浅谈日本的茶道毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本的茶道毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本论文主的主题是研究日本茶道。文章主要由三大部分构成。第一部分写茶道的概况。这一部分包括了茶道的概念以及茶道的起源和发展。第二部分介绍了茶道文化。这里的茶道文化主要是介绍茶道的礼仪,茶道和茶具的特色,茶道文化的美,最后一部分探究了茶道精神,主要介绍“和”的精神,以及“和”的精神对日本人精神的影响。

本论文从以上方面论述了日本茶道,从而得出以下结论。日本茶道已经成为日本文化的代名词之一了。但是追溯到茶文化的历史,其实是由中国的茶文化传播过去的,在日本得到很好的发展。茶道是一种精神修养的方式,是以茶作为媒介的礼仪。它不仅仅是物质享受,而且通过茶会,学习茶礼,陶冶性情,培养人的审美观和道德观念。成为表现日本人日常生活文化的规范和理想。日本茶道精神中重视人与人之间的“和”。这种思想对日本人有很大的影响。

关键词:茶道; 茶文化; 影响; 茶道精神

目 次

はじめに 1

1 茶道の概況 2

1.1 茶道の概念 2

1.2 茶道の起源と発展 2

2 茶道の文化 5

2.1 茶道の礼儀 5

2.2 茶室と茶道具の特色 5

2.3 茶道文化の「美」 6

3 茶道の精神 8

3.1 茶道の基本的精神 8

3.2 茶道から見た「和」の精神 8

3.3 「和」の精神が日本人の精神に対する影響 9

終わりに 11

参考文献 12

謝  辞 13

はじめに

日本の茶道の文化の歴史は中国の茶道の文化の歴史の発展に沿って発展して来たと言える。そして、日本文化の中で、「茶道」が非常に重要な部分である。茶道についての研究は日本研究のとても重要な分野である。茶道は中日の文化交流の結晶で、東方文化の特徴をもっている。そのうえ、茶道の研究は茶道の精神についての研究と離れられない。「茶道」はお茶を仲立ちとして生活する中での礼儀なので、精神修養の一種の方式だとも思われる。そしてお茶を飲むことを通して、友情を増進し、審美能力をも高めることは、礼儀を学ぶ上で、とても役に立って面白い1種の方法となったと思う。日本の茶道は豊富な内包を持っている。同時に、茶道の精神、数百年来日本人の思想と生活を指導した。

1 茶道の概況

1.1 茶道の概念

日本文化の中で、「茶道」が非常に重要な部分である。実際に「茶道」と言えば、大部分の人は容易に日本を連想すると思われる。日本の茶道は1種の儀式なので、客のためにお茶の事を献上したのである。もとは「茶湯」と称する。日本の茶道はその他の東アジアのお茶の儀式と同じに、すべて1種の茶の味をみて発展してくる特殊な文化で、しかし内容と形式は違う。茶道の歴史は13世紀にのぼることができる。最初は僧侶がお茶を使って自分の思想を集中しにくることである。日本の茶道は「日常の飲食の事」の基礎の上で発展したので、それは日常生活と宗教、哲学、倫理と美学を結び付けて、ひとつの総合性の文化芸術のイベントになる。それは物質的享楽だけではなくて、主にティーパーティとを通じて茶の礼を学んで審美と道徳的な観念を育成しにくるのである。16世紀末、千利は歴代の茶道の精神を受け継いではいけなくて、日本の正統の茶道を創立した。

1.2 茶道の起源と発展

鎌倉の時代(西暦紀元1192―1333年)初期、歴史の転換点の画期的な人物の栄西が日本の第一部お茶の本を書いった。栄西は2度宋に入る。、第2度は宋に入って、宋四年の04ヶ月で、1191年帰国した。彼は禅学に研究にだけではなくて、その上宋のお茶の文化と効果を自ら体験した。栄西の帰国する時、彼のログインした第一駅にある――九州の平戸の島の上の富春院、お茶の実をこぼしする。栄西の九州での山もお茶を植えて、ほどなく山に多くなって、「石上苑」という茶畑が現れた。栄西の帰国する2年目、日本の第一個の幕府の政権――鎌倉の幕府は創立した。最高な権力のを掌握してもう天皇ではなくて、武士の集団の首領である―源氏。政治の中心、同じく京都のから鎌倉まで移転する。栄西は自分で中国の体験と見聞によって、その時の粉の茶と菓子を記述した。このため、日本のお茶の文化は絶えず拡大を普及させて、3百年後に日本の茶道の創立を招いた。栄西は日本の禅宗の祖、日本の「お茶の祖」である。栄西が宋から帰国して再度お茶法をつけることと中国のお茶、茶道具を入力して、お茶はまた貴族、武士階級を風靡する。茶畑は絶えず拡充して、名産は絶えず増加する。栄西の後で、日本のお茶の文化が二つに分けて、1つは禅宗は流れて、1つは律宗は流れる。お茶を飲む活動は寺院をセンターで、しかも寺院から民間まで普及させるので、これは鎌倉の時代のお茶の文化の主流である。鎌倉の時代の末期、上層の武家社会の新しい興味、新しい娯楽の「お茶を闘う」のは流行していて、お茶の味をみるを通じてお茶の産地を区分する活動が室町のお茶の主流になる。

