武士道精神が日本社会に与える影响について毕业论文_日语毕业论文

武士道精神が日本社会に与える影响について毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

作为日本封建统治体制的观念支柱,日本武士道精神在日本占有重要地位。本文拟从探讨日本武士道精神的起源、形成及发展入手,进而论述它的形成及发展原因,从而分析和归纳出日本武士道精神的优劣点以及值得我们学习和借鉴的地方,以期为中华民族的发展提供一些参考和启示。

文章主要由三大部分构成。第一部分是写日本武士道精神的定义。这个包括了武士道精神的核心以及日本人心中的武士道。第二个部分描述了武士道的诞生起源和发展以及发展的原因。第三个部分写的是武士道精神对日本社会的影响。最后一个部分描述了日本武士道精神值得我们借鉴和学习的地方。

关键词:武士道;日本社会;明治维新;发展

目  次

はじめに 1

1 日本の武士道精神について 3

1.1 武士道精神の核心 3

1.2 武士道精神の芸術創作 6

1.3 日本人の心の中の武士道 6

2 武士道の誕生と発展 8

2.1 武士道精神の起源 8

2.2 武士道精神の発展 9

2.3 武士道精神の発展の原因 11

3 武士道精神は日本社会に与える影響 13

3.1 日本社会に対して積極的な面について 13

3.2 日本社会に対して消極的な面について 15

4 中日友好のために、今日どのように武士道精神をみるか 17

おわりに 19

参考文献 20

謝  辞 21

はじめに

武士道は藤原氏の専制政治を背景に日本に現れ、中央集権制の崩壊と荘园の発展が武士道の形成につながった。

大化革新以后実行された徴兵制が中央集権制の低下と共に一日一日と崩壊した。9世紀の初めに「健児制」行われ、兵役に服することが貴族だの権利になり、軍隊の質がぐっと低くなった。このとき、日本に各地に荘园があらわれて、荘园主は自分の領土と安全を确保するために、次第に農夫を訓練するようになった。

武士道とは、封建制によってあらわれた特権階級である武士が、自分自身の不始末を審判するためのよりどころとして共通の規範が必要になり、そしてつくられたものです。武士道の起源を仏教、神道、儒教と思われる。

武士らが一旦戦場へ赴くと、主人も従仆もともに難苦労に耐えなければならない。生死を共にする中で。お互いの依存を強化しなければならない。生死にかかわる人間関系だから。純粋な利害関系と背って、主人と部下の関系を一段と高い段階に高めることが必要になった。それは武士道の誕生を促した。その時、貴族は凋落の道を辿っていた。貴族はいくら沢、淫乱なことをしても、人を殺すことをしない。武士はそれと背う、彼らは血にまみれて闘い、残酷かつ凶悪で、人の生命への尊重心に乏しい、平気で人を殺すことができる。上層部の武士は叛乱発生を防ぐために、武士の行動基准を定めた。そして、長い年月を経って、ようやく江戸時代に武士道が日本に定着した。いくつかの発展階段を経って、武士は鎌倉時代の農業経営者から江戸时代の都市消费者になった。明治維新以后、武士は商業界にも入った。

実は明治維新以来、日本の軍国主義者は武士道を精神の支えと戦争の工具として利用し、外国を侵略、略奪し、自国の国民に多大な苦痛をもたらした。

1 日本の武士道精神について

1.1 武士道精神の核心

武士道精神とは本に書いてない不文法で歴代の武士达によって口からへと伝えられ、或いは有名な武家の人によって記録されたものであり、武士达の人生の格言となったものである。日本の武士道精神はいったい何であるか。簡潔にいえば、武士が主人に死を覚悟し、「死を畏れない」こと、つまり惜しむことなく、すべてをささげ、舍て身になって主人に命を尽くすことである。武士道論者は儒家の「士道の論」が世人の貪欲と死への恐怖を隠すものと思っている。武士道は君と臣の間の戒律を大切にし、絶対に忠を尽くすことを要求する。「自分の命を舍てて、道義をとる」[1]だけでなく、「あっさりと死んでいく」ことである。君主から切腹しろといわれたら、切腹して自殺しなければならないのである。

最初の武士の道徳の規范である「貞永式目」は1232年に出たものである。封建社会の武士は「忠孝」と「武勇」を一番高い信条として主人のためなら必要な時にいつても死ぬ覚悟をしていた。彼らは主人への忠誠を表明するために、武士としての名誉を守るためいに、切腹で自分の命をおわらせることもある。日本武士道の古典は「叶隠」と呼ばれる。江戸時代の佐賀藩に伝承される武士道の修行の本である。「叶隠」は樹木の叶の陰のように、誰にも見られない所で自分の主人に命を尽くすことである。「叶隠」で言う武士道精神は果敢に死に、なんの未練もなく、少しの躊躇もなく死ぬことである。普通のひとが命を大切にするのに対して武士道は否定的な態度を持って、死ぬことだけが誠実なことで、ほかの功名利禄がすべて幻であり、名と利を舍て、「死身」になって、主人に義勇奉公する時こそ、この世間の真実を見ることができる。武士は精神の力を重要視する。すなわち、心理的に自分に勝たなければ、他人に勝つことができない。「自分の命を舍てることができなければ、他人の命を取ることができない」[2]というのが日本武士の信念である。「自分の命をすてる」ことと「人の命を取る」ことが切っても切れない関系にある。「叶隠」は武士の論語とよばれた。

「武士道の柱となっているものは、『義』、『勇』、『仁』、『礼』、『誠』、『名誉』である。」[3]そして、その最も大きな支柱となっているものを、『名誉』のなかにある『廉恥』、つまり、恥を知るということであると思う。恥への恐怖は、上に上げた武士道のなかに常に存在したのである。

①『義』

『義』は、『道理。条理。物事の理にかなったこと。人間の行うべきすじみち。』ということを意味する。それは『義理』として、教えを守らせるために働った。仏教の六方、親子の道、師弟の道、夫婦の道、友人の道、主従の道、教えを信じるものとしての道、これらを守らせるためには、何らかの権威が必要だった。親孝行をなぜしなければならないか、に対して、それは人間の行うべきすじみちなのだから、ということで慣習づけられ、納得させられたのだった。しかし、『義理』があらわれてから、それはしばしば、詭弁におちいた。

②『勇』

『勇』は、武士の職業柄なくてはならぬものだった。そこには、『大義の勇』と『匹夫の勇』との区別があった。それは、人が恐れるべきことと、恐れるべきでないことの区別がなければならない、ということである。武士はどんな事態にあっても平静さを装うことで勇気を示し、戦場の昂揚の中でも冷静で、破滅的な事態のさなかでも心の平静さを保っていた。たとえば、迫り来る危難を前にして詩歌を作ったり、死に直面して詩を吟ずる人こそ立派な人として尊敬した。文づかいや声音に何の乱れもみせないこのような心の広さは、その人の大きさの何よりの証拠であった。

③『仁』

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接