从《俺是猫》看夏目漱石眼中的利己主义毕业论文_日语毕业论文

从《俺是猫》看夏目漱石眼中的利己主义毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

夏目漱石是日本近代作家,在日本文学史上享有很高的地位,被称为“国民大作家”,他对东西方的文化均有很深的研究,既精通英国文学,又擅长日本的俳句和书法,小说中大量运用幽默的语言和新颖的形式,他的作品大多具有批判现实主义。

《俺是猫》作为夏目漱石的代表作是日本近代文学史上一部优秀的,风格独具的长篇小说,,也是世界文学名著之一,小说中主要描写了中小资产阶级的利己主义,揭露了国民性的缺陷,其主旨是启蒙健康的国民人格,批判了文明开化以后产生的利己主义,拜金主义。这篇小说使得近代日本批判现实主义文学得以继承和发扬。

本文通过文献研究法,分析了《俺是猫》中的利己主义。对文章中人物的心理,语言和行动研究之后就可以看出当时在资产阶级中盛行的利己主义。所以,夏目漱石写《俺是猫》的主要目的是为了抑制当时利己主义的发展。

关键词:夏目漱石;利己主义;猫;批判;《俺是猫》

目  次

はじめに 1

1 夏目漱石の利己主義 2

1.1利己主義の定義と特点 2

1.2特殊な経験 2

1.3作品の中で利己主義の体現 3

2 『吾輩は猫である』からの利己主義 5

2.1文章中で利己主義の具体的な形式 5

2.2猫の眼から人間の利己主義を見る 6

3 『吾輩は猫である』について 7

3.1創作の背景 7

3.2利己主義形成の原因 7

4 『吾輩は猫である』と夏目漱石 9

4.1創作の目的 9

4.2『吾輩は猫である』の意義 9

おわりに 11

参考文献 12

謝  辞 13

はじめに

夏目漱石は日本の近代の小説家として、世界でも有名で、批判現実主義の文学を代表する作家の一人である。夏目漱石は文学作品を創作する時間が短いではあるが,作品は非常に豊かである。彼の前期の作品は現実主義に基づくが、ロマン主義の特徴があって、文章に実に妙趣に満ちていた。後期で、夏目漱石は社会で遍く物欲、利己主義を膨張した現相をきわめて憎んだので,作品の風格が変えた、寂しく、重い感情がある。とにかく,批判現実主義が夏目漱石文学の風格の最大の特徴である。夏目漱石の作品は明治時代を創作背景として,あの時の社会の問題を描いた。『吾輩は猫である』は夏目漱石の長編小説として,小説家夏目漱石の誕生を告げた記念すべき作品である。人物の言動を具体的な描いて、利己主義を体現した。小説はニューモな創作手段を通して、当時の社会の真相を徹底的にあげいていた。この小説の中に苦沙弥,迷亭などの利己主義の心理について,いろいろな具体的の例を述べて,読者は小説の中に現わた夏目漱石の批判現実主義と見える。

夏目漱石と利己主義と『吾輩は猫である』についての研究は日本国内にも中国にもいろいろな作品がある。しかし、夏目漱石と利己主義に対して、みんなが自分の観点を持っている。岐山隆則の『漱石の個人主義』の中に、夏目漱石の個人主義を深く研究した。彼は夏目漱石の『私の個人主義』を基づいて、夏目漱石の個人主義の定義と影響を詳しく紹介した。国内で、李光貞の『「吾輩は猫である」と批判現実主義』は主に,文章の中の批判現実主義を研究した。彼は批判現実主義の定義と特点を通して、文章を詳しく分析した。李光貞は『吾輩は猫である』から強烈な批判現実主義を見るが、この小説は簡単に批判現実主義の作品を帰しないと思った。本文は文献の研究の方法を利用して、文章の内容を詳しく分析して、『吾輩は猫である』からの利己主義を体験した原因を研究した。夏目漱石は具体的な人物の言動を主に創作主体、彼の目的は人物の言動を描いて、人物の利己主義をはっきり見える。そして、当時の社会で人間の利己主義を痛烈な批判した。