室町の時代(西暦紀元の1333―1573)、宋の「お茶を闘うlsquo;をまねて、娯楽性がある「お茶を闘う」の高まりが現れる。特にある室町の時代の前の段階、豪華な「お茶を闘う」は日本のお茶の文化の主流になる。日本の「お茶を闘う」主役は武士の階層なのである。お茶を闘うのが交際を拡大して、中国から輸入の品物を誇示することである。室町の時代の中後期に着いて、お茶を闘う内容は更に複雑で、賞品の種類がもっと多くになる。、記録によって茶碗、陶器、扇子、硯、蝋燭、刀などがある。室町の時代、お茶を闘うのが更に豊富である。これは日本の文化が娯楽性の特徴があったことである。当然で、室町の時代、いくつかの高尚・上品なお茶を飲む活動もある。室町の時代の末期、茶道は日本で迅速な発展を獲得する。

江戸時代の初期まで、茶の味をみる人は主に諸侯、豪商など中心階級の人物で限定する。でも、江戸時代の中期まで、商人階級の経済が盛んに発展して、茶の味をみる人も多く立ち上がる。同時に商人階級を主人としての新しい茶道にして、この茶道の範囲は市ホールの出身の3000ぐらいの住民で、そしてそれらをセンターとして1種の血筋の流派を形成する。この流派のため、大量の居候の弟子を受ける。

日本の現代が1868年明治維新になってからのである。日本のお茶は安の土、桃山、江戸時期後で、明治維新の初期に1度と落ちぶれる。しかしほどなくまた安定的な発展の期限に入る。前世紀80年代来、中日の間のお茶の文化交流は頻繁で、一方、更に主なのは日本の茶道の文化が中国の帰ることに伝わるのである。

 2 茶道の文化

2.1 茶道の礼儀

茶道はくどい規程があって、茶は砕くのが精密で、茶道具は拭くのがきれいで、司会者の動作は規範に合わせて、飄々としていて舞踊のリズム感があって、また正確に所定の所につきる。お茶を飲む場所がとても重んじて、普通は茶室の中で行いる。客を受け付ける時、客を席についた後に、司会の儀式のお茶師から規定の動作によって炭火をつける、湯を煮る、お茶を拭く、それから順次客に捧げる。客は規定に両手恭しくお茶をつながなければならない。先に謝意を表して、それから茶碗を三回回転して、ゆっくりと飲んで、返上する。お茶をつける、お茶を煮る、お茶を捧げることは茶道の儀式の主な部分なのである。お茶を飲む時に、客の対話から杯のはしまですべて厳格に規定のがあって、お茶をつけて人がどの手を伸ばす、先にどの足に進む規定がある。お茶を終わって、慣れるによって、客は各種の茶道具に対して鑑賞を行って賛美する。最後、客は主人に向って叩頭して別れを告げる。そして、主人は親切に見送る。茶道の礼儀が多くて複雑だ。儀式が異なることがで、やっと近代的な日本の茶道を20ぐらいの流派に分けさせた。16世紀前の日本の茶道は更にずっとくどくて、近代的な茶道は千利が複雑なところを削除して簡潔な様子になるのである。

2.2 茶室と茶道具の特色

日本の茶道の「茶室」、茶道の場所を開催するためのである。日本茶室は竹の木とアシの草で編む。茶室の面積が普通で4置いて半分で、約9-10平方メートルである。精巧で上品で、構造はすきがなくて、それによって主客で腹蔵なく話し合う。茶室がベッドの間、客、点などの専門の所に分ける。室内の設置の壁龕、いろりと各式のぼうっとする窓、片側の布の「水の家」、水を煮てお茶をいれて茶の味をみる器具と清潔な用具を放すことに用いする。ベッドの間で名前だけな人の書画、そばは竹を放して花瓶をつくって、花瓶の中でまじりあって、生け花の品種は四季によって異なることがある。 当然に、茶室にも茶道具がある。

日本の茶道は中国から発展するため、そして、日本の茶道の茶道具も中国の茶道具から発展するのだ。その基本的な茶道具は潮州の茶道具と同じなのである。四種の神器:水を煮る風のストーぶ、お茶を煮る釜、水を煮る鉄制の大きい鉢、茶湯の使う磁器の碗。

2.3 茶道文化の「美」

茶道の中で使う茶碗、造型から色までなど、いつもバランスが取れていない陶磁器の品物に会うことができる。あるいは掛け軸などの茶道の美術品のだ。気に入ったのはいつも統一されている感じではなって、多くまちまちする。このような欠陥を持つ茶道具はきれいである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接