浅谈日本女性地位变化毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本女性地位变化毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

目前为止,在日本人们普遍认为日本男性社会地位比女性相对要高。诚然,在以前的日本社会里,由于男性在外挣钱,女性在家管理家事,可能从外部来看女性的地位不如男性地位高。但是,现今,日本由于从海外引进了许多外国新鲜文化,日本人的想法在逐渐改变。人们开始重视女性意见,并且关注女性的存在。日本女人不仅在家充当起家庭主妇的角色,在外面也拥有工作,并且还会参加许多社会活动。

也就是说女性地位随着时代变化不断变化着。我认为二战前后的变化很大,本文就二战前后状况进行比较,考察地位的变化,然后探讨其原因。

关键词: 女性;家庭;升职;就业率

目  次

はじめに 1

1 戦前における日本の女性の地位 2

1.1 家庭から見る 2

1.2 社会から見る 3

2 戦後における日本の女性の地位 5

2.1 家庭からみる 5

2.2 社会からみる 5

3 日本の女性の地位の変化の原因 8

3.1 女性自身の原因 8

3.2 社会の原因 10

4 社会への影響 12

4.1 正の影響 12

4.2 負の影響 13

おわりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

はじめに

昔、日本の男性の地位は女性より高いといわれたが、現在女性の地位は徐々に高まっていると思われる。特に第二次戦前後の変化はとりわけ大きかったと言えよう。

日本では古くから男尊女卑という言葉があった。その言葉の意味は日本人の女性たちは男性ほど力がないから、社会地位が低かったということである。周知のように日本人の女性たちはもともと社会地位が低いと知られていた。しかしながら、経済の発展につれて、日本は海外からさまざまな文化を取り入れている。したがって、日本人の思想は解放されたと言えよう。たぶん、現在の社会背景は昔と変わっただろう。その背景のもとに、その女性の地位の変化を探りたいと思う。

本稿では、二戦を境にし、戦前と戦後の女性の地位を考察したい。家庭と社会の二つの視点から、女性地位の変化相を探りたい。そして、その変化の裏に隠された原因を分析しようと思う。最後は、女性の変化は社会にどのような影響を与えるのかについても研究したい。

1 戦前における日本の女性の地位

1.1 家庭から見る

戦前は女性はほとんど家庭主婦になった。教育などは重視されていなかった。つまり、女性はただ家庭での家事や子育てをするだけでも十分だった。子供の養育は戦前の女性の主な仕事といっても言い過ぎではないだろう。そして、戦前の女性の結婚はほとんど自分で決めることではなく、親で決めていた。つまり、結婚と子供育ての両方から見ると、男性は寄り力を持ち、家庭を支えるのに対して、女性は自分の権力がなく、主に家庭で家事や子育てをするので、戦前の女性の家庭地位は低いことが分った。

まず、女性は娘の結婚についての発言権はなかった。また若い女性の結婚については、完全に自分の意志だけで決めるというわけにはいかなかった。相談相手がいた。それは母親だった。父親は娘の結婚に口を出せなかったようだった。しかし時代が進み、8世紀、奈良時代の途中から[1]、父親が娘の結婚相手について決定権を持つようになってきたといわれている。家族生活において、それだけ夫あるいは父親の権限が強くなってきたということだ。

そして、生まれた子供はほとんど女性が育ていた。もし、子供の母親が暇がなければ、姑あるいは自分の母親に任せるケースもある。従って、子供は母親の家族のなかで育つということになった。つまり、戦前は母系制社会ということになったと言えよう。子供は女性の手で育てられるということになる。しかしそこで、女性は仕事をする暇がなくなり、家庭で子育てや家事を担当するようになった。

1.2 社会から見る

「原始、男性は中心であった。」という言葉もある。それは日本の古い社会では、男性は女性より、力をもっているため、地位が高いという意味だ。歴史上、日本の社会が、武士中心の世の中になっている。つまり、戦闘要員としての男性が力を持つことである。「家系」を重んじる風習から嫡男が大事にされたことなどから、女性の社会的地位が低かったものと考えられる。

