浅谈日本的温泉毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本的温泉毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本的地形和季节等对于温泉的形成很有利,丰富的温泉资源是大自然给予日本这个小岛国的馈赠。自古以来,日本人就对温泉有特殊的情感,它是日本人生活中不可缺少的一部分。在日本,温泉的历史曲折而又悠长,但不管如何变迁,唯一不变的是日本人对温泉的热爱,温泉的起源与发展带有浓郁的传奇色彩,有很深的文化底蕴和宗教色彩。温泉有很多好处,温泉通过物理及化学两种途径对人们有着很强的理疗效果,随着时代变迁,温泉的保健效果逐渐被越来越多的人认可并加以利用。温泉产业极大促进了日本旅游业和经济的发展,在日本市场上占有相当大的比重,而人们对它的重视及保护也值得我们学习研究,这不但是日本人温泉文化的体现,也是他们热爱珍惜大自然的表现。温泉是日本人心灵的故乡。那么,日本的温泉的特点是什么?具体有什么作用?温泉对于日本人来说又是什么样的存在呢?本文将对这些问题进行尝试性研究。

关键词:温泉;发展;疗效;影响

目  次

はじめに 1

1 温泉の起源と発展 2

1.1 温泉の起源 2

1.2 温泉の発展 3

2 温泉の利点 5

2.1 医療の作用の由来 5

2.2 物理的な医療作用 6

2.3 化学的な医療作用 6

3 温泉の影響 8

3.1 日本経済への影響 8

3.2 日本人の生活への影響 9

3.3 日本の伝統文化の伝播への影響 10

おわりに 13

参考文献 14

謝辞 15

はじめに

周知のように、日本は温泉資源が非常に豊かな国なのだ。地殻の頻繁な動きによって,日本国土でたくさんの温泉が形成された。海上の島から山の奥まで、美容、フィットネス効果のある温泉或いは観賞的な温泉は広く分布している。古来、日本人は温泉に特別な感情を持っていて、温泉を生活の一部として見てきた。高温多湿な夏と寒い冬という日本独特の気候が、日本人が入浴という行為に積極的になる原因になっていると言える。 そして、これらのことが、「湯治すれば病気や怪我が治り、健康を取り戻せる」という信仰のようなものを、日本人に植えつけたのかも知れない。そのような「温泉信仰」とも言える日本独自の文化は、科学が発達した現代においてもすたれる気配がない温泉はただシャワーを浴びる場所だけではなく、体と精神をリラックスし、保健するに不可欠な場所だと見られている。時代の変化と人々の思想の変化と発展につれ、温泉に関する物や文化、産業などもますます豊富になってきて、日本の観光業と人文精神に深く影響している。日本語学科の学生として、私は日本の温泉に深い興味を持っている。大学二年の時、私は日本へ観光しに行き、日本温泉の魅力を生で感じた。温泉に入ってから、リラックスができ、疲れが取られることができた。温泉の魅力と日本文化をより多くの人に知らせるために、下記、私は日本温泉についての認識を中外学者の温泉研究成果と結び合い、日本温泉の起源及びその発展、温泉の良さ及びその治療効果を述べよう。

