浅谈日本樱花毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本樱花毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在日本,樱花已有上千年的历史。深受日本人的喜爱。樱花的种类繁多,达到数百种之多,其中以染井吉野最为有名,据说已经占了日本樱花的百分之八十以上。每年的3月15日至4月15日,是日本政府规定的“樱花祭”,即以樱花为主角的节日。每年这个时候,日本人便有着邀约亲戚,友人,恋人,同僚等一起赏樱的习惯。日本人对樱花怀有深厚的感情羁绊,故而樱花广受日本人的喜爱。樱花也就被视为了国花。对樱花的描写贯穿了日本文学的发展史。而且,樱花作为大和民族的象征,体现了日本人的国民性。

本文首先从樱花的历史,种类,花期等简单的对樱花进行了介绍,然后通过叙述樱花在现实中的国花地位,在文学方面的地位,及其在日本人心目中的地位,进一步从樱花出发对日本人的国民性进行分析。

关键词:樱花;国民性;日本人;影响;体现

目  次

はじめに 1

1 桜の簡単な紹介 2

1.1 桜の歴史と種類 2

1.2 桜の花期と祝日 3

2 桜の社会的な地位 5

2.1 国花として地位の确立 5

2.2 桜の文学の地位 6

2.3 日本人の生活における桜の影響力 7

3 桜から見た日本人の国民性 8

3.1 日本人の自然観 8

3.2 日本人の美意識 9

3.3 日本人の生死観 11

3.4 日本人の集団意識 13

おわりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

はじめに

桜は日本の国花と認めている。今の桜はもう日本人の生活に根を下ろして、日本民族と日本文化の象徴となっている。さらに、桜と日本人の国民性の間に深い関係がある。今度、たくさんの材料の整理と帰納を通じて、先輩の研究成果に学ぶと共に、桜に関することを研究して、桜と日本人の国民性の関係がわかてくる。

本論によって、それらの論文を参考にし、桜の歴史や種類や時節などの方面から簡単に桜を紹介しようと思う。そして、桜は社会と文学と日本人の心の中での地位を述べることを通じて、桜から日本人の国民性を分析する。本論を通じて、人々が桜と日本の国民性の関係の認識を豊かにしたくて、桜を研究したい人のために参考できる資料をいくつか提供することができる。

1 桜の簡単な紹介

1.1 桜の歴史と種類

日本では、桜の歴史は千年ほど長いのである。桜は本来中国では生まれ育って、その後日本へ導入し、日本人に深く好まれる。遠くの昔から日本人は桜が春の化身と見なしている。『日本書紀』で桜に関する描写から見ると、桜は農耕の人民の信仰対象になって、貴族の優雅な気質のシンボルになった。その同時に、日本で桜の時代の到来を前もって示す。奈良時代に最も代表性の花は桜ではなくて、梅である。しかしその後、遣唐使の廃止、唐の滅亡などで唐風文化が廃れ、平安時代に国風文化が育つに連れて徐々に桜の人気が高まっていった。人たちは特別に山桜を楽しんでいた。平安時代の末期に色々な桜を始めて植えた。そして、豊臣秀吉の『醍醐の花見』を通って桜が急速に江戸時代で普及した。武士たちは満開のきれいな桜が自分の人生と同じようなもの象徴と認める。貴族の庭の中では桜を植えた。毎年の春になると桜宴を行った、桜宴は当時の王権の象徴と見なして、それとも貴族の実力の象徴とも考える。実は花見の風俗が九世紀の前半期を始めて、貴族や武士から百姓や庶民まで、都市から地方蔓延っていた。でも江戸時代になるまで、花見が伝統的な民間風俗になって、桜を楽しむ習慣が次第に認められる民間の活動の一つとなった。今頃、桜はすでに日本各地に現れて、日本のシンボルになった。

桜は、バラ科の植物で、多くは北半球の温帯地域に分布している。日本の桜は種類が非常に多くて、数百種類に達する。「花の色から見て、ピンク色のもあれば、白いのもある、紫色などもある;花びらの枚数から見て、一重咲の桜もあるし、八重咲のもあるし、多重片のもある;品種名から見て、枚挙に遑がない;きれい

な名前がある、たとえば、コケシミズ(苔清水)、シオノボリ(汐登)ヨウキヒ(楊貴妃)、セツゲッカ(雪月花)などがある。」[1]しかし、主に野生種と園芸種に大別される。野生の桜で大きく分類してヤマザクラ、オオヤマザクラ、タカネザラ、カスミザクラなど9種類ですが、これらの基本種が交配することでさらに多くの栽培種が生まれ、全部で300種類以上もあるって言われてるんだ。桜といえば、ヤマザクラ(山桜)やソメイヨシノ(染井吉野)が有名で、特にソメイヨシノは日本の桜の8割以上を占めると言われていますが、このソメイヨシノが交配種なんだ。このソメイヨシノの木の成長速度は速くて、色柄は華美で、環境の適応性は強くて、そのため迅速に日本で全国各地の公園、大通りと河岸の両側などで優良品種として移植された。

