中日酒文化的对比研究毕业论文_日语毕业论文

中日酒文化的对比研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

酒文化的历史源远流长,无论在哪个国家的风俗中都占着非常重要和特殊的地位。中日两国是一衣带水的邻邦,两国从古代就开始了交流,在各方面有着相似的生活方式以及文化。其中酒文化也出自同一渊源。中国传统文化、农业文明和酒曲酿造技术传到日本,促进了日本酒文化的发展。中日两国的酒品、酒的种类、饮酒态度和酒德酒礼都有着共同点,也有各自独特的魅力。本文首先介绍了酒的起源,然后具体地阐述了中日酒文化。最后总结出中日两国酒文化的共同点和异同点。

关键词:中日;酒文化;差异;发展;交流

目  次

はじめに 1

1 酒文化の起源 2

1.1 中国の場合 5

1.2 日本の場合 7

2 中国の酒文化と日本の酒文化 10

2.1 中国の場合 10

2.2 日本の場合 13

3 中日の酒文化の共通点 16

3.1 醸造技術から見た共通点 16

3.2 酒の社交の効き目から見た共通点 16

4 中日の酒文化の相違点 18

4.1 酒の種類について 18

4.2 飲酒の方式と礼儀について 21

4.3 飲酒の対象 24

終わりに 25

参考文献 26

謝 辞 27

はじめに

 日本は,中国の近くに位置している。両国は古代から交流してきた。日本は中国から技術を習うと同時に、中国の文化もならってきた。それ故、各方面で,類似的な生活様式や文化を持っている。しかし、共通点がある反面,両国の間には大きな相違点も見受けられる。長年以来、日本をよく理解するために、いろいろな方面から研究した文章が発表されている。例えば、彭広陸氏の『日本料理名の比較』、潘鈞氏の『日本人の漢字観の変化』などの文章がある。本稿では、酒文化の面から日本を研究してみた。中日酒文化の共通点や相違点の研究を通じて、日本社会をよく理解することに役立ちたいと思う。

1 酒文化の起源

1.1 中国の場合

 中国は世界で一番早い醸造国で、世界三大酒の発祥地の中の一つである。中国の酒造りの歴史は大変古く、2004 年に、「『今から9000 年ほど前の賈湖遺跡で酒造りの痕跡を見つけた』」[1]という発見があり、世界を驚かせた。しかし、中国の酒の起源に関してたくさん異なる伝説を持っている。後世の人は古書の中で酒に関する記録を参照して、異なった酒の造り方の伝説を出した。しかし、今なお、依然として定説がない。酒を醸造することは三皇五帝の賜物だと言われている。「『黄帝内経·素問』」[2]の中から記述した。黄帝時代からすでに酒があった。前代神農は酒の造り方と農耕技術一緒に人間に伝授した。儀狄が酒を醸造したという伝説もある。『戦国策』の中から記述して、儀狄は酒を造って、禹は飲んで甘いと思った。でも、民間で最も広く伝わる普遍的な言い方は杜康が酒を造った伝説である。聞くところによると、彼は羊飼いである。ある日、彼は竹筒でお粥を詰めて持って羊を放牧してきた。帰って来た時、竹筒を木の下で忘れてしまった。半月後で、彼はまたここへ羊を放牧しに行った。木の下

で休んだ時、酔わせる香りは竹筒の中から運ばれてきた。以前の米は酒になったという事実を発見した。現在、いくつかの酒の専門書にある言い方はとてもに広く流行している。それは最初の酒はわざと造ったじゃない。無意識の発見だといわれている。古書の中で似ている表現の言い方もある。晋代の江統は『酒诰』の中に酒を醸造する起源の過程に対してこのように述べたのである:「有饭不尽,委之空桑;郁积成味,久蓄芬芳;本出于此,不由其芳。」つまり、最初に酒の出現の原因は穀類がよく保管しないから芽を出してかびが生えて、このような穀類が煮て食べ尽きなくて、一定の時間に保管してから自然と酒に発酵する。こうなると、農耕の発明でまもなく最初の酒が発生したと推測することができる。つまり、自然と酒に発酵して、この歴史はせめて八千年あるいは九千年である。

