中日数字文化の違いについて毕业论文_日语毕业论文

中日数字文化の違いについて毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

中国自古以来都对偶数特别钟爱。不论是在日常生活还是在建筑中,甚至是在文学作品里都处处体现着中国人追求对偶、对称的现象。与此相对,日本人却更加钟爱奇数。在日常生活中更多的是使用三、五、七这样的奇数。究其根本原因是因为两国所受到的思想影响各不相同。对于两国人民来说具有特别含义的数字也不太一样,本文以八和三作为例子进行分析。中国因为喜欢钱而喜欢八,而日本人因为受到阴阳思想的影响更喜欢三。此外,两国的禁忌数字当中也有很多共通点,他们都认为他们的语言是有灵魂的、是有神存在的,自己所说的话神灵是可以听见的。

通过对异同的比较,我们可以从两国的宗教信仰、价值观、生活习惯等各个方面对双方国家的文化有一个深刻的了解。这样的话,就能克服文化的鸿沟,是两国人民顺利的进行交流,避免产生文化摩擦。

关键词:奇数;偶数;喜爱的数字;禁忌数字;文化

目 次

はじめに 1

  1. 奇数と偶数 3

    1. 日常生活の中の数字 3
    2. 建物と文学作品の中の数字 4
    3. 好きな数字の由来と歴史的原因 5
  2. 特別な意味の数字 7

    1. 中国人にとっての「八」 7
    2. 日本人にとっての「三」 8
  3. 数字の忌み 9

    1. 中日の忌み数の異同 9
    2. 中日好き嫌いの原則 10

おわりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

数は自然科学の基礎で、数量を表すために用いる抽象的な概念である。何万年前、人類の祖先は生存のために数十人たちが群がって住んでいた。昼間は、共同に労働し、野獣を狩りに行った。夜は、一緒に穴の中に住んでいた。長い時間が経つと、自分の感情と意見を表現しなければならなかった。これによって、ゼスチュアを使用した同時に簡単な言葉を作り出した。しかし、人類は最初「数」という概念をはっきり理解できなかった。狩りから帰ってきて、食物があるかないかすぐ分かった。そうすると、「有」と「無」の概念はだんだん深くなった。その後、群は分かれてきて尐ないメンバーからなる部落になった。

「有」とは「一」、「二」、「三」、「多」の意味と考えられた。「三」より多いのは全部「多」あるいは「群」の概念を認めた。約一万年前、人類は農耕という新たな生活スタイルを始めていた。祖先たちは期日と季節を数える方法を学ばざる得なかった。「一」、「二」、「三」、「多」のような簡単な単位ではもう足りなかった。数を数えるために彼らは木と石に記号を刻んだ。このようにして、使われる数字は次第に増えてきた。

昔の千年、中日両国は文化における交流を進めた。とくに、唐代に頻繁になった。日本はほかの国からの文化をよく吸収し、自分の部分と融合して特徴をつける文化を創造する。だから、中日文化ついて通じ合うところもあって、まったく異なるところもある。

先人の研究の中に、田文莉(2011)は「昔の千年の中で、日本は中国文化の養分を吸収することを頼んで、この百年の強いに向かって進む。」と言った。黄径舟は『中日数字の中の文化』(2007)の中で「数字はもう数量を表すための符号だけではない、民族思惟を映りと豊富な文化を受け継ぎの形である。この窓から、限りなくて奥深い文化を認識できる。」と書いた。

本論文は数字文化から中日文化の異同を分析する。数字とは数を表現するための記号や文字だけではない。豊富な文化を含めて、民族の社会心理と思惟方式が反映される。宗教意識、言葉、美醜意識さらに地理位置が異なって、好きな数字も違う。同じの数字にしても、含まれる意味も違う。違う数字が好きな

のは人たちの思想に違う影響をもたらす。

グローバリゼーションにしたがって、中日両国は貿易と文化における交流が緊密になっている。両国がお互いに好みと忌み、思惟方式、価値観などを了解すれば、文化を越えた摩擦を避けることができる。さらに、文化異同を克服に役立つことになって、順調に友好交流を行なえる。

