川端康成的物哀研究 ——以《雪国》的女性描写分析毕业论文_日语毕业论文

川端康成的物哀研究 ——以《雪国》的女性描写分析毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

川端康成是一个独具东方色彩的唯美主义作家,悲美是他文学的主要风格。他的小说常以女性为中心,以他们对爱情的追求为主题,始终贯穿着淡淡的忧伤和凄凉的美丽。这样的美学思想和日本传统的“物哀”精神是一脉相承的,但是他对“物哀”又有独特的见解,可以说他是在继承的基础上进行了突破。他一生都在追求美,构筑自己美的世界。

《雪国》作为川端康成的巅峰之作,是一部最日本的小说,该作品虽然短小,情节也没有跌宕起伏,但是通过平淡的口吻和细腻的笔触,我们能感受到日本传统的自然之美,女性之美。但是在这种美丽之下,透露的是无奈、虚无,甚至所有的一切都是徒劳。这种唯美至极的悲哀,正是他所不断追求的境界。

关键词:物哀;女性;悲美;徒劳;日本传统美

目  次

はじめに 1

1 『雪国』の美しさと悲しさ 3

1.1 駒子の美しさと彼女の美しい徒労 3

1.2 葉子の美しさと彼女の美しい空虚 5

1.3 二人の女性美と悲しみの関係 6

2 女性美をめぐる日本伝統美 8

2.1 『雪国』の女性描写から日本の伝統美を見る 8

2.2 川端康成の日本伝統美の追求 8

2.3 日本伝統美の源 9

3 川端康成の「物の哀れ」意識について 10

3.1 「物の哀れ」の概念 10

3.2 川端康成の「物の哀れ」意識の表現 10

3.3 川端康成の「物の哀れ」の超え 11

4 川端康成の「物の哀れ」意識形成の原因 15

4.1 川端康成の成長経験 15

4.2 古典文学特に『源氏物語』からの影響 16

4.3 禅宗の追求 17

おわりに 19

参考文献 20

謝  辞 22

はじめに

『雪国』は川端康成の代表作である。彼は、1968年ノーベル文学賞を受けた。彼は日本文学の発展に影響をもたらすだけでなく、東洋文学、さらに西洋文学に大きい影響を与える。

川端康成の思想についての研究がたくさんある。日本において、川端康成の宇宙観について、川端康成文学研究家羽鳥徹哉は万物が全部同じ、輪廻して、ほかの物を変えている[1]と解釈している。

川端康成思想の発展と日本伝統的古典文学について、青野季吉は『雪国』と『源氏物語』の主題が近いだけでなく、『源氏物語』の美しさと川端康成の作品の中の美しさも同じである[2]と説明している。

川端康成の女性観について、日本愛知工業大学文学科社本武教授は川端康成が美しさの力学を優美、繊細や生命力をあふれる感動のなかに伸びている、洗練や唯美な世界を作っていると説明している。

日本だけでなく、中国にも川端康成についての研究がたくさんある。特に川端康成の「もののあわれ」意識について、たとえば、蒋茂柏は川端康成の「もののあわれ」意識が次のいくつ方面をまとめている。

一、ものにおける自然風物を強調している。

二、感情における男女の愛情を突出している。

三、悲愁は作品の主な色調となっている。

四、美を続く追求している。

五、小事にとらわれず悠々としている。

それに、どんなに努力しても、すべての恋愛は結果がない、どんなに努力しても、全部徒労である。愛情を把握、運命を変えるのは誰一人もない。川端康成の小説の中に表現している悲しくて、虚しい美しさは宿命の観点を含めていると説明している。

上海外国語大学譚晶華教授は川端康成の作品は客体の悲しい感情とテーマの同情から、たくさん善良な下層部の女性に悲しい情緒を与える、感動的な美しい芸術イメージを作る[3]と解釈している。

この小さい論文は主に川端康成の「もののあわれ」意識を研究している。テキスト分析の方法によって、女性の美しさを展開して、女性の悲を検討している。悲と美はいつもつながっている。この点から日本伝統美と同じである。日本伝統美の源は日本文化の真髄「もののあわれ」の審美意識である。川端康成は日本文学の「もののあわれ」意識を受け続ぐとともに、自分の悲美な世界を作っている。

この研究は川端康成の独特な「もののあわれ」を強調して、日本伝統美の研究について、ある程度の意味をおたらすと思っている;『雪国』の女性美の研究は、川端康成ほかの作品の中の女性崇拝意識の研究について意義があると思っている;川端康成の「もののあわれ」意識形成の原因の研究は、今後彼における時代や社会、そして成長経験などの研究に役に立つと思っている。

