浅谈武士道的生死观毕业论文_日语毕业论文

浅谈武士道的生死观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

武士道是日本民族的灵魂和象征、也是日本文化精神的核心。生死观是武士道精神基础和精髓所在。武士对于死的独特认识决定了武士道精神的思想内涵、武士道至今仍然对日本民族精神和民族文化有着不可忽视的影响。本文试从三个方面考察并阐述日本武士道的生死、以进一步理解武士道的精神实质。

关键词:武士道;生死观;日本的民族精神

目  次

はじめに 1

1、武士道とその死生観の内容 2

1.1武士道の意味 2

1.2武士道の死生観の内容 2

2、武士道の死生観の形成原因の探究 4

2.1利益の駆り立て 4

2.2名誉のため 5

2.3「死」は美しいと思うこと 5

2.4 宗教の影響 7

3、武士道の死生観の体現 8

3.1“無罪だ”の自らの認識 8

3.2宗教の思想の誤解 8

3.3栄誉を求め、生死を軽視すること 8

おわりに 11

参考文献: 12

謝  辞 13

はじめに

日本が武士道を最初に理解しなければならないことを理解したいと思う。武士道が日本の民族精神の霊魂、日本文化精神の核心、日本の精神および原動力である。1千数年来に、今、日本し、日本人の精神的な信念は、生活の近代化の過程で武士道の痕跡を残した。死生観は武士の歴史の変化からの精神と本質である。「死」に独特な理解をもていた。武士道精神の核心、及び今まで、日本の民族精神と民族文化への影響を決めた。本文は3つの面から日本武士道の生死を検討して、武士道の精神の本質をよりよく理解しようと思う。

1、武士道とその死生観の内容

1.1武士道の意味

ゆる武士道、文字通りであるつまり武士の従った道徳と行為の規範だ。武士道は武士の観念に関して武家社会の形成と発展発生、発展する1種に伴っているので、武士精神の生活の支柱だ。“大部分が1部の言って書かない法典で、1部の銘刻のある内心の深い所の律法だ”。それでは武士道精神は一体何だか?台湾の学者の許介のうろこの曾指出、武士道の主旨は:“死ぬのが怖くない”、君の少しも保留すていないことを主として命を顧みないで献身できる。主な君が根本的なため死ぬのが怖いと、命知らずな自覚思っている。つまり“死の意識”を根本的な死生観にするのが武士道の精髄がある。

1.2武士道の死生観の内容

武士道のこのような“死の意識”の死生観を調べて、武士道の“聖書”の著作に尊んでされるを言わなければならない――《葉隠聞書》。この本の略称《葉隠》あるいは《葉隠聞書》、この本は佐藤の藩の主な鍋島の光茂のが臣の山本常朝(1659-1710)の口頭の言い伝えに仕えるから、ひとつは名前を田代の度の基の武士と言って7年の記録成を使う。主に文体を議論するため、また《葉隠聞書》を語っている。この本共に11巻の1200数節(つ)、主に武士所の備えるべきな人柄と処世の素養の品格を議論して、江戸の時代から広く伝え賞賛される武士道の教養の本になる。本はそのため私達は容易に見て取れる:武士道の死生観はこの本の大筋で、はっきりその中を貫いて、本の中で大量のに関わって腹を切って、あやうく邪道の死亡の観念に報復してと、多くの挑戦の人類の道徳的な最低限度の武士の狂気じみた言葉がまだある。作者は文章の紙面をいとわないではばかりなく武士の死の観念を広く宣伝して、そしてそれを至上の高度に上がって、甚だしきに至ってはひざまずいてぬかずく事態まで。山本常朝からすると、死亡の態度に対して武士の行為モデルの心理の基礎で、死亡すること徹底的に自覚する才能に対