1.2 桜の花期と祝日

桜の開花時期は前年の秋から春にかけての気温が影響すると考えられる。桜の花芽は前年の夏に形成され、その後、休眠に入りますが、秋から冬にかけて一定期間、低温にさらされると休眠から覚める。花芽は休眠から覚めた後、気温の上昇とともに生長し開花するが、気温が高いほど、花芽の生長が早く進み開花が早まると考えられている。桜の咲く状態は大体「つぼみ、初めてつけます、5別れます、7別れます、まったくつけて、始めて凋落しますとつけます閉じます」などの8段階が分ける。桜の開花日とは、標本木で5~6輪以上の花が開いた状態となった最初の日を言う。満開日とは、標本木で、80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日を言う。桜の花が開花してから満開になるまでは、1週間ぐらいかかる。日本で南北の気候の相違はとても大きいので、桜は日本列島の

暖かい南端から北方まで順番に咲く。「桜が咲く時、日本の気象庁はソメイヨシノを対象として、追跡して各地の花が咲く情況を観測して、花が咲く期日を予報して、つまりいわゆる『桜前線』。」[2]言わば、桜前線は既に日本人の花見の不可欠な情報の指数になった。『桜前線』は普通に南から北まで、海岸から内陸に向って、低地から山岳地帯に順次進める。日本の北海道地区で桜が咲くのは一番遅いだと思う、毎年の桜は4月ごろ南から北へ、更に北のから東へ順次開放して、5月末~6月初め最も良く観賞する時期である。

桜は熱烈で、清らかで、高尚で、厳冬の後、それが最も早く春の息を日本国民にあげるので、「日本政府は毎年の3月15日~4月15日を『桜祭り』に決めた。」[3]日本で各地の桜が咲く時間は違いから、異なる地方の桜祭りの行う時間は異なる。毎年桜の咲く季節ごろ、全国各地の人々はテレビやネットや新聞雑誌などを通じて、最新の花が咲く情報を調べて、良い日を選んで、親戚や友人と一緒に桜を見て、遊び楽しむ。もしあなたは雨みたい桜の木の下で歩くか或いは座って、そんな素晴らしい桜景色を鑑賞しなければ、あなたは本当にその場に身をおく陶酔を感じることができなくて、それから、日本人が桜祭りを楽しむことはわかりにくいだと思う。

2 桜の社会的な地位

2.1 国花として地位の确立

「日本では法定の国花というものはないですが、おっしゃるとおり皇室の紋章である菊とともに、国民に広く親しまれているため桜が日本の国花として選択しているのだ。」[4]桜は日本人に尊重されて国花になって、神の化身だと思っている。神は花弁の中に住んで、花弁に従ってほころびていて、また花に乗って枯れて、四方八方へ漂って、幸せなことを伝達している。田舎を漂ってことは来年の豊作に前もって示して、屋根に落ちたら、家族が守られて家業が盛っている。桜を観賞用として積極的に栽培しているのは日本だけである。桜は日本の地理や気候、文化や風土とぴったり合って、大和魂の象徴となってきている。大和民族の代表として、もう民族文化の深くまで根を下ろしていた。

桜が初めて咲く時からいっぱい咲いている時まで、日本人は親戚と友人、恋人、同僚、同郷などと約束して一緒に桜を鑑賞する。人々は綺麗な衣服を身につけていて、桜の木の下で陶酔して、お酒を飲んで、お菓子を食べて、歌を歌って、桜の美しい景色を味わう。公園の中で咲き乱れる花は取り囲んで、大通りの側で引き立って、河畔はあっさりして快適で気持ちいくて、寺院の中で静寂であっさりして上品で、山野の上で闊達でロマンチックである。その中で身を置くだけで、頭をあげたら咲き乱れる花を観賞する、頭を下げたら落ちる花びらをみるの美しさを感じさせる。

2.2 桜の文学の地位

「最初に桜が現れた日本の古書は『古事紀』である。しかし、本当に桜の生命力を与えた描写は『日本書紀』である。」[5]日本最古の歌集である『万葉集』にも桜を詠んだ歌がある。奈良時代は和歌などで単に「花」といえば梅をさしていた。万葉集においては梅の歌118首に対し桜の歌は44首に過ぎなった。『古今和歌集』

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接