1 『雪国』の美しさと悲しさ

1.1 駒子の美しさと彼女の美しい徒労

女性の美しさを研究するために、美の意義を理解しなければならない。しかし、美を一意に定義することは難しいであり、異なる人には違い定義がある、美の基準も人によって違うと思われる。けれども、美について、違う領域にいろいろなまとめがある。たとえば、古代エジプトの女王であったクレオパトラ7世は「美女」として著名であり、数学者は、抽象数学であるリー群やイデアル理論に出てくる定理を美しいと述べる。[4]

しかし、美の定義は、大変難しい学問であり、素人の私にとって、はっきり説明することはできない。私から見れば、簡単に説明すると、美は二つ方面がある。ひとつは、外見の美しさ、つまり、容貌の美しい人物をさす。美人という言葉は内面を指すこともあるが、一般には外見の判断が多い。

細く高い鼻が少しさびしいけれども、その下に小さくつぼんだ唇はまことに美しい蛭のわのやうに伸び縮みが滑らかで、黙っているときも動いているかのような感じだから、も子しわがあったり色が悪かったりすると、不潔に見えるはずだが、そうではく濡れ光っていた。目じりが上がりも下がりもせず、わざとまっすぐに描いたような眼はどこかおかしいようながら、短い毛の生えつまった下がり気味の眉が、それをほどよくつつんでいた。少し中高の丸顔はまあ平凡な輪郭だが、白い陶器に薄紅を刷いたような皮膚で、首の付け根もまだ肉付いていないから、美人というよりも何よりも、清潔だった。[5]

これは『雪国』の女主人公駒子についての描写、駒子は確かにあの時代の美人、つまり、美しい女性である。島村は彼女の清潔や美しい女性の容姿に引かれたからこそ、彼女との出会いが心待っている。駒子は芸者であるけれども、清潔な少女である。

「女の印象の不思議なくらゐ清潔であった。足指の裏のくぼみまできれい

あらうと思はれた。」[6]

「白粉はなく、都会の水商売で透き通ったところへ、山の色が染めたとでも言う、百合が玉葱みたいな球根を剥いた新しさの皮膚は、首までほんのり血の色があがっていて、何よりも清潔だった。」[7]作者がいろいろな細かい点からこの清潔を強調し、実は駒子の心の美しさを示すと思われる。これはちょうど美のほかの方面である。美と真あるいは善との関わり、あるいは美と快、すなわち、何かあるよいものによってもたらされる感覚との代わりとして問題化されてきた。美はよい、快いなどの意味を含めて、いつも善と関連つけられることが多く、道徳的なものが指すと思われている。

駒子はこの雪国に生まれた、雪のような清潔なのは顔だけでなく、心や生活へのまじめや執着がもっと美しい。行男に対する無私や善良、あるいは、村島へのひたむきな愛情が読者に感動させている。彼女は16歳から日記をつけて、それに、雑誌や小説本を借りて読んで、古雑誌の裏に落書きし、三味線も稽古し、積極的に生活に向き合って、まじめに生活してほしがっている。作者が最も伝えたいのは島村の執着な愛情である。彼女は自分の肉体と精神が全部島村に捧げている。このような身を捧げる精神は女性美の魅力を増し加えている。それに、島村の心も震撼されている。しかし、これらが村島の目から見て、すべて徒労である、特に、彼女何か目的もなく、彼のために自らのすべてをささげる献身精神は意味がないとよく知っている。駒子の精神から見て、作者川端康成が女性を尊敬し、純真な愛や美しさを絶えず求めし、人間の汚れを洗い清めて、愛を救うことがはっきり示している。しかし、駒子に対して、愛情も徒労し、生活も徒労し、すべてのことさえも徒労である。結果がない愛情に執着のは運命であきらめ定められていて、読者の私たちから深い同情を持っている。このような徒労だけあって、駒子の美しさがもっと悲しくてさびしくなっている。

1.2 葉子の美しさと彼女の美しい空虚

前の部分が「美」という概念を分析している。駒子の外見を細かく描くとことなう、葉子について、顔を直接描いたことがない。それに、全本に占める部分が少ないけれども、かけない人物である。村島にっとて、駒子は肉体的、現世的な人物であるが、葉子は詩意的や精神的な女性である。「悲しいほど美しい声であった。高い響きのまま夜の雪から木魂して来そうだった。」[8]声だけの描くは読者に視聴面の美感をもたらすである。川端康成は葉子について、ほかの人の目から描く、直接描写していない。この小説は冒頭で「夜の戸彫りの鏡」のような美しい景色と葉子の美しさを重ねて、汽車の中にいる島村が鏡に映した葉子の美しさに引かれて、思いをはせている。はかなくて透明な人物と朧な風景呼応し、世俗を超脱する世界を作って、この作品がもっと美しくなっている。「悲しいほど美しい声」も葉子の痛ましい境遇を暗示している。この小説の最後は雪の火事で終わっている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接