浅谈日本人的送礼习惯毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本人的送礼习惯毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

赠送礼物是日本人自古以来的风俗和交往礼仪,人际关系中的润滑剂。为了长久的维系人际关系,日本人常常互赠礼物。送礼是日本人的生活很重要的一部分。如果不能好好理解日本的风俗文化,那么和日本人交往时,恐怕会产生误解。所以,相互理解对方的文化是很必要的。

本文主要对于日本人的送礼习惯进行了一番研究。从送礼的原因,方式,禁忌等多方面分析日本人独特的民族心理,然后理解日本文化。希望能借此加深中日两国的相互理解和友好交流。

关键词:送礼;原因;方式;禁忌;民族心理;日本文化

目  次

はじめに 1

1 贈り物をする原因と目的 2

1.1 社会機能から見る 2

1.2 文化から見る 3

1.3 意識から見る 4

2 贈り方 6

2.1 場合の選択 6

2.2 贈り物の選択 7

3 贈り物の注意点と禁忌 10

3.1 贈り物をする時の言葉 10

3.2 贈り物の包装 11

3.3 贈り物のタブー 12

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

日本人は贈り物が好きだとよく言われる。日本人はお互いによく贈り物をする。この点では、中国人と同じである。しかしながら、伝統的な文化背景と民族的な文化心理などの原因で、贈り物をする時、中国人と日本人の習慣にはいろいろな違いが見られる。日本人と付き合う時、その違いを知っておけば、私たちにとって間違いなく無上の助けとなるだろう。逆に、贈り方が適切でないと、贈る側の心を伝えられず、親交も深められなくなる。それどころか、誤解が生じるの可能性もある。

本稿では日本人の贈り物をする原因と目的、贈り方、贈り物をする時の注意点と禁忌などの方面に及び、詳しく分析する。さらに、日本人の独特な民族の心理を研究の重点として、考察していくことにしてみたい。

1 贈り物をする原因と目的

1.1 社会機能から見る

贈り物は古人の知恵として習慣づけられて、一般的な社会現象だと言われる。日本人の社会生活の中において、不可欠な内容である。プレゼントによって、他人に感謝、祝賀、慰問などの気持ちを伝えることができる。おおげさにいえば、日本人にとって贈り物は社会を維持するためのシステムのひとつである。

人間関係を構築と維持しておきたい、またこれからもどこかでお世話になるかもしれない、少なくとも自分の気持ちだけでも贈っておきたい、といった理由があるので、日本人はよくご親戚、ご友人、会社の上司や同僚、隣人に至るまで、ささやかなプレゼントを贈る。現代に生きる我々にとって、誕生日やクリスマスなどに、プレゼントを贈り贈られるという機会が多い。

その贈答の儀式が社会を円滑に運営することに大きく貢献している。現代では、高速に発展しているこの世の中で、人々の生活リズムはますます速くなっている。贈り物をすることは、忙しい人々にお互いに交流する機会を設けて、非常に重要な形式である。贈り物を媒介として、相手の存在そのものを認める、相手に感謝する、相手に気づいていることを知らせる。

日本人は集団意識は非常に強いとよく言われている。人间関係の「和」をとても大切にする。日本人にとって、一番怖いのは周囲から孤立させることである。自分がある集団に属するということを確認して、それなら安心だ。集団に溶けやすいために、どんなに忙しくても、「周りの人を大切にするのだ」と感じることを心がけよう。どこかへ出張しても、「周りの人にほんの気持ちで何かお土産を買ってこよう」と心配りを持っていこう。そのほか、日本人は初めて会う人にプレゼントを用意することもある。それ以外に、贈り物を受け取るのを拒否することは失礼で、相手の反感を買うばかりである。

1.2 文化から見る

「日本でも中国でも、贈り物をすることは大昔の時期の祭祀活動に由来したのである。古代の人々は神様に感謝・崇敬の気持ちを表視するために、神前に奉納品を供える伝統があり、多分その時から、「礼」は実物の形式を取ったようになった。一方、行事が終わると、残った品物を人々に返す習慣もあり、これはお返しの起源といわれる。」[1]それから、時代の移り変わりとともに、心をものに詫すことができるのは人々に受け入れられるようになる。それゆえに、現代では、贈答は一種の文化様式になり、現代社会の中で盛んに行われるよになり、個人と個人の間だけでなく、会社・集団の間にも通用している。

そして、日本人は「共通の時間意識をもって民族」であるといわれている。つまり繋がりを常に意識しながら生きるということである。物事を考える際に現在だけではなく、自然と過去を絡めて考えている。また、同時に未来という時間も意識して考える。たとえば、年功序列という制度は過去から遡って評価をする方法である。社会において贈り物にも過去、現在、未来の3軸に行われる。現在だけでなく、過去の感謝の気持ちを忘れずに、未来の関わりのために贈り物をする。

「お中元」「お歳暮」などの定期的なものをはじめとして、「結婚祝い」「出産祝い」などの各種のお祝いや、他家を訪問した際の「手土産」、あるいは隣近所への「おすそ分けbull;お福わけ」などの不定期なものまで数えると、日本人の生活の中で、贈り物をする機会が多く存在する。日本には贈り物を贈る風習が根付いている。特に日本独自の文化として発展した贈り物はお歳暮やお中元などの贈り物である。贈り物をするのは国民の感情を連絡する最も主要な方法の中の一つになる。日本では、一つの家庭が毎月7.5%の収入を費やして贈り物をすることに用いている。贈り物はただの習慣ではなく、日本人が誇りにしていい文化のひとつなのである。

1.3 意識から見る

日本人は恩返しの意識は非常に強いである。恩とは、要するに借りのことである。誰かに恩を受けたら、その借りは忘れないほうがいい。忘れてしまうと、世間からつまはじきにされる。日本人は、恩の海に首まで泳ぎながら、浮き沈みを繰り返しているようなものだ。みんな誰に貸すがあり、みんな誰かに借りがある。贈答儀礼をめぐる強迫観念も根強く、「義理」を欠かないようにという配慮は日本人の間に相当根深く浸透している。

したがって、贈答は好意のやりとりで、贈り物をする人は当然お返しを期待しているに違いない。これは、「義理人情」という観念は日本人の生活習慣に深く入り込んでいるのを反映して、日本的特徴といえよう。贈り物を贈り、受け取り、お返しをする、その過程の中には物を交換することにとどまらず、精神的な価値を交換する働きも含まれている。相手から受けた恩をよく思い出し、くれた人に会うたびに、真心からお礼の言葉を言う。それから、その恩を忘れないうちに、ゆっくりプレゼントを買って、お返しする。

普通お中元、お歳暮はお互いに贈りますので、お返しをすることはないはずである。また、進学祝い、就職祝い、栄転祝い、開店祝いなどの場合は、お返しをしなくてよいことになっている。目下の人からお世話になった目上の方に贈ったり、又は取引関係の方に贈るのが一般的なので、特にお返しする必要もないが、礼状はできるだけ出すように心がけるべきだ。その他の場合、例えば「冠婚葬祭」のことで、いただき物に対して、必ずお返しをしなければない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接