浅谈川端文学的美意识 — 以《古都》为中心毕业论文_日语毕业论文

浅谈川端文学的美意识 — 以《古都》为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

川端康成作为新感觉派的代表作家,在日本文坛具有极其重要的地位,他的作品十分丰富。川端康成的文学作品立足于传统文化的基础之上,抒写日本民族所特有的纤细而敏锐的感受,从而创造出川端文学所具有的那种独特的、 既传统又现代的艺术风格。

1968年,凭借《古都》和其他两部作品,作为日本人的川端康成获得了亚洲第一个诺贝尔文学奖。《古都》作为川端康成的一部代表作,可以看做是日本文学的杰出代表作之一。小说中,我们可以感受到川端文学的自然美、传统美、以及精神上的人情美。可以说这三种美的结合是川端文学的魅力所在。

关键词:川端文学;美意识;物哀;佛教;传统和近代化

目  次

はじめに 1

1 川端康成について 3

1.1 特別な少年時代 3

1.2 川端文学の特質 3

1.3 『古都』の粗筋と創作の背景 4

2 『古都』における川端文学の美意識と根源 6

2.1 自然美 6

2.2 伝統美 7

2.3 人情美 8

2.4 『古都』における三つ美の根源 10

3 近代化と伝統の葛藤 13

3.1 『古都』における反映する課題 13

3.2 伝統文化の伝承と将来 14

おわりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

はじめに

川端康成は日本の小説家として、世界でも有名で、新感覚派文学を代表する作家の一人である。小説家としては、作品は非常に豊かである。伝統的な文化を基づき、日本式の繊細、鋭いな感じを描く。それで、伝統とともに、現代化もあるのは川端文学の特徴である。

『古都』は川端康成の代表作で、京都という日本の古い都市を舞台に双子の千重子と苗子の異なる運命を描いている。少女の物語を通じて、日本の伝統な文化を読者に再現している。ここでの伝統とは作者の想像上に民族が昔から受け継がれてきた人々の気風や風俗、また次世帯に継承すべきものである。しかし、川端康成にとって、賛嘆すべき伝統は近代化によって次第に希薄になり、伝えることが困難になりつつあった。彼はそれを嘆きながら、心中の伝統を書いている。それで世間の人に日本の独特的な伝統を認識されて、将来さらに保護するようになると思う。

久松潜一(1971)は「日本文学美と川端文学」には、川端文学の根基は日本文学古典文学だと指す。論文は主に日本古典文学が川端の創作にもたらす影響を描く。有田和臣の「川端康成「古都」と〈トポス〉としての京都 : 千重子「再生」の主題と「四神相応」への夢」は仏学から論述する。双子の姉妹の異なる運命から禅宗の虚無思想を体現すると言う。また、木村一信の「川端康成『古都』――京都の物語の時空間」は主に『古都』から人間にもたらす伝統文化の保護問題を研究する。叶渭渠、唐月梅(2002)の『物哀与幽玄—日本人的美意识』には、すみれの隠喩から姉妹間の人情美と古都の自然美を体現する。

本論はこれらの先行研究を踏まえて、『古都』には主に三つの美意識を描き、伝統と近代化の葛藤を重心にして、いろいろな考えが引き起こすものである。

1 川端康成について

1.1 特別な少年時代

1899年6月14日、川端康成は大阪府北区此花町に長男として生まれた。川端家はかなりの旧家であり、財産も持った。しかし、川端康成の祖父の世代に段々没落した。川端康成は二歳の時に、父が肺結核で亡くなった。翌年、感染した母も同じの病気で川端を離れた。これから、川端康成は祖父母に育てられ、原籍地の三島豊川村に戻った。川端は家業の後継者なので、祖父と祖母は彼を極めて可愛がっていた。小学校に入っても、箸を使うことすらできなかった。祖父母は川端がトラブルを起こすと心配していたので、彼を暗くて湿っぽい家に籠もらせた。この時、川端康成は外界と接触することがほぼできなくて、頑固な性格を形成した。

祖母が亡くなり、別離していた姉も死亡した。その後、川端康成は祖父と頼りあって生きていた。4年後、祖父も死んだため、川端はまったく孤児になった。親戚が亡くなったため、川端はよく葬式に参加した。ふざけて「葬式の名人」だと呼ばれた。以降の作品には、川端康成は「私は孤児根性から解放されている保証はない」と言った。[1]これを見ると、特別な少年時代は川端の創作に極めて影響をもたらす。

1.2 川端文学の特質

「川端康成は一生において熱心に追求し、古典文学、日本の伝統的な文学と現代的な西洋の文学を結び合わせて、自分なりの独特な風格を遣り遂げた。」[2]

子供の時から、親しい人が次から次へと川端康成を離れた。特に祖父の死で川端の孤児根性がトップに達した。毎日放課後、川端は一人きりで静かな家に戻って、寂しさと哀れが沸き込んだ。川端康成にとって楽しみと人間の暖かさを感じたこともなかった。両親と親戚の愛は川端康成にとって、漠然で抽象なことであった。少年時代から、特別な経験のため、克服できない哀れと憂鬱が川端氏の心に滲んで畸形な性格を養った。

しかし、川端文学は悲しみとともに、日本の伝統的な美も持っていると思う。悲でありながら傷ではなく、美でありながら艶でもない。だから、川端文学は伝統文化と現代における再現であると言える。

1.3 『古都』の粗筋と創作の背景

『古都』は川端康成の代表作品である。1968年、『雪国』、『古都』と『千羽鶴』によって、日本人として初めてノーベル文学賞を受けた。『古都』は他の二作ほど有名ではない。しかし、『古都』は日本の本格的な古都――京都を背景にして書かれ、単純な美の魅力がある作品である。

『古都』の内容は簡単である。作品は主に双子の千重子と苗子の悲しみと喜び、出会いと分かれを描いている。貧乏な家庭のため、両親は彼女らともを養えない。だから、しかたなくて、長女の千重子を捨てている。ほどなく、千重子は織問屋を経営している佐田夫婦に引き取って育てられる。苗子は両親のそばにいるが、子供の時に両親は亡くなる。村の人に救済されて、苦労をかける仕事をする。20年を経った後、姉妹はもう大人になるが、お互いに知り合わない。その後、二人が偶然に会ってから、顔似ているため、次第に付き合うようになる。家族の絆なので、千重子は妹の境遇を同情して、養父母が苗子を引き取って養うと説得すると同時に、何度も苗子が家に暮らすことを願う。でも、苗子は独自に生活の重さを引き受ける。姉に困らせないように、小説の最終に、千重子の家を離れる。

作品は男女の愛にも言及している。美しい千重子は心の中で、幼馴染の真一が好きである。しかし、織問屋の継承のために、父は千重子が西陣織屋の長男の秀男と結婚することがほしい。秀男の両親も千重子が秀男のお嫁さんになりたい。しかし、偶然に祇園祭で秀男は苗子を千重子に見違いて、苗子を知っているようになる。その後、何度の接触を通じて、頑強な気質を持つ苗子に引かれる。次第に、苗子のことが好きになる。

『古都』に人物を書くだけでなく、古都の京都の年中行事と自然風景も描く。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接