して戦えば必ず勝ったこと本当に武士になるだけある。

口述者山本常朝は最初から主旨を明らかにして公言する:武士道と雲ふはは、ぬ事とけたり」が死にる いわゆる武士道、死亡の)を見抜きる。「ぬ事が死ぬ」はすぐ「身が死ぬ」と「死んでも狂う」の総称である。「身が死ぬ」と「死んでも狂う」は1種が相前後して関係するのである。「身が死ぬ」はいわゆるつまり武士のの1種の必要なのは「死んでも狂う」の事態に達するため修行して―、毎日心を静めて必ず練習しなければならなくて、目の第1件の事を開き始めて、死のでそれとも死なないことを考慮して、仮想当時あるいはが死んでこの時死んで、死の盛姿。自分の体が砲火の餌食、刀剣、大きな波にかけらを引き裂かれることを想像して、強火に焦げられて、雷と稲光に打つことを割られて、大地震の中で猛烈に揺れて、下ろして底知れぬ深淵に入って、事態が深刻で救いようがなくて待って、いつでも死亡の準備をしっかりと行って、すぐ死の「あらかじめ立つ」。武士のがあらかじめ立つのが:人生の瞬間ごとにのすべて有り得る死亡、真剣にはっきり瞬間ごとにとらえるべきで、つまりしっかりと死亡をしっかりとらえました。あらかじめ立つのが死亡に対するデフォルトであるが、しかし生む形態を決定しました。武士はこのような1種の精神のデフォルトを通じて(通って)現実の中の平然としていることを育成することに努めて、薄い必ず落ち着いてと決然としての気質。武士のを一日すべて向いているがが死んでもなくならせて、生む運命と活力を満たして、すぐいわゆる“死のに生む”。武士はいったん死亡を見抜いたら、“死のはっきり分かること”に達して、危機一髪の時間で、道義上後へは引けないで自分を犠牲にするのが行くことができる死ので、「死んでも狂う」の事態に達する。武士はいったん「死んでも狂う」に達してすぐ危ない中に勝ちを制することができたら。つまり先に“自分の運命が要らない”、才能の“他人の運命を要する”;もし武士は徹底的に死んでもなくなったことを自覚するならば、再び固執して生死のことはでき(ありえ)なくて、現実的な覊絆を抜け出すことができて、思いきりその才能を発揮して、できないものはない勇士になって、傾いてそれすべての自分の主な君に忠誠を尽くする。甚だしきに至ってはその容貌、言葉、日常生活の動作、同じく変わるでしょう一般のものとは異なる。

2、武士道の死生観の形成原因の探究

達は死亡することに対して言い表せない恐れの感を持っていて、死亡に直面する時、いつも本能的に方法を考えつくして死亡を逃れて、思考はどのように生きていきる。武士達は自分の生命を軽視して、少しも死亡を恐れなくて、死亡に向かい合う時、ところが思考はどのように死た。ど武士て武士達はこのように自分の生命を軽視して、このようなを形成して死のに、重い死んでも自殺する独特な死生観を生みるか?筆者は主に4つの方面の原因があると思っている:

2.1利益の駆り立て

駆り立てるのは1つの特殊な階層で、それは大きく溶けるのが直す新しい後でで、クラスの田制のが解体することに荘園の経済との創立従って、および中央集権制度の徹底的な瓦解の特定の経済、政治の背景の下で歴史の舞台のに上がって、日本社会の武力が土地の資源と政治の権力の産物を奪い合うのである。彼らの生計の道は農業、労働者、商とはっきり異なって、経済動脈は主な君の手で掌握して、主な君に忠誠を尽くすに頼って(寄りかかって)俸禄を得る。武士の一生更には代々の生計の道、すべて必ず主な君に頼って維持して保障しにこなければならない。俸禄の以外、その他のいかなる収入源がなくて、主な君の俸禄を離れて生存することができない。つまり主な君と武士の主従関係は実際には1種が利益を基礎の交換関係にするので、主な君はとその財産の一部分者の生命の交換を使いる。直接自分の切実な利益と生存条件を掌握することができないため、武士は主な君の忠誠に対してを第1位に置いて、君を主とすることを命に命を捧げて1種の絶対的な義務と見なして道義上後ろへは引きない。このようなと主な君の主従関係はずっと父と子、夫妻を圧倒して上に関係して、だから“父と子の1世、夫妻の2世、主従の三世”の言い方がある。戦争の頻繁な武家社会で、武士は武器を生計の道をはかるツールにして、城を攻略することかきあげてを職業にして、いつも君を主とするで生命の自覚を捧げて主な君の恩恵を施す―経済の利益を交換によって手に入れる。普通は言って、戦争の事はもっと多くて、武士の権力はもっと大きくて、地位はもっ

と高くて、利益の越豊。しかし結局武士はこのような死のに生んで、重い死んでも自殺する死んでも観を生む根本的な原因がそれとも利益にあることをあがめ尊んで、主な君の献身に対してそれはただ子孫と家の手段だけを保全する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接