教科書には古代の日本では「男尊女卑の風も強まり、女子には三従の教えが説かれ、これらの傾向は、武士だけでなく、社会一般にもおよんだ」[2]と記述されている。中にある『三下半』[3]というと、戦前の女性は、落ち度もないのに男の勝手で離縁され、泣く泣く家を追い出される姿がイメージとされてきた。「貞女二夫にまみえず」という貞操観念から、日露戦争などの戦争未亡人が再婚も出来ず、子どもを抱えて苦労したという話である。

しかし、1799年までの大名百家、旗本百家での女性の離婚率は約2.3%。再婚率も3.9%である。現在、日本では離婚が増えたと言われているが、離婚率は平成14年でも約17%である。[4]これはいかに江戸時代、離婚、再婚に抵抗があるかを示している。離婚そのものについても、夫の一方的な意思ではなく、今と同じ協議離婚がほとんどであった。しかしながら、家庭では夫の地位が高いため、ほとんど夫で決めるわけだろう。『三下半』がなければ女は再婚出来ないとはよく言われるが、逆に言えばこれを受け取ってもらえなければ、女性は再婚出来なかった。もちろん、「戦前の女性の地位は高くなかった」と言える部分はある。その時の女性が、みんな虐げられていたのではなかったことは確かである。そして、戦前で女性に対する教育はそれほど重視されていなかった。女性は社会に高い地位に就くことができなかった。女性の仕事は家事であり、子供を養育し家庭を守ることであると考えられてきた。明治維新以前、「女大学」は女性の聖書と呼ばれる。「三従」「四徳」「七去」など女性に偏見を抱く封建思想は女性の知恵と行動を束縛した。女性は従属的な地位に立って、自主権が全然なかった。

まとめて言うと、戦前は古い社会であるため、男尊女卑と言う思想が強かった。また、男性のほうはもともと力を持っているとされてきた。したがって、男性の地位は女性より高く見えるかもしれない。それゆえ、戦前の女性は家庭では権力がなく、社会でもそれほど重視されていないのは言うまでもない。おそらく、それは日本の伝統的な思想と深く関わっていると思われる。「三下半」、「三従」、「四徳」、「七去」などの思想は人々に根を下ろしているだろう。

2 戦後における日本の女性の地位

2.1 家庭からみる

現代の女性は、仕事を通じて自分の人生を追求したくなっているだろう。それと同時に、家庭での子育てや家族生活も大事にしたいという欲求をもっているだろう。男性もまた、仕事一筋というだけでなく、家庭にもより関わりたいという意識が、若い世代にみられるようになってきた。家庭での家事や子育てをする一方で、女性は男性と同じく経済負担を担うようになった。昔はただ男性は経済力があり、家庭での高い地位についていたが、戦後には、政府からさまざまな法律や政策を打ち出している。そのため、女性は家庭に閉じこもることが必要ではなく、外で働くことができる。家庭の経済負担の一部を担っている。そのため、家庭での家事や子育ては女性だげですることではなく、男性もそのようなことに参加してきた。家庭で夫婦の地位がだんだん平等になった。

2.2 社会からみる

戦後の日本社会は、経済的にも社会的にも大きな変動を経験しているが、男性と女性を取り巻く状況も大きく変化してきた。戦後の日本は女性が男性より差別させている家父長制的な社会だったが、戦後、男女平等の精神が憲法でうたわれるようになり、女性差別の問題に取り組む運動が展開してきた。女性が職場で不利益をこうむることがなく、自分の能力を発揮できるようになること、政治や意思決定に女性が参画すること、家族やカップルの中で男女が対等であること、愛情や性について個人としての選択が重視されることなどが目指された。他方で、女性の社会進出はすすみ、1980年代には、『女性の時代』ということがうたわれるようになった。85年には、雇用に関して男女の差別的な処遇を禁止する法律、男