浅谈日本校服毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本校服毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本论文由5个部分组成:第一部分,叙述了校服的定义及校服的起源;第二部分,对校服的相关发展历程做了详细的陈述,并针对新世纪对校服的发展要求做了相关陈述,这部分是本论文的主要论点之一;第三部分,叙述了校服的样式;第四部分,陈述了校服的功能,这是本论文的另一个主要论点,由此论点说明了校服对日本人的特殊意义,同时也体现了校服在日本文化中的重要地位;第五部分,陈述了对于校服的一些相关争论。

本论文通过描述校服的产生、发展、变迁等从而来展现校服文化。日本是校服大国,论校服的普及与设计的水准都傲视全球,从明治至今校服在日本已拥有约140年的历史,不少亚洲国家的校服也受其影响。现今在日本,校服已经成为国民文化不可替代的重要组成部分。

关键词:校服;水手服;制服;等级;文化

目  次

はじめに 1

1 校服の発生 2

1.1 校服の定義 2

1.2 校服の起源 2

2 校服の発展 3

2.1 校服の普及 3

2.2 校服の発展の現状 3

2.3 新時代校服に対しての設計要求 4

2.4 校服の発展の影響要因 5

2.5 日本の校服の展望 7

3 校服の様式 8

3.1 日本の校服系統 8

3.2 日本の校服のデザイン 9

4 校服の功能 10

4.1 日本大和民族を体現した文化の伝統 10

4.2 教育を担った目的 10

4.3 違う階級を体現した群体 10

5 校服に関しての論争 12

5.1 賛成派の観点 12

5.2 反対派の観点 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

校服というのは、学校に規定として学生が着る制服ということだ。日本は校服の盛んに行われる国家で、スタイルの角度から言って、それらはドレス、レジャー、運動着などがあって、色もデザインも多種多様だ。日本は校服の大国で、校服の普及と設計の水準と言えば、全世界で一番だ。多くのアジア国家の校服もその影響を受ける。日本は最初校服制を実行する国家の一つだと言われている。日本の大多数の中学は統一の校服があるといってもいいだろう。日本では、校服はただ学校の標識だけではない、流行する潮流の風向計だ。本論文は主に例証の分析方法、文献の研究法などの方法を運用して、日本の校服の発生、発展、変遷などを通じて校服の文化を理解しようと思う。

  1. 校服の発生

1.1 校服の定義

辞書の注釈によって、校服は学校が規定にして統一の学生制服だ。それ、最初は宗教のイベントを行う時、人に身につけている服装で、ローマ帝国とその他の古文明の軍隊の制服も含む。その後、学校の学生に向く制服に発展しつつある。

いわゆる校服は学生が着る制服だ。それは側面から学校を設立・運営する目的と学生達の精神状態を反映することができる。違うの歴史時期の校服は違うの歴史背景を伝達した。その発展と変遷は社会との政治、経済、文化の発展は密接に関連する。特に文化の影響を受けるのが最も明らかだ。校服と学校の教具、教科書は同等で重要な価値と地位があって、国家の教育とアパレルの水準を体現する。

1.2 校服の起源

校服の起源について主に2種類の言い方がある。

1種の言い方は校服が最初日本で現れた。戦争のせいで、一部の家庭の生活がとても苦難だ。学校はこのような家庭の学生達が、自分の家庭の困難のため劣等感に発生することはできなくて、同時にあれらの生活条件の良い学生が学校で誇示しないように、学生が学校へ行く時必ず同じ服を身につけていなければならないと規定していた。それために、すべて自分と他の人が平等だと感じられた。それからこのような観念は大多数の学校に受け入れられて、これは校服の由来だ。

外の一種の言い方は西方の創設した学校のためだ。最初本当に意味がある校服は中世にヨーロッパのイギリス教会の創設する学校が現れた。校服の発生は深い歴史の源を持っている。自分で好きな校服を着て、学生達に更に精神を現すばかりか、彼らの向学心の高めることについてもたくさん助ける。

  1. 校服の発展

    1. 校服の普及

校服の発展と変遷は社会の政治、経済、文化の発展は密接に関連して、特に文化の影響を受けるのが最も分明だ。最初本当に意味がある校服は中世にヨーロッパのイギリス教会の創設する学校が現れた。イギリスで、校服は身分と地位の象徴だ。例えば藍校服、イートンは、伝統の制服、軍事学校の制服などの校服はすべて十分に違う歴史時期のイギリスの社会の政治、経済と文化の変化を反映した。

日本は最初校服制を実行する国家の中の一つだと言われている。1879年、日本には少数の学校が校服制を実行することを始めた。日本で校服の発展は2つの段階に分けれた。明治時期、校服は特定の社会階層を表示するために、ただ中学に存在するだけだ。その階層はみんな社会のエリートだ。それ後に、日本は次第に民衆の教育に向かって、校服も大衆に向く。

19世紀末、日本は洋式の校服を導入して、近代化の一部分にした。政府が強制するのではないため、校服は学生が自由に買った。校服は海軍の軍服の造型と色で基調にして、ずっと20世紀の60年代まで継続した。校服を実行してから、キャンパスの精神状態大変に変わっていた。良好な学習の気風が現れて、現象を互いに張合って大体において消えてなくなって、学生の間の関係はもっと平等だ。今のところ、日本は完備の規則制度と豊富な校服設計の経験があるだけではなくて、更に重要なのは校服がすでに社会の文化になった。校服は本国の文化を代表していると日本は明確に指摘していた。

2.2 校服の発展の現状

日本の中・小学生はの服装の統一することが驚かせる。たとえば、スタイルの統一、色の統一、靴の統一、と靴下の統一をはかることだ。専門的に校服の商売をするマネージャーの言うことによると、中・小学生は校服を着るのは日本に60年ぐらいの歴史があって、特有な文化の現象を形成した。それは校服の文化で、学生は誰でも校服を着ることに夢中にする。日本では、各個学校はすべて自分に属するだけの校服があって、四半期ごとに1種で、着るのとは3年だ。校服は私たちのドレスばかりでなく、記念のための服だと学生達が誇っていっていた。校服は彼らの学生の時代の最も貴重な紀念物になった。今、校服は各学校自分で設定している。夏季なら、男子学生は普通ワイシャツを着て、パンツをはいて、ハンチングをかぶっている。女子学生はスーツのスカートをきて、赤色あるいは白色のサンバイザーをかぶっている。色は黒色、カレッジネイビー、灰色、白色あるいは青いことがあります。一般上着のポケットに白い標識に掛かって、上に学校と自分の名前をはっきり書く。[1]

日本で、学校は数年ごとに校服を更新して、たくさんの中学が校服熱を巻き起こしている。たとえば、東京葛生高校は3年前に新しい校服の作業を設計することを始めた。多くの設計案は集中して、学生に試着して、最後学生の投票によって、校服のデザインを決定する。または、楊木高校は専門的に日本の最も高档百貨店のデザイナーが校服を設計するように頼む。学校の見方からみて、学生達がこのような校服を身につければ、強烈な学校の栄誉感が感じられて、普段でいっそう意識的に自律している。一般的に規定するのは、学校にいる時、服装は学生の身分に向かなければならない。あでやかで高価な服あるいは露出する服装は着ることができなくて、ハイヒールを履くこともできない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接