浅谈日本少子化问题毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本少子化问题毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本已经成为全球少子化的先驱国家。日本不仅人均寿命全球第一, 出生率在国际上也是处于最低水平。近几年,日本的出生率急剧地下降,昭和40年代育龄妇女平均生育大体上稳定在2.1左右,但是1995年以来人口合计出生率很大程度低于作为为维持现在和将来人口需要的水准2.08,仅仅只有1.42。就这样的状态继续的话,对日本来说少子化问题恐怕会成为政府今后的大课题。我们需要好好考虑为什么孩子会变少,应该出台怎样的政策来解决这一问题。

另一方面, 生活方式、企业形态、社会保障制度等经济高速增长时期形成的经济社会体系随着经济的国际化、成熟化而出现扭曲, 并加速了少子化问题的进程。本文试着就日本的经济、社会现状找出了少子化存在的原因, 并分析了日本就这一严重的社会问题制定的一系列政策。

关键词:少子化 合计出生率 原因 影响 对策

目  次

はじめに 1

1. 少子化現象の概説 1

1.1 少子化の意味 1

1.2 少子化の現状 2

2. 少子化の原因 3

2.1 女性の婚姻観と生育観 3

2.2 育児負担感の増大 5

2.3 企業雇用制度などの経済不安感 7

3. 少子化の影響 9

3.1 社会への影響 9

3.2 経済への影響 9

3.3 教育への影響 10

4. 少子化問題に対する今後の対策 11

4.1 日本政府の対策 11

4.2 大企業の政策 12

おわりに 12

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

1974年以降、日本の人口出生率が年々低下し、常に”少子化”の状態になった。現在の日本にとって、”少子化”問題は医療保険,福祉にのみなず、社会、経済、労働、人口などあらゆる分野にかかわる最重要の課題と言える。本文では日本少子化の原因およびその対策を研究してみたい。原因は女性の婚姻観と生育観の変化、育児負担感の増大と雇用制企業度などの経済不安感などの三つの部分を及ぶんだ。“少子化”は日本の社会と経済に様々なマイナス影響を持ってきて、特に社会、経済、教育方面の影響が著しい。“少子化”は日本政府と国民の早急に解決を要する重大な課題になっている。日本政府と大企業はたくさん対策を推進つつある。我が国も隣を鏡にすべきで、準備をできて、積極的に少子化問題を受け取る。

1. 少子化現象の概説

1.1 少子化の意味

日本における大きな問題として様々な取り組みがされている少子化に対し、肯定的な意見があげられている。現在の少子化は乳幼児の死亡率が低下し平均寿命がたかまるなか、自然の人口調整メカニズムの一環として不可避的に生じているものであり、地球環境への負荷軽減に役立つとともに空間的にゆとりのある成熟社会が形成できるという意見である。他にも、人口が減少していっても明治時代や江戸時代の人口にてらしてみれば対応可能とする意見や、女性や高齢者の雇用拡大で当面、労動力不足に対応でき、外国人居住者の増大で人口や労働力の減少に対応できる、などといった意見である。

1.2 少子化の現状

1970年代から、日本は少子化がますます深刻な問題に直面し始めた。出生率から見ると、日本戦後の1940年代後半に初めてピークが現れる。女性(15歳- 45歳)の合計出生率は(というのは、例えば、今年であれば、0歳から100歳、もっとも100歳以上の人もいらっしゃいますが、その女性が年齢別にどれだけ出生率を上げられたかと言う事実の話なのだ)4以上。1960-1970年代前半の経済高度成長期が2.13と言うのが人口維持する水準であると言うことは、もう新聞でお承知のとおりである。世界保健機関は人口置換率の水準が2.1程度というとき、それは標準だと認定する。即ち一つの国の女性の合計出生率は2.1程度以上人口維持する水準と言うとき、その国は人口の自然に代わることができる。もしかしたら、長い間に一つの国の合計出生率は人口置換率より低い、それは少子化と言うわけだ。

1975年、日本の合計出生率は1.91、初めて2.0のレーベル以下、それ以来、合計出生率は減ってくる。1990年は1.57だけだ。それは“1.57 危機”と呼ばれる。確かに少子化問題は注目を浴びる。しかし、日本の少子化の足取りはそこで停止していません。1995年合計出生率は1.43、1997年はまた1.39に降りました。そう言うとき、日本の高齢者人口は19758千人(総人口の15.7%を占める)、初めて少年人口より高くになりました。”少子化社会”に入ることを始める。1974年からの30年ぐらいの間に、日本の人口合計出生率はずっと人口置換率の水準より低いと言うことは明らかだ。

21世紀に入って、日本の出生率は引き続き下がる。2000年は1.36,2005年は1.26、史上最低レベルをさらに作りました。ここ2年、ある程度反発しますが、しかし、も楽観を許しません。

2. 少子化の原因

2.1 女性の婚姻観と生育観

結婚適齢期という言葉が後景に退き、晩婚化、未婚化、非婚化現象が進んでいる。欧米諸国に比べて婚外子の少ない日本においては、晩婚化、非婚化は、直接に少子化に結びつくと指摘されている。

日本では、結婚して家庭をつくり、子どもをもつというライフイベントは、年齢が基準となって営まれてきた。しかし個々人のライフサイクルの多様化を反映して、平均初婚年齢は、昭和50年の男性27歳、女性24.7歳から、平成12年には男性29.1歳、女性27.4歳へと上昇した。

年齢別の未婚率は推移である。20歳代後半の女性の未婚率は、昭和45年の18%から平成12年には54%へと上昇した。約30年前には、20代後半には8割の女性が結婚した。30年後の現在は、20代後半の2人に1人強が未婚となっている。

1980年代以降になると30歳代の未婚率も上昇し、晩婚化の延長上に非婚化が進行していることが明らかとなった。生涯未婚率(45~49歳および50~54歳の未婚率の平均値で、50歳時の未婚率で表したもの。)は、男女ともに2%前後で推移してきたが、女性は昭和45(1970)年から、男性は昭和55(1980)年から上昇しはじめた。平成14年には、男性12.57 %、女性5.82%となっており、この数値は、今後さらに上昇するとみられている。

また、平成14年の『日本の将来推計人口』で、夫婦の出生力の低下(結婚しても子どもを持たないか出産を抑制する夫婦の増加)傾向が、はじめて指摘された。戦後、夫婦の完結出生児は大きく低下したが、昭和47年以降、およそ30年間にわたって同水準で安定していた。しかし、平成17年の調査では、2.09人

へと減少した。この対象となった夫婦は、1980年代以降に結婚した人たちであり、この時期以降の夫婦に出生過程において,減少が生じたことを示しているこの現象は、1990年前後に20代後半~30代前半の夫婦にみられ、1990年代半ばまで継続した。2000年前後でも30代以上の夫婦に認められる傾向となっている。ただし、婚前妊娠増加が影響してか20代の出生力は下げ止まっている。平成14年の「出生動向基本調査」では、結婚5年未満の夫婦の予定子ども数は1.99人と、始めて2を割り込み、前回調査(平成9年)2.12人からかなり低下した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接