浅谈日语中的女性语毕业论文_日语毕业论文

浅谈日语中的女性语毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

语言是文化的重要载体,也是人类交流的重要工具。它不仅仅是社会的产物,它还能够影响人们对世界的思考和对事物的分析。语言在男性和女性面前,态度是不公正的。性别语言不仅反映出男女双方在社会、文化、历史等方面的认识差异,更体现出社会、文化、历史等方面对男女性在语言运用上的限制。

本文主要从日语语言系统中的发音、词汇、语法等方面入手,对日语中的女性用语现象进行分析。并从历史因素、心理因素、社会因素等方面揭示造成这一语言现象的主要原因。此外,本文通过古代与近现代女性社会地位与女性用语的关系的对比,对女性用语今后的发展趋势进行了探究。

关键词:女性用语;特征;形成因素;社会地位;关系

目  次

はじめに 1

1 女性語の特徴 3

1.1 発音の面 3

1.2 語彙の面 4

1.3 敬語の面 6

1.4 文法の面 6

1.5 携帯電話の用語 7

2 女性用語の成因 10

2.1 社会的な原因 10

2.2 心理的な原因 11

2.3 歴史的な原因 11

2.4 マスコミの原因 12

3 女性の社会地位と女性語の発展 14

3.1 古代の日本語と女性語 14

3.2 女性の社会地位の低下と女性語 15

3.3 戦後女性の社会地位の上昇と女性語的新しい大陸 16

参考文献 18

謝  辞 19

はじめに

日本語を勉強しているうちに、日本語における女性語がたくさんあり、面白い特徴を持っていて、実際の使用においてよく迷っているのに気がついていた。それにその女性語の成因とか存在する原因とかにも十分な興味を持っている。だから、日本語における女性語についてわりに詳しく研究することにする。

日本語の中で女性特有な言葉がある。現代語では感動詞の「あら」「まあ」、終助詞の「わ」や、「だわ」「のよ」など。昔なら、室町時代ごろからみられる宮中などでの女房詞や、江戸時代の遊女語など特殊な社会で発生した女性専用の言葉をいう。

日本の女性語問題を取り上げた「女のことば男のことば」が井出祥子により出版された。従来、女と男の二つの性を並べるとき、男が先にきていたのを、その本で「女の言葉」を先に出す書名にしたことは画期的であった。日本の女性の言葉を、「のびやかな自分の言葉の時代へ」向かうよう主張している。[1]井出を中心とする研究グループは、その後、フェミニズムの女性語研究の姿勢で社会言語学的研究に取り組み、女性がどのように、そしてなぜ男性より丁寧な表現を使うのかという考察をすすめた。

どんな民族にもかかわらず、言語にはその民族の独特な生活方式と思惟方式を含まれている。言語使用の規則もその生活方式と思惟方式から構成していた。したがって、言語は一種の社会現象でもある。女性語の社会本質および含んだ重要な文化内容を検討するには、伝統言語学の視点から女性語の内部構造および発展規律を研究するだけでなく、それを社会的および文化的として研究するべきである。[2]本論文では、まず女性語の特徴を簡単に紹介して、それから日本の社会、歴史や日本人の思想、心理的という方面から女性語を起こす原因を分析してみたい。最後に、古代及び現代の女性の社会地位と女性語との関係を比べて、女性語の今後の発展に対して探究する。

本論文を通じて日本語における女性語をもっとよく把握して、そして日本の社会状況や日本的な思想などもっと深く理解することができたら誠に光栄且つ喜ぶ。

1 女性語の特徴

1.1 発音の面

日本語は一般的に気流と唇を利用して発音するので、日本人が話す声が普遍的に大きくない。それに、女性達が話す声はとても軽くて優しい。しかしながら、「女性語のほうが男性語より1.3倍の速度で話すそうである。」[3]日本の女性の言葉が音声の上で求めるのは優雅さで、発音の面では女性のほうが標準的な発音を使う傾向にある。

例えば、インフォーマルな場で

男性:「きたない」→「きたねー」

「すごい」→「すげー」

女性:普通このような変種を使用しない。

そして、語調の上で、女性は上がり調子で、型の変化が表情に富むといえる。大石初太郎の「ことばの昭和史」によると質問文のしり上がりのイントネーションの使用率は「男性が67%で女性が84%だそうである。」[4]なお、ある調査によると「男性は17.7秒に一度、女性は10.3秒に一度強調を示すイントネーションを使うという。」[5]これらの統計から、イントネーションは男性より女性のほうが豊かであることが分かる。

また、女性の感嘆文の周波数は男性よりも高い。女性は表現を誇張することが好きていあり、また語調は優れて自己顕示的である。

1.2 語彙の面

歴史の原因によって、最初に漢字は僧人たちが経書を書こうと使うものである。その後、“男の文字”と呼ばれている。男性は漢詩で心情を述べるて、その中に流暢ではなく分かり難いところが非常に多く、感情も足りない。仮名文学の発展に従って、女性文学という形式が現れた。それで、人々の頭で女性が使用する語彙の中で女性の優しさがあるということが残っている。

日本人は話するとき、場合と関係によっては人称代名詞を選んで使うになる。女性が多くの場合で丁寧な人称代名詞をつかっている。

表1 人称代名詞における男女両方の使う傾向

人称代名詞

両方使う傾向

一人称代名詞

わたし·わたくし

男性<女性

あたし

男性<女性

ぼく

男性専用

おれ

男性専用

二人称代名詞

あなた

男性<女性

あんた

男性<女性

きみ

男性>女性

おまえ

男性>女性

例えば、会社で上司が部下を呼ぶ時、男性には「くん」を使い、女性には「さん」を使う。そして、学校でも男の学生が女の学生を呼ぶ時は「さん」を使い、女性学生が男子学生を呼ぶ時は「さん」か「くん」を使う。すなわち、女性より男性のほうが敬意の高い言葉を使う。[6]

また、終助詞には女性、男性それぞれに違ったものがある。女性特有の終助詞には「わ、わよ、わね、の、のよ、のね、かしら、こと、もの」などがあげられる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接