桜文化から日本の国民性を覗く毕业论文_日语毕业论文

桜文化から日本の国民性を覗く毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

现在,樱花已经成为了象征日本的符号。一提起樱花必然会联想到日本。日本人对于樱花的感情比其他的花要深的多。究其原因一定是因为日本人从樱花文化中找到了思想上的共鸣。本文即是要研究樱花文化与日本人国民性的关联。

第一章分成古代、近代和现代三个部分讲述了樱花文化的发展。通过日本的风俗、文化和战争等方面说明了樱花随着历史的变迁所表现出来的各种形象。在古代,樱花最初是被作为预兆农作物丰歉的实用性道具。渐渐由于国风文化的影响,樱花成为了诗人歌颂的对象。在近代,樱花的形象变得极端,一度成为鼓吹军国主义思想的道具。到了现在,赏樱成了春天里最重要的年中行事,樱花渐渐成为了和平和希望的象征。

第二章通过俳句和《古今和歌集》说明了文学中的樱花形象。列举了一些具有代表性的俳句和和歌,发现日本人大多认为比起满开的樱花更喜欢歌颂凋落时的樱花。在文学上,樱花大多是以凋落的形象出现体现了一种“物哀”的美感。这种物哀的思想也反映在日本人的国民性中。

第三章与第一和第二章相联系,分成四个部分分析了樱花文化和日本人国民性的共通点。第一,樱花是希望的象征同时也是死亡的象征,这种矛盾的情感也是日本人的特性。第二,从日本人认为凋落的樱花比盛开的樱花更美的思想来看日本人是个物哀的民族有着悲观的心理。第三,樱花一起盛开一起凋落的性格是日本人重视集团性的写照。第四,樱花是骤然开放又很快就凋谢的花朵,樱花这样的习性与日本人的生死观有相同之处。日本人有着任生任死的观念,认为生与死之间没有绝对的距离。

本文通过樱花文化的发展分析了各个时期樱花的形象。通过日本的文学、地理环境和风俗等找出樱花文化与日本人国民性的关联。

关键词:樱花文化 国民性 物哀 生死观

目  次

はじめに 1

1 桜文化の発展 2

1.1 古代 2

1.2 近代 2

1.3 現代 3

2 文学中の桜のイメージ 5

2.1 俳句の中桜のイメージ 5

2.2 「古今和歌集」における桜のイメージ 6

3 桜文化から現した国民性 8

3.1 矛盾な情感 8

3.2 悲観的な心理 9

3.3 集団性 10

3.4 生死観 11

終わりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに:

 桜文化は日本文化の中でとても魅力的な部分である。現在、日本では桜はただの花ではなくて文化のシンボルである。桜と言えば、「花見」、「始業式」や「桜前線」など関連の言葉がある。日本人は桜に対しての情感は他の国よりずっと深いである。例えば、中国人は梅、蘭や牡丹などの花がすきだ、しかし、日本人のようにすべての国民は同じ一種の花を狂熱に愛する現象はとても珍しいだ。その原因は必ず日本人は桜文化から思想の共鳴を発見できるからだ。桜の性格と習性は日本人の国民性と合わせるところがある。本文は桜がどのように一歩一歩現在の地位になる過程を分析する。日本人の国民性と桜文化の共通点を探す。

 明治时代に日本近代の思想家新渡戸稲造が著した『武士道』では「武士道とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と冒头に记している。桜文化と日本の武士道精神と繋がる。舒方鸿は《日本樱花象征意义的考察》の文章で桜文化の発展を研究した。文章で桜文化と日本人の「責任感」の関連を強調した。

 桜文化と日本人国民性の関連を研究して日本の文化に対して更に深い理解できる。桜は日本で長い時間を過ごしても相変わらず流行っている原因が分かる。桜文化から桜の習性と意象を分析する。日本の文学、地理環境や風俗宗教と結び付けて桜の習性と日本人の国民性と合わせるところを見つける。このような分析方法は具体的な例を挙げることができる。両方を参照して理解しやすいである。