1 温泉の起源と発展

1.1 温泉の起源

人間は温泉水と縁を結んだのは、だいぶ昔からのようだ。記載によると、人間が最初に温泉水を使ったのは、公元前3000年か4000年の時だった。但し、当時の人々が温泉に対する認識は迷信や信念の魔力に基づくもので、科学的な根拠はなかった。地下の高温によって形成された不思議な温泉がほかのエネルギーによる湯と違い、温泉は神秘的な思いを馳せることができるのだ。日本は火山が多いために火山性の温泉が多く、温泉地にまつわる神話や開湯伝説の類も非常に多い。また、発見の古い温泉ではその利用の歴史もかなり古くから文献に残されている。文献としては『日本書紀』、『続日本紀』、『万葉集』、『拾遺集』などに禊の神事や天皇の温泉行幸などで使用されたとして玉造温泉、有馬温泉、道後温泉、白浜温泉、秋保温泉などの名が残されている。平安時代の『延喜式神名帳』には、温泉の神を祀る温泉神社等の社名が数社記載されている。温泉は地下から湧いてきた天然湯だが、どういうふうに形成されただろう。簡単にいうと、多くの温泉は「処女水」と言われ、岩しょうが地殻内部で冷却し、蒸気になり、気体が温度の変化によって、湯になる。一部の温泉は「化石水」と言われ、数億万年前に地下に埋めた動物と植物の遺体が長時間の分解によって、石油と水に形成した。具体的にいうと、温泉の形成原因は下記通りだ[1]。1、地殻内部の岩しょう作用又は火山爆発によって形成する。火山が爆発した後、再爆発できなくなり、死火山になるが、地殻活動によって、膨らんできた地面の下に冷えていない岩しょうがあり、その岩しょうから湯気が絶えずに立ち上がってくる。湯気が集中的に隙間のある含水岩に入ると、熱によって、温度の高い湯になり、蒸気が立ちあがる。こういう原因で形成した温泉は硫黄塩泉と呼ばれ、硫黄泉とも呼ばれる。2、地面水浸透の循環作用によって形成する。即ち、雨が地面に降った時、雨水が地下に滲み、地下水になる。地下水が地殻内の熱によって、湯になり、湯の温度が高くなると、地面に出て、温泉に形成する。こういう原因で形成した温泉はほとんど山谷にあり、炭酸塩泉と呼ばれる。

1.2 温泉の発展

温泉の発展歴史が曲折で長いが、変わっていないのは、日本の人々がいつになっても温泉好きな気持ちだ。日本の「古事記」、「日本書記」などの古い歴史文献に、天皇様の温泉入りについての詳しい記載があるので、古代から、日本人が温泉を使ったということが分かった。奈良時代に入ると、仏教の導入につれ、各地に寺造りが盛んになり、僧侶たちの沐浴は温泉の開発に大きな役目を果たし、宗教が温泉の発展に大きく促進した。当時の人たちは、温泉が治療できるということが分かったが、科学化にはしていなかった。平安時代の「万葉集」に神奈川県の湯河原温泉、永野県の上山田温泉についての記載によって、東部の温泉が開発されたことが分かった。当時の温泉は貴族や僧侶たちのレジャー、治療及び宗教活動に主に使用されていて、宗教との関わりが深かった。源頼朝が首都を京都から鎌倉に移した後、東海、東北、甲信等のところの温泉も歴史文献に記載されるようになった。病気にかかった僧侶たちは治療のために、各地の温泉に向かいはじめた。室町時代に、温泉は高官や身分の貴い人たちのレジャーと娯楽の場所になり、一般庶民にはオープンしなかった。安土桃山時代に、温泉は負傷した兵士の治療に汎用され、特に甲州と信州には、武田信彦や真田幸村などの将軍は皆自分の「秘湯」を持っていた。近代の江戸時代になると、医学はまだ発達していなかったため、温泉の治療性能が非常に重要視されていて、広く開発された。当時、将軍や身分の貴い人たちの間に温泉治療が盛んだけではなく、一般庶民も温泉を使えるようになった。日本で温泉が一般大衆に積極的に利用されだしたのは、戦後昭和23年頃からで、日本の経済成長に乗って温泉旅館やホテルが大きくなり、数も増えた。さらに新しい温泉郷も数多くできたことは、皆さんのご承知の通りだ。日本の温泉はよく発展してきて、今になり、各地に温泉リゾートホテルが林立している。休日になると、カップルや家族連れの温泉旅行によって、温泉ホテルの商売繁盛光景がよく見える。そのほか、温泉周辺の歴史的遺跡、娯楽項目、温泉美食なども大人気で、海外観光客まで引き付け、温泉の発展に大きく促進した。日本の温泉は様々で、有名な温泉はたくさんのお客を引き付けてくるのだ。例えば大分県の別府温泉。別府は日本西南部の九州島にあり、大分県に所属する。ここは山や海に囲まれる温泉名所で、全世界にしても珍しく、豊富な温泉資源を持っているのは、別府の一番の特徴なのだ。別府の泉水噴出量はアメリカのイエローストーン国立公園に次いで、世界2番目に多い。温泉水質によって分類すると、世界の温泉は11種類あるが、別府の温泉はその中の10種類もあり、世界で温泉種類が最も集中している所だ。よって、別府は日本人が優先的に選ぶ温泉観光地になっている。

2 温泉の利点

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接