从赏樱来看日本人的生死观毕业论文_日语毕业论文

从赏樱来看日本人的生死观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

樱花是日本的国花,了解樱花的人都知道樱花的花期很短一般只维持16天左右,每年的3月中旬至4月中旬是赏樱的最佳时间,每年这个时候日本各地赏樱的人们络绎不绝。樱花的各种特征与日本人的性格及其相似,从古至今深受日本人的喜爱,是整个日本民族的代表,体现了日本民族的性格特征。而且与日本的生活紧密连接。现在樱花早已扎根日本人的生活,象征着日本民族和日本文化。本文从日本人赏樱的角度来分析日本人怎样思考、怎样对待死亡的生死观。不仅让人更好的理解日本人性格中的生死观,还有助于两国文化的交流。关于日本人的生死观,生死皆坦然是日本人固有的信念。日本人有很多独特的地方,严重的集团主义倾向,崇尚武士道精神,多愁善感,感怀留恋哀凄之美的心理等等都带有浓厚的日本特色。总的来说,日本人看轻生死、宽容生死、尊重生死。这是一种独特的生死观。

关键词:赏花;生死观;物哀;集团主义;无常

目 次

はじめに 1

1 日本文化の体現--桜 3

1.1 桜の特徴と象徴 3

1.2 日本文化における桜 4

2 日本人の生死観について 6

2.1 日本人は生に対する理解 6

2.2 日本人は死に対する理解 6

2.3 生と死の関係 7

3 桜の舞い落ちることと日本人の生死観 9

3.1 花見に表れた物の哀れ 9

3.2 桜と日本人の生死観の関連 9

4 日本人の生死観の日本文化に対する影響と作用 11

おわりに 12

参考文献 13

謝  辞 14

はじめに

日本人は死に対しての見方は何なのか?日本は世界第一の長寿の国家と同時に、中新ネットの2012年1月20日のニュース: 日本の新しい華僑の新聞ネットの20日刊記の文:毎日平均的に85人は自殺して、14年連続して3万人を超える――新鮮な取り出される2011年の「自殺して報告する」、日本の自殺率再度上位にある、悪い立場に陥る。日本は1つの自殺する大国である。一大社会の問題になる。これと日本社会の経済状態、人々の生活する圧力はとても大きい関係があって、一方は日本人の死生観に帰結する。

日本人の死生観ときたら、日本人の宗教の神道、日本人の国民性と関係がある、また人の知らず知らずのうちに日本の国花の桜を思い付かせる、それがとっくに日本人の生活に根を下ろして、毎年花見客の訪ねもブームになって後を絶たない。甚だしきに至っては日本はその他の国家のいくつか学者と文人はすでに日本人の死生観を関心を持って重視することを始めて、それによって研究討論を行う。今すでにたくさんの先行研究成果がある。楊燁の『日本人の死生観について』の中で、日本人の死生観を討論して、日本人は瞬間花がさくことが好きでたちまち散る桜、武士道の命を捧げる精神をあがめ尊んで、日本この民族の自殺率は多発して、日本の文学作品の中でよく恋愛をじゃまされ自殺することが現れて、日本人は物の哀れの感じが好きで、これらはすべて日本人の一般のものとは異なる死生観を表現する。[1]E.O.ライシャワーの『日本人を議論する』の中で日本人と欧米人の最も著しい相違点ときたら、日本人が集団の意識を重視する、集団のために個人の命を捧げることができる死生観。[2]日本の学者立川昭二の『日本人の死生観』の中で日本の古典の中から、選出して花の下で命を落とすことを渇望しての西行、静かに死亡を待つの良寛などの12位の日本人を例として、日本人の死生観に対して正面から生き生きとしている叙述する。桜と日本人の死生観の関係に関して、黄欣の『日本と中国の諺から見る人生観bull;死生観について』中で桜と武士を総括して、文化の意味の上から言って、両者の間の通じ合っている場所はある――短くて、有限な生命である種類の価値を体現している。

日本人は、人生は短くて、世事は無常に変わって、生きていて桜が普通は光り輝くようで、死んでもはっきりと思い切りが良いと思っている。そのため、桜が日本人の心の中で人生のある種類のシンボルになるとも言うことができて、ある種類の精神を体現している――人々はまたよくそれと武士精神を関連させる。確かに、日本人はその他の民族の人とない特徴があって、その上これらの特徴は精神から現実的社会生活の各方面まで日本に影響している。日本人の桜情緒と死生観の結びつきからする研究は足りなく、まだ研究する余地があると思う。本文は先人の研究に基づいて、文献の研究方法を利用して、人々の日本人の死生観に対する正面の分析を踏襲して、日本人から桜が好きである、本文においては日本人の花見から、日本人は人の死をどう思うか、どういうふうに死に対処するか、いわば「生死観」を廻って展開して述べていく。および、日本の性格の中の死生観の特徴と両者の関連、日本人の死生観に対して初歩的な探求と総まとめを行っておよび社会との関連、人々の日本人の死生観に対する理解が深まる。

1 日本文化の体現--桜

1.1 桜の特徴と象徴

日本の国花である桜は日本の代表的な景物として、日本人の間で人気が高いゆえ、日本全国において広く植えられている。日本人の生活の隅々まで溶け込んでいるとも言える。全体の日本の桜は花期は50日、しかしすべての地区は花が咲くことから花の舞い落ちることまで7~10日だけある。毎年春に花見のは日本の伝統の習わしの中の一つで、桜は熱烈で、清らかで、高尚で、厳冬あとでそれが最も早く春の息を日本国民にあげるので、日本政府は毎年の3月15日~4月15日を「桜祭り」に決める。この花見をする季節で、人々は親族を身に付けて、友人を招いて、酒を携えて料理を持って桜木の下で地面に座って、桜がりながら、存分に酒を飮む。毎年日本気象庁は恒例の桜咲き発表をしており、その予測に従って花見に行く日を決める客もぞろぞろ出ている。昔から日本人は桜を春の化身に見なして、花の神霊であると思う。日本語の中で「桜の時」の意味は「春の時」である。 桜は順調に花が咲くかどうか古代の日本人からすると、この年が天候が順調かどうかを意味する。だから、いつも花が咲く時、人々は桜の木の下で集まって、大きな声で歌って痛飲して、全体の心身で春を褒めて、神霊の加護を祈る。桜のこれらの特徴と日本の伝統の文化の尊重した英雄観と人生の価値は一致している。

日本では、もし一つの「花」の字ときたらならば、普通は桜を指すのである。[3]近代国家の創立に従う、そのとき、法定を経ていないが、しかし日本人はとっくにそれ「国花」でした。このように、花=桜=国花のこの等式の創立を使うことがある。国花、文字通りなのは国の花を代表して、国旗、国章、国歌のようで、象を備えるだけではない物、また現代名族、国家などの概念に結びつける。明治の時期、桜は何度も日本と他国の付き合う時にして親善の道具を明らかに示して、最初の事例は1909年、1912年に二度桜木が米国の首都ワシントンを与える。それではから、桜を贈ることがすぐ日本の外交手段の中の一つになる。たとえば、1972年の中日国交正常化の時に、田中角栄首相は日本の国民の名義で中国に桜木を贈呈する。前世紀の90年代初期の東西ドイツの統一の時に、日本は寄付金を募ることを始めて、ベルリンの壁の廃墟で桜木を植えてのイベントがある、結果は寄付で7000本の苗木を買ってベルリンとポツダムに贈る。ここから、桜は日本国家、人民を代表するようで、友好的で、平和なシンボルになる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接