1 桜文化の発展

1.1 古代

 日本の伝統文化の中で桜はもう神話や宗教などに関わっていたシンボルになった。日本8世紀初期編集された重要な文献「古事記」(712年)と「日本書記」の中で桜が始めて登場した。その時期、桜の用途は観賞用植物ではなく、桜の咲くことと凋落は農作物の作柄を予兆するの道具として実用的なものである。だから、桜を使って豊作を祈るの風俗習慣が生み出した。この現象は一つの事実を説明した、君主と貴族が花見に魅せられる時代のずっと前に桜はもう普通の大衆の心で固定の定義があって神聖な性格を与えられた。これはこの後桜文化の発展のために基礎を作った。

 奈良時代では、中国の唐風文化は日本で流行っていた。貴族と知識人の審美はすべて中国のを倣った。あの時編集された日本最も古い歌集「万葉集」には梅を歌う詩歌は大部分を占めて、桜を歌うのはごく僅かだ。しかし、平安時代になると、この情況は大きく変化した。国風文化の流行によって花見の対象は外来の梅から本土の桜に転換した。「古今和歌集」の中で梅を歌う和歌より桜を歌うのは遥かに多いである。これから、桜は春の主役になった。

 平安時代末期からいろいろな種類の桜は国都でたくさん植えられた、その上、豊臣秀吉の「醍醐の花見」を通して、桜は速やかに普及してきた。江戸城をはじめに、桜を植えることを全日本へ蔓延る。花見も「年中行事」として定められて、日本国民の重要な活動になった。

1.2 近代

 第二次世界大戦の時、桜のイメージは極端になってきた。もう軍国主義を鼓吹するも道具になると言える。あの時期では「同期の桜」という広く歌われる軍歌がある。あの軍歌の歌詞は「貴様と俺とは同期の桜/同じ兵学校の庭に咲く/咲いた花なら散るのは覚悟/見事散りましょ国のためhellip;hellip;花の都の靖国神社/春の梢に咲いて会おう」[1]この歌には桜は若い兵士たち、戦場で死ぬことを自分の終着点と見える。このような宣伝のせいで、数限りない若い青年を唆して。天皇専制のファッショ国のために命をささげる。さらに、そんな死亡の上に「美感」と「責任感」を加える。だから、第二次世界大戦の時、太平洋の島に言った日本の兵士は一人も残らず、「万歳」を叫びながら自殺的な攻撃をした。その時期、「桜の凋落」は軍国主義を宣伝するの主題になる。第二次世界大戦が終わった後、こんなイメージはだんだん解消した。

1.3 現代

 現代では、桜は日本人の生活でとても重要な役割を演じている。だんだん伝統の風習になる。毎年の三四月は桜の満开の时期である。この时期日本は国を挙げて重大な留意を払って花见に行く。毎日のテレビや新闻などのメディアは桜の咲く状况のタイムリー报告をしていることは日本に「花粉情报」とも呼ばれている。桜はきれいだとは言え、花の季节は普通が一周间ほど短いである。だから、人たちはその短くて美しい时期を大事にする。日本の各地では桜の胜地がある。木の下で、家族とか友達とか恋人みんなの往来が盛んで赈やかだで、あるいは和やかに話して、あるいは歌を歌ったり、ダンスを踊ったり。昼ばかりだけでなくて、夜でも花见に行く人も往来がひっきりなしに続いている。さらに、「桜前線」の後にくつって春の足跡を追うの人のいる。今、桜と言えば春、桜前線や始業式などのことを思い出す。今の桜は日本人の心で積極と希望のシンボルになった。

 それ以外、桜は日本と日本の国民を代表して平和友好のイメージを持っている.1972年、中日国交正常化の時、田中角栄首相は日本の国民を代表して中国に桜を贈った。北京、天津、瀋陽で植えられた。20世紀90年代ドイツ統一の時、日本でベルリンの壁の廃墟の上で桜を植えるの寄付を募った。寄付金で7000本の桜を買ってドイツに贈った。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接