日本の飲酒文化から日本人の特質を見る毕业论文_日语毕业论文

日本の飲酒文化から日本人の特質を見る毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本的饮酒文化大约有 2000 年的历史,酒在日本人的生活中占据着重要的位置。从绳文时代(6000 年前)到如今,日本人一直把米作为主食而生活,另外由于酒是用米来制作的,因而日本酒也与日本人的生活及文化密不可分,从 而也就形成了与其他世界各地有所不同的独特的文化。

本论文由三部分组成。首先, 论述了日本人三种不同的饮酒方式。其次, 论述了与酒有关的居酒和酒祭。最后,打算通过分析日本人不同的饮酒方式和 饮酒文化,来研究日本人的特质和日本文化。从而,也能更好地了解日本和日 本人。

关键词:饮酒方式;居酒屋;日本的酒祭;日本人的特质

目 次

はじめに 1

  1. 日本人の酒の飲み方 2

    1. 四季の酒 2
    2. 仲間の酒 3
    3. 無礼講でのお酒 4
  2. 酒からの日本文化 6

    1. 居酒屋 6
    2. 日本の酒祭り 8
  3. 飲酒文化から日本人の特質を見る 11

    1. 自然に対する繊細な感受性 11
    2. 強い集団意識 12
    3. 公私分明 14

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

約 2000 年前に、中国江蘇、浙江の一帯の米の栽培技術及び米を原料としてお酒の醸造技術が広がって日本まで伝播した。日本の飲酒文化がここから発 生した。それから、日本の独特な飲酒文化になっている。

『サンフランシスコ・クロニクル』1に載せた記事では、ヨーロッパのホテ ルの 1500 名のマネージャーを対象として調査を行い、世界中のベスト観光客の順位の一位は日本人観光客である。日本人は礼儀正しいなどと評価される。つまり日本人は品格を有すると評価されている。ここの品格というのは日本 人の一種の特質といっても良い。では、飲酒文化からどのように日本人の民 族特質を反映するのか探ってみる。

飲酒文化と日本人の特質の関係はもう先人にも研究された。それらの研究 はお酒の種類と飲酒儀礼から探究するのが多い。例えば、贾蕙萱(1996)は

「 酒は生活の片隅に染み込んで 、政治、経済、文化活動と密接な関係があって 、鮮 やかな酒文化を構成して 、この民族の文化特徴を体現する 。」と言った。李艳君は『日本人与酒』(2010)中に「 飲酒は圧力を緩和しと付き合いの重要なである。 他国の飲酒儀礼と異なるのは 、日本人が相手の場合に立って問題を考慮して 、飲 酒態度は更に含蓄になる 。」 と書いた。 しかし、本文はお酒の飲み方及び飲酒文化から日本人の民族特質を分析してみたいのである。

1 『サンフランシスコ·クロニクル』アメリカ合衆国で発行されている日刊新聞である。

1 日本人の酒の飲み方

    1. 四季の酒

日本は島国で、国土が狭く、広い海の中の一点にしか見えない。日本人は 生存のために、自然環境にとても関心を持っている。自然を怖がりながら、 崇拝する。日本では、山には山神があり、川には川神があり、海にも海神が あり、太陽にも神があり、自然の中の一草一木も、人間みたいにいきいきし ていると信じる。日本人は自然に対する繊細な感受性がさまざまなところに 現れる。日本は四季明らかで、季節ごとにそれぞれ風情があって、時間に経 つと、日本の清酒も時節に合わせて生まれたのである。

春は「花見酒」。日本人は春にきっと花見に行って、この時、みんなは「花 見酒」を飲む。これは日本人の独特な習慣である。桜の花見は奈良、平安時 代の頃から初めて行われ、娯楽の少なかった江戸の頃は、花見は庶民の最大 のレクリエーションだった。現在、毎日忙しい都市生活を送っている日本人 も一年一度の花見を盛大なフェステイバルとしてお祝いをする習慣がある。 会社もよくパーテイーを行い、花見酒を飲みながら、花見を楽しむ。このよ うな酒は軽やかなジャンプする口当たりを持っていて、光り輝く満開な桜と たいへんつり合っている。日本人はどんなに忙しくても、春になると、桜の 咲く時期を予想しながら、花見を楽しみにする。

夏は「夏越しの酒」。「夏越しの酒」もともとは六月の末に半年の汚れを流 す意味から飲むお酒である。この時期は田植えも終わり、ほっととした一息 入れる時期である。これからの暑い夏を乗り越えるために祈りながら暑気払 いのお酒だった。 いまは、野良仕事をする人は少なくなり、家々にはクーラ

ーを付けているので、暑気払いの必要はなくなる。だから、「夏越しの酒」を 飲む習慣は田舎で残っているのみだという。

秋は「月見酒」。日本人にとって、秋は「食欲の秋」で、ひどく暑い夏季を 過ごして、天気が涼しくなって、食欲もよくなって、もちろん酒量も多くな った。秋になると、紅葉狩りにいく山登りの人が増える。昼は山を登り、夜 になって、月を見ながら、お酒を飲んで一日の疲れを取るのが最高と言われ ている。秋の月といえば旧暦の八月十五日である。満月の光を浴ぶ同時に酒 を飲み交わすのは「月見酒」である。「月見酒」をのみながら、季節の変わり 目をしみじみと味わう。江戸の頃は、川舟を繰り出してにぎわい、隅田川界 隈の料理茶屋は大繁盛し、ひと晩のお酒の量は大変な数になったといわれる。

冬は「雪見酒」。花見と月見を除いて、日本人も雪を楽しむ。雪を楽しむ時 に、飲む酒は「雪見酒」である。しんしんと降り続く雪を見ながら「雪見酒」を味わう。この習慣は、平安時代、紫式部も行っていたといわれる。当時の 平安時代は雪の中を、わざわざ牛車を仕立てて野山に出かけ、江戸の頃に至 っては船を出して雪を楽しんだという。今は地球温暖化のため、日本の南部 は雪が降るのは珍しいので、毎年、北海道へ雪見にいく日本人はだんだん増 えてくる。

四季変化に対して、日本人ほど敏感な民族はほとんどないと思う。四季の 変化のはっきりしたこの国では、豊かな自然の風物に恵まれ、自然を愛でな がらお酒を楽しむ。日本ならではの風景だと思う。

    1. 仲間の酒

日本で乾杯の習慣は古代に神や死者のために神酒を飲んだ宗教的儀式から、

いま宴会などで喜ばしいことや、健康、繁栄などを祝うように酒杯を触れ合 わせ酒を飲み干す儀礼に変化した。

日本人の乾杯はただ皆で「飲む」という意味で、飲み干すとは限らない。 みんなの一緒に行動しをアピールしているだけだ。みんな一緒に同じ行動し、集団意識の思想が深く心に銘じる。

それに、日本人は自分で酒を注がない。お互いにお酒を注ぎ、乾杯する。 他人からお酒を注いでもらう場合、両手でグラスを持ち注いでもらうのは礼 儀が正しいと考えられている。仕事が終わってから、同僚と一緒に一杯を飲 みに行く時、乾杯のあと、部下は上司にお酒を注ぎ、それは「尊重」を表す。もちろん、上司は部下にお酒を注ぐこともある。これは「ご苦労様」という 言葉を含める。これらの行動の意味は飲み会をきっかけに、みんなのコミュ ニケーションを深めることができて、集団意識を強められる。

それら例を通じて、日本人の特質は集団意識と分かる。日本人は皆、ある 集団に属しなければならない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接