色彩と紋様が中国と深い根源があり、和服がまた呉服ともいう、和服が世界服装の中のきらきら輝いている真珠として、更に中日両国人民の知恵の結晶である。織る、印刷、刺繍、そして色彩、図案がどちらでも、和服が明治時代の後に日本民族自身の独特の風格を表している。和服が殆ど唐代文化を引き続いて いると共に、有効的に消化、吸収と融解によって、更に日本民族文化に改造された。一方では、これは「唐風」文化に対する引き続くと昇華であるし、一方では、それの文化が成熟に向っていると示している。

1 和服の起源及び背景

和服の概念

「和服」が日本人の伝統的な民族服装であるし、日本人に対する世界に誇ら れる文化資産の一つである。それは誕生してから、日本人の社会生活に重要な 役割を果して、変更したことがない。和服が中国隋唐時期の官服から起こって、 中国隋唐時期の服装の様式から改めたので、呉服とも称される。その後に、日本人は代々に改善してきたから、次第に日本人の身なりに合う独特の服装にな った。和服の種類が多いし、便服と礼服に分けている。男式の和服の様式が少 ないであり、色も単調である、一般的に深い色で、ベルトが細いで、身につけることがしやすいである。女性の和服の様式が多くで、色彩も美しいである、 ベルトが広いで、和服によるベルトの締め方も違う、そして、髪形も合してい る。その以外に、場合によって、つける和服の図案、色、様式なども異なって いる。

和服が日本の伝統的な民族服装である、日本人口の中の 90以上が「大和」民族に属しているから、この名前をつけた。日本語の中で、「着物」も呼ばれる。和服が温度を保持、体を保護する以外に、高い芸術価値もある。特に女性の和 服の色彩が美しいし、様式がきれいし、腰部にきれいの幅が広いベルトが付いているから、そっくり芸術品である。和服の起源をいえば、紀元 3 世紀ごろまでさかのぼることができる、『魏志・倭人伝』1の中で、「一幅の布を使って、中

1 中国典籍中最早并且最详尽地表述公元 3 世纪前后,即日本弥生末期以耶马台国为中心的地理环境、物产、气候方位里程、行政区划、官制、户口、风俗人情、生产生活、经济生活已经同中国的密切关系等各方面的珍贵记录。

に穴をあければ、頭が入れる、体を測定する着物を裁つことが必要ではない」と記載しているから、これは和服の原形である。大和時代に、倭王は三回で使 節を派遣し中国へ行ったから、たくさんの漢織、呉織及び紡織、裁縫の技術に 上手の職人を連れて帰った、そして、日本へ行った中国移民のなかで、殆ど文人と工芸者であり、彼らは中国の服飾の風格を日本へ伝えてきた。奈良時代に

(紀元 718 年)、日本から派遣してきた使節団が中国に来て、唐王に接見されたし、たくさんの朝衣を得た。これらの服飾がまばゆいほどに美しいであり、日 本では好評を得て、当時日本朝廷の文官と武官はすべて羨望している。次年、 天皇から日本全国で隋唐様式をまねる服装をつけるという命令を下した。14 世紀の室町時代になったら、日本の伝統的な習慣と審美情趣によって、隋唐服装特色がある服装が次第に変化して、最終的に形を決めたので、その後の 600 数年の中で大きい変動がなかった。巾着について、日本の婦人はキリスト教の宣教師が長い服をつけてベルトを締めているという影響を受けたから創り出した、最初に巾着が前の方につけているが、次第に後ろまでに移動した。

中日両国の服飾における歴史的な根源

隋は中国を統一した時間が 30 数年しかない、隋煬帝が荒淫と非道であるから、唐で覆された。唐代の始めに、「均田制」2という田畑の分配制度と「租庸調」3という現物税及び労働制度を押し広めたから、貞観、開元という二つの段階を経て、経済が極めて発展したし、かつてない繁栄の光景が現れてきた。唐代で国家が強くて、国民は民族自信にあふれているから、外来文化に対する開放の政策を取っている、強い民族自信と凝集力があるため、外来異国文化が

2 我国从北魏到唐代中期实行的计口授田的制度。

3 唐朝前期实行的赋税制度。

一度大唐文化に吸収されて、大唐文化の補充と養分になった、これは唐代服飾 がゆったりとした寛大であり、美しいところが全て現れているの原因である。皆が知っている通り、文化意味で、全て事物の発端は、その内包がただスター トだけである、しかし、往々にして全体の構造と発展の思惟方式を打ち立てた。 そこで、イデオロギーの分野では、狭いように全国の思惟を一つの方式に制限するではないし、融通のきかないように強制で全国が一つ類型の声を言うしか ないことでもないが、制度の形式で全ての宗教が对等にさせ、いろいろの学説 を人間に広め、思想に尊厳をあげ、心を自由にさせる。唐代の人は全てのとこ ろがこれを基とするし、背景とするから、ここに着目すればたくさんの問題が すらすらと解決される。

和服の変化による日本人は外来文化を吸収するのがうまいし、自分の独特の文化に改造するのもうまいであることを見える。紀元 8 世紀で、中国の唐代の服装が日本に伝えてきて、当時日本天皇から詔勅を発して、国民の服飾が全て唐朝の様式で加工してほしいし、当時の和服を「唐花」「唐草」「唐錦」などと呼ばれた。次第に自分の民族の好むによって、和服に植物、自然物などを刺繍して、自分の独特の風格を形成した。下記と同じように、日本は中国の漢字による仮名を作り出したし、フランス語、英語などによる外来語、即ち片仮名を創り出して、改造による自分の言葉になった。

和服の形成から中国文化の影響について

ある歴史時期の文化がその時期の政治経済の反映であるから、政治の政策による服飾文化に相当大きい影響をもたらしてきた。日本の服飾の発展が大きい程度に外来文化の成果を吸収したし、特に隋唐服飾文化を導入した、これは古

代の中日両国が周辺の国家と積極に外交するの政策と密接な関係がある。紀元

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接