日本語における男性言葉と女性言葉の違いおよびその成因について毕业论文_日语毕业论文

日本語における男性言葉と女性言葉の違いおよびその成因について毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

语言的使用存在性别差异。这种语言现象并不是日语独有的,但它在日语中特征明显,成为日语的一大特色。日语在语音、词汇、语法以及表达风格等方面中存在着明显的男性用语与女性用语差别,其存在有着深刻的历史和文化背景。

女性用语较之男性用语具有感情色彩浓厚、柔和、委婉、敬语程度高等特点,女性用语的特征也是传统的日语语言文化的双重反映。通过对该语言现象进行分析与研究可以认识到这种差别产生的成因,并且随着社会的变化发展,男女用语的特点也将逐步发生变化。

关键词:男性用语;女性用语;特点;差异;成因

目  次

はじめに 1

1 女性用語の特徴 2

1.1 女性用語の由来 2

1.2 女性用語の特徴 3

1.3 女性用語の発展 7

2 男女用語の区別 8

2.1 音声の相違 8

2.2 語彙の違い 8

2.3 文法と表現方法の違い 13

3 男女用語に区別がある成因 14

3.1 生理原因 14

3.2 心理意識の原因 14

3.3 歴史原因 15

3.4 社会原因 15

終わりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

はじめに

日本語の発音、語彙、文法及び表現スタイル等の方面は、男性用語と女性用語はぜんぜん違います、その中に深刻な歴史と文化背景がある、社会の変化に従って、男女用語の特徴も変化しつつある。その中、女性用語は伝統的な日本語彙文化及び社会人文文化から反映されたので、女性用語は使用上に更なる注意すべきである。

男女用語に対する先行研究がたくさんある。例えば、劉占和の「日本語には男女用語の区別及び成因分析」、曲鳳鳴の「日本語の男女用語の区別について」、日本には、金田一春彦の「日本語」、水谷修の「話しことばの表現」、金井良子の「女の魅力は言葉しだい」など、すべてが独特な見解を持つ。

本文は発音、語彙、文法及び表現スタイル方面から研究し、語彙現象を分析・研究することを通じて、その違いと違いを発生する原因を理解する。語彙交流は日常生活の中で最も頻繁で常に発生する行為である、日本は真面目な国で、男女用語については非常に重視しているので、正確に男女用語の語彙特徴と技を区分し運用することにより、いろいろな勘違いが避けられる。

1 女性用語の特徴

1.1 女性用語の由来

女性用語の初期は平安時代である、古代日本天皇は皇位を即位する際に、皇族の未婚女性を選定し、伊勢神宮に勤めさせる、神様を礼拝する際に、これらの女性は直接に物事の名前を言い出すのを禁止され、“不浄”“不潔”の言葉を使用するのを避ける為に、彼女たちは代用語彙を作った。例えば、“寺院”直接“おてら”を言えない、“かわらぶき”しか言えない、つまり“瓦葺”しか言えない。これは日本語の中の“斎宮忌詞”である。[1]日本人は神様に強い畏敬の念があるので、これら女子専用の“忌詞”を敬語というよりも、女性用語に対してある制限といっても過言ではない。

女性用語の発展期は中世である。室町幕府時代、皇宮に勤めた高級女官たちの間に彼女たち専用の隠語は流行ってきた、これらの隠語は基本的に日常生活の衣、食、住にかかわる言葉である。これら女官たちは使った隠語は貴族階層に流れていった、そして普通庶民のなかにも隠語を使い始めた、更に現代の女性用語の中でもそれらの隠語の痕跡が残ってる。例えば、“すし”を“すもじ”と言う、“だんご”を“いしいし”と言うなど。

女性用語の最盛期は江戸時代から、上流社会と普通庶民の接触がますます多くなり、普通庶民家庭の女の子も貴族家庭のお使いさんになることもあり、風俗業出身の女の子すら豪門に嫁いでいくこともあることなどで[2]、もともと高貴な貴族女性用語と普通の女性用語を混じり始め、時代の流れの中これらの言葉使いは女性専門用語として確定してきた、これらの言葉使いは物事の名前以外、日常生活の各方面にも見られ。例えば、見参を“めもじ”をいう、恥ずかしいを“おはじ”という等。

女性用語の衰退期は近代である、印刷技術と出版文化の発展に従って、女性向きの書籍がますます多くなり、もともとこれらの出版物は女性専門用語を用いてるが、女性専門用語の規則が多くって、完全に意思表示ができない為、女性向きの読み物はそれらの規則を破れ、ますます薄くなった。特に戦後、女性の社会地位は上昇しつつ、女性用語が質的に変化し始めた。[3]

1.2 女性用語の特徴

女性用語と男性用語の違いは主に感嘆詞、助詞、代詞、敬語、表示方式など諸方面に現れてる。

1.2.1 感嘆詞

男性と比べ、女性の言葉使いは感情に富んでる、日本語の中に感嘆詞の使用上はその特徴を十分に現れた。

例1:女:ねえ、これ、どう。

男:すきなの、じゃ、誕生日プレゼントに。

女:わ、どうもありがとう。

例2:女:あら、このりんご。大きくて高そうね。

男:そう、高いよ、一つ250もするんだ。

例3:女:まあ、かわいいですね。これ、私は欲しいです。

男:そう、じゃ、これにしょう。

例のなか“わ”、“あら”、“まあ”などこれら比較的に感情を富んでる感嘆詞は女性専門用語である。近年、“ホントー”、“ウッソー”など一つの単語を長音したり、促音したりすることで、感情を強化し、気分を誇張する言葉は女性専用の感嘆詞になってきた、その代わりに男性はめったにこのような誇張な感嘆詞を使用しない。

1.2.2 結尾語

日本語の中の女性用語は名詞で結尾することが多い。例として、次のようなものがある。

例4:“本当にすてきなこと。”

例5:“すごくいやなこと。”

例6:“是非してみたいですもの。”

“こと”と “もの”で結尾する形式で、皆は感情色彩を富んでいる表現方式である、これは女性の気持ちに相応しい表現方式である。日本の古典名著《枕草子》の始まりには“春はあけぼの。”からは女性用語の文法が充分に現れた。

1.2.3 人称代詞の使用

日本語の中で人称代詞の使用上に男性と女性は大きな違いがある、女性第一人称は“わたし”或“あたし”、“わたくし”、“わたい”を使う、第二人称は柔らかんな“あなた”を使う。“ぼく”、“おれ”、“きみ”、“おまえ”、“あつい”みたい無理で傲慢で低俗な呼び方は男性専門用語で、女性使ってはいけない。

1.2.4 同意語の使用

同意語について、女性は比較的に婉曲で柔らかな美化語を選択して使う、例えば、“おなかがすく”と“はらがへる”は同じ“おなかがへった”の意味が、“おなか”は“はら”より丁寧で、“すく”は“へる”要“丁寧”より丁寧である。

1.2.5 漢語と和語の使用

日本語の中の沢山の漢語と和語は同義語である、例えば“書物”と“本”、“悲しみ”と“悲哀”など、女性は一般的和語を使う。現在の男性は多く漢語語彙を使う、漢語は硬いと言われ、女性の特徴に相応しくない。和語は比較的に“柔らかい”、女性に適合であるし、更なる女性の“柔らかさ”を表現できる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接