1.2 日本の場合

日本で、酒の起源、酒を醸造することに関しての文献はとても少ない。普通、弥生時代から農耕が日本に入って来た後で、九州、近畿などで酒をつくる活動の出現はその起源だと思う。当時、咀嚼の方法で醸造した。すなわち、「口噛み酒」だ。

聞くところによると、古代の王宮はいつも初物を食べる祭を開催し、女の子の口でご飯を咀嚼し、発酵させることができる。その時、酒の効果は神霊と祖先の祭祀に限られる。人々は酒を使って諸神との交流を試んで、彼らの尊敬を表現する。

日本の『古事記』の中にある事を記載した。朝鮮半島から渡来人名仁番ある

いは須許理の酒を醸造する人美酒を天皇に捧げた。天皇は喜んで歌を吟じた。

古代日本のお酒は朝廷の造酒司を中心に更なる開発·改良が進められており、平安時代中頃の10 世紀には、現在のような日本酒の醸造法が確立していた。

奈良時代になると、朝廷は造酒司を設立して専門的に酒を管理した。総括的な責任者は『刀自』と称する。つまり﹑年を取る女子の意味である。それから﹑中国との交流の中で、中国の酒の鼻祖は杜康をしった。しかも、杜康はかなり有名だ。それで、日本の最高酒技術の権威はそこで『刀自』を近似音の『杜氏』に変えた。今なお、日本醸造所の最高技術の指導は依然として、人に『杜氏』と称される。明らかに、中国のお酒文化の影響は深いと見える。鎌倉時代と室町時代、商業の繁栄に従って、酒を醸造することはただ宮廷の権利でなく、寺院、神社も酒をつくり始める。酒は普通の商品として市場で広く流通していた。京都を中心にしていくつかの都市に居酒屋は非常に盛んに行われた。酒を売り出すとともに人々のために酒を飲む場所を提供し、市民達に好かれている。このように、酒は特殊な祝日の高級な飲料を人々と生活に密接な関係がある日常の飲料に変える。

例えば、『古事記』に記載して、大国主命は酒の神として尊重されている。彼の妻—須勢理毘売は杯をあげて彼に酒を勧め、和歌を書いた。新婚夫婦の結婚式に固めの杯の習わしはここから来たのだ。

清酒について一つおもしろい伝説がある。話によると、ある山中勝庵醸造所にある労働者は私憤を晴らすために、石灰を酒の池中に投げて、もと濁っている酒が澄みきった。清酒はこれから美しい名前を与えられた。これらの伝説はすべて考証することができないが、酒文化の内容を豊かにして、鮮やかな酒文化を飾り付ける。

2 中国の酒文化と日本の酒文化

2.1 中国の場合

2.1.1 酒の歌

中国の酒文化と言えば﹑人々は自ずから酒に関係する詩文を連想する。昔からいままで、たくさんの文人はお酒が上手だ。それに﹑よく酒を題にし詩を書いた。曹操の「どうやって憂さを晴すか、ただ酒だけだ」;杜牧の「借問酒家何処有、牧童は杏花村を遠くから指す」。「酒は知己に逢えば千杯も少なし」。酒は詩文を促す、「一挙一動はそれぞれ態があって、酒を得ると詩ができる」。彼らは酒の中から霊感を得て、酒を利用して詩を吟じて絵を描いた。歴史の流れの中で﹑たくさんの有名人﹑志士のストーリが広く伝わっている。ここはいくつかの面白い典故を列挙して、皆さんのために話の興味が与えられる。宋朝になると﹑酒を飲む風潮は日ごとに激しさを増えていた。『宋詞三百首』の中でほとんど半分のは明確に酒に言及する。有名な女性の詩人―李清照の5首は意外に全部酒に言及した。国家と人民のために心を砕いた范仲淹は岳陽楼に登ぼて、「酒を飲んで風に吹かれて」それて、「喜びがあふれている」ことができた。それによって、全て忘れる境界に達した。李白、この詩の仙人、酒によって「枡の酒を飲むと詩百編ができるの名誉が得た。「杯をあげて明月を招いて、飲む人は3人になり」、どれだけの文化人の夢にまで願う人生の佳境になった。

2.1.2 酒についてのマーナ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接