1 奇数と偶数

言語は人類の重要なツールであり、コミュニケーションのための記号である。人間は言語を用いて文化の成果を保存して、そして、後世の人へ届ける。言語 はコミュニケーションのメディアとして民族の特徴の一つである。政治と経済 にも、社会と科学の技術にも、さらに、文化そのものにも影響をもたらす。昔 から数字と言語は分かちがい関係を持っている。ふるいの時代、詩人たちは数 字を引き入れて、詩歌の感化力を強める。たとえば、中国の詩人の岑参の「白 雪歌送武判官归京」の中に「忽如一夜春风来,千树万树梨花开」と書いた。「千」と「万」を使って、雰囲気を盛り上げた。数字は言語構成の一部分として、あ る文化的意義を伴って、価値観と審美意識を体現できる。

日常生活の中の数字

中国人はいつも偶数と関係のある日を選んで行事を行う。特に結婚や誕生日などのめでたい場合に偶数を選ばないことはない。そうすると、もし偶数の日ならばレストランの忙しい風景は常に見える。結婚でもいい、誕生日でもいい、礼金の額の多尐を問わないでいつも偶数で送る。お菓子などもそうする。正月には一対での対聯を入り口に掲げるのも中国の伝統的なやり方である。注文する場合、大体「四」「六」「八」のような偶数個にする。2008 年、中国はオリンピックを開催した。期日の選定も学問を凝らした。最後、2008 年の 8 月 8 日に決めた。天気などの客観の条件を除いて、数字の要素も考えなければならない。

日本人が中国人とまったく違うのは彼らは偶数より奇数が好きだ。その点は日常生活にはっきり見える。日本には有名な行事がたくさんある。その中で、毎年の十一月十五日、七歳の女の子たちと五歳の男の子たちと三歳の子供たちに華やかな和服を着せて神社へ参拝に行かせて健康と平安を祈る。日本人は奇数の縁起がいいと思う。それから、その中の「三」「五」「七」を選んで行事の主役として行う。そのほか、三月三日のひな祭り、五月五日の端午の節句、七

月十五日の盂蘭盆の節句などみんなは奇数の日と関係がある。その例の通り、日本人はめでたいことと奇数を結ぶ習慣がある。誕生日や結婚などの祝いの時もそうする。礼金もお菓子も日本人は一般的に偶数で送らない。なぜかというと、偶数の「四」は日本語の発音の中で「死」と同じで、多くの場合「四」を使用しない。「二」、「四」、「六」などの偶数であっさりと送らない。日本人は奇数が好きだが、日本語の中で「九」と「苦」は同じ発音で、「九」という数字も避けなければならない。そうして、日本のドラマもこの習慣を守る。ちょうど九回と十回のドラマはほとんどなくて、多くのは十一回である。十回だとしても、その後にSP(スペシャル·パート)を加えることが多い。そのほか、日本人の名前から奇数を好む習慣も見える。数字を使うのは日本の名前の特徴の一つである。調査によると、数字を含める名前は約二千個である。たとえば、政治家の小泉純一郎、作家の大江健三郎、男優の三浦春馬、アニメ人物の毛利小五郎のように奇数を使う名前がたくさんある。

建物と文学作品の中の数字

中国の隋代と唐代は最繁栄の時代である。その時、政治と経済はアップしてトップの階段を迎えて、各方面は真っ盛りだ。首都の長安城は二つの門を対称ラインとして、左右の完全に同じ部分に分かれている。日本人はこの碁盤のような建物を模範として彼らの国にも建てた。実は中国人は昔から奇数を持って偶数のバランスを実現した。たとえば、北京にある故宮の門の上には、左右二つに釘が各九個があり、「九」は奇数だが、二列に並ぶとちょうどう十八個であり、これは偶数になる。

これは中国人の詩人李白の作品:

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接