从《地狱变》看芥川龙之介的艺术之道毕业论文_日语毕业论文

从《地狱变》看芥川龙之介的艺术之道毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文通过深入了解芥川龙之介所写的一部作品,去了解作者的艺术追求,去了解作者追逐艺术创作的心灵历程以及他对于艺术和人生的思考。

芥川龙之介是日本文学史上最有才华的作家之一,他的影响力很强,以至于直到今日人们还在对他作品的乃至他的人格讨论不休。他的自杀也给后人留下了无限的遗憾,无限的思考空间。

《地狱变》不仅表达了作者“艺术至上”的思想内涵,也全面展现了他的内心冲突和精神上的困境。这部作品,可以说是芥川龙之介对自己内心深处充满矛盾充满压抑的真实写照。

关键词:芥川龙之介;艺术至上;人性;矛盾

目  次

はじめに 1

1 芥川竜之介の人生 2

1.1文学の天才 2

1.2作品の特徴 3

1.3作品の変化 4

2 人間性の対立の中で作者の芸術の道を経験する――『地獄変』 6

2.1 人間性の対立――永久不変のテーマ 6

2.2最高な芸術 8

2.3芸術を求めるために悪魔の心を持つ 11

3  孤独な追跡者 14

3.1 芥川の芸術の追求 14

3.2 現実に打ち勝つことができない 15

終わりに 18

参考文献 19

謝  辞 20

はじめに

本研究の意味は芥川竜之介の内心世界を探究して展示するので、彼の艺术と人生に対する見方を調べる。作者がどうして自殺して自殺する前の状態、当研究の主要な内容である。本文は芥川の人生の事績、彼の文章、彼の芸術の思想によって研究する。

仰文渊は、芥川は前途に対して不安なことと感じて、社会に対して絶望して、そこで自殺するこの道に上がりますと思っている。菊池寛は、芥川の死因、半分はそれに心身ともに疲労させる神経衰弱になることができて、しかし残る半分は芥川が人生と芸術に対してあまりにも心からであまりにも敏感なことにあると思っている。

『地獄変』、これは最もこちらの日本の「鬼才」の作家の内心世界の文章を反映することができて、作者自分の芸術の人生の態度の完璧な展示と言うことができる。その時期の芥川竜之介、どんな気持ちがあって自分の心から愛した創作に従事しているので、どのような目的を持っていてこの社会の醜さを展示したので、芥川は一体ずっと何を求めているのか、本研究を通じて私達はいくつか解答を得ることができる。芥川竜之介の自殺となると、彼の遺書は確かに味わい深くて、私達も本研究の中から一部の連絡を探し当てることができる。

1 芥川竜之介の人生

1.1 文学の天才

 芥川竜之介( 1892- 1927) 日本の近代新しい思潮の派の代表作家で、人々に「鬼才」と称されて、森鷗外で、夏目漱石と名声を等しくする。芥川の文学の創作の時間はとても短くて、しかし彼はきわめて高い文学の追求と非常に熱い創作の情熱を持っていて、短い10の数年間、彼は大量のすばらしい小説を創作して、また、たくさんの評論、随筆、読書メモ、旅行記などを書いた。

芥川竜之介は東京に生まれて、誕生の時辰(竜)年の辰月の辰日の辰刻に会って、だから「竜之介」に名前をつきる。このように特別な時間は生まれて、その人が特別な人生を持つこと運命付ける。誕生の間もない母は心神喪失して、彼は叔父の芥川家を送って養子をする。養父母は詩·書道·音楽·絵画に対して通らないことがなくて、 家庭の中で濃厚な伝統の文化芸術の雰囲気に満ち溢れている。芥川はこのような家庭と社会環境が影響するもとに、大量の文学作品を読んで、このすべてはそのために後で文壇に歩み入ってそして一挙に名を挙げて頑丈な基礎を築く。しかし母は気が狂って、その上幼少から居候になる生活の経歴、芥川に小さいときから一層の影を覆わせている。

1927年、芥川竜之介彼の住まいの中で服毒して自殺する時、年はまだ35歳、全体の日本はこのために驚かせる。今日に至って、人々は依然としてこちらの天才の自殺に対して哀惜と感じる。35歳の時に人の世を離れて、無数なクラシックの小説を残して、もし彼は自殺しませんならば、彼の文学の上の業績はどんな程度に達することができるか。1935年、日本の文学界はこちらの有名な作家を顕彰して記念するため、同時にもっと多い優秀な新人を育成するため、芥

川竜之介文学賞」を設立する。芥川の文学の方面の業績これより分かるのは。

1.2 作品の特徴

 芥川の作品はかねてから人に称賛される。中村真一郎は、芥川の文学創作は「日本の近代の文学史の上で1つのかつてあったことがない領域を開拓した」と言う。[1]1開始性の文学があるのはよく偉大である。人は芥川の文学の作品を2つの段階分ける:第1段階は1915年から1919年までで、この時期は主に歴史の題材を主として作品を行ったのである。芥川は幼少から中日の古典文学のよい影響を受けて、そのために歴史の題材の作品で文壇に歩み入って頑丈な基礎を築く。歴史の本の中のたくさんで奇異な題材は芥川に材料をとられて加工を行って、いっそう生き生きとしかも味わい深いようになる。人がいくらかあって芥川がみごとに彼ののとてもできる選択の素材のためのことができると言って、しかし明らかに芥川がストーリを改作するの能力のがとても強いである。その上、彼はこれらの材料の中の古人の生活の中をくわえてことができるから、 自分の気持ち適切な物事を探しだすると。

芥川に関して初期典籍に頼って書き直して、人々は異なる見方がある。高木卓は、古典に材料を取るのはもちろん過度に非難すべきほどでもないのですと思っている。しかし芥川の作品、特に多数の歴史小説。ほとんどすべて『今昔物語』を主とする多くて古典の題材で頼るのである。この点だけあって側面から彼がアイデア、想像力に不足することを反映すると言うことができるかどうか、彼の構造の能力の薄弱さを反映する。[2]2吉田精一は、芥川の文学の素質はとても強大で、創作の技巧はとても優れていて、その上芥川は典籍の中から自分

の人生を取り出して悟ることができますと思っている。例えば芥川の『地獄変』、これは芥川の初期の作品に属するのである。芥川の作品はいつも少し怪

しいようで、とても細部の描写について集中する。彼の思想はいつも小説の中でとても目的のがあって、人物の描写に対してを通じて現れ出る。第2段階の芥川は主に生活の中から材料をとって、自分の内心世界を掘り起こして創作を行って、外部の世界を風刺してから、自分を分析することに変わる。

あの時期、芥川は今古い諭しを借りることに長けて、社会の弊害を批判して、人間性を掘り起こして、現代人の生活の困り果てた顔つきと魂性質を伝達する。あれらは彼の書き直した作品を通って、すべて新しい生命を注ぎ込まれる。魯迅は芥川を評価する:

「彼の作品の使ったテーマ、最もいくらでもあってすでに達したことを望んだ後の不安、あるいは不安な気持ち。彼はまた古い材料をよく使って、時にはストーリの翻訳に近いである。しかし彼のが古い事を繰り返して話すのがもっぱら決して好奇心がなくて、彼の更に深い根拠がまだある。そのためあれらの古代のストーリが彼を通じて直して行った後に、すべて進新の生命を付けて、現代人と関係を産んで来た。」[3]3

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接