1 夏目漱石の利己主義

1.1 利己主義の定義と特点 

『広辞苑』によって利己主義の定義は自分の利害だけを行為の規準とし、社会の一般の利害を念頭に置かない考え方のことだ。利己主義自分の利益、幸福、快楽を求めて、他人の立場を全く考えない態度のことだ。利己主義は自己を中心として、自己の利益を思想、行為の原則としている。人間の利己主義は私有制の産物だ,そのため、利己主義の歴史は私有制の歴史ように長い。利己主義の特点は虚偽性、頑固性、隠蔽性がある。隠蔽性の意味が意識がないような状況のもとに自己は利己主義の行為をしていることだ。虚偽性の意味が利己主義の行為をしている。当時に、自己のこの行為を承認しない。頑固性の意味が利己主義は人間の思想中で根強く揺るぎないことだ[1]。『吾輩は猫である』からの利己主義は利己主義自分の利益、幸福、快楽を求めて、他人の立場を全く考えない態度のことだ。文章中に苦沙弥の利己主義の特点は虚偽性、がある、彼は牡蠣的な人で、かつて外界に向って口を開いたことがない。彼は自分の欠陥をかくすために、よくありもしないことをねつ造る。迷亭の利己主義の特点は頑固性、がある。彼は人をからかうのが好きだ。何度も他の人をからかう。この効果は自分の優勢がしめした。自分の優勢を証明して、しかもそんなに人にがいを与えたくないという場合には、からかうのが一番よいである。からかうから迷亭の利己主義を見られる。他の人の利己主義の特点も虚偽性、頑固性、隠蔽性がある。

1.2 特殊な経験 

夏目漱石は明治維新の前の一年に生まれた。彼は江戸に生まれた。江戸は後の東京である。当時になかなか豊かな家庭が次第に衰退した。夏目漱石は家の中で人気がない、だから、彼をすぐに乳母の家に預け育ててもらった。やがて、塩原さんの養子になった。塩原の家によい待遇を受けたが、夏目漱石の心にこれは契約の関係である。明治20年に彼の長兄と次兄が相次いで肺結核で亡くなった。彼の3番目兄も将来の見込みはない、しかし、伝統にっよて、順番に従て継承者になる。当時に、夏目漱石はよい教育を受けて,東京大学の学業も完成して、だから、将来は明るい。夏目漱石の父の目で彼は控えの継承者である。もし夏目漱石の父の4番目の息子は何か故事があって、夏目漱石次に継承者になる。彼の父はこの利益のために、大金をかけて、夏目漱石を塩原の家から請出して、彼の原籍を回復したい。その後は失敗におわった。この経験は夏目漱石の心に深刻なハートを残した。彼は自分を物品のような交換したと思う。父は彼に関心を示しないて、自分の利益のためにいえに戻って、塩原さんは自分の利益のために夏目漱石によい対した。夏目漱石は二つの家庭から真心の愛を受けない。『吾輩は猫である』中の猫のように、小さい主人に欧られて、サーバントにからかわれて、主人さえ自分も大切にしない。夏目漱石が利己主義の存在を意識した。父親は自分の利益のために文字分を顧みらない。他の人がもっと自分の利益のために何もかも顧みらない。それから、夏目漱石の作品からたくさんの利己主義を見れる。これは彼の幼年の経験と関係がある。

1.3 作品の中で利己主義の体現 

夏目漱石の作品でたくさんの利己主義を見れる。これは彼の文学思想と必然な関係がある。環境と経験は作品中で利己主義を形成させた主な原因。

『坊つちやん』について、坊っちゃんは、父親と死別後、東京の物理学校に入学。卒業後8日目、四国の旧制中学校に数学の教師として赴任した。授業は1週21時間。赴任先で天麩羅蕎麦を4杯食べたこと、団子を2皿食べたこと、温泉の浴槽で遊泳したことを生徒から冷やかされ、初めての宿直の夜に寄宿生達から蚊帳の中にイナゴを入れられるなど、手ひどい嫌がらせを受けた坊っちゃんは、寄宿生らの処分を訴えるが、教頭の赤シャツや教員の大勢は事なかれ主義からうやむやにしようとする。辞職した坊っちゃんは、東京に帰郷。街鉄坊っちゃんの教師生活は、1か月間ほどにすぎなかった。社会の利己主義は坊っちゃんに苦難を受けせた。誰も彼に助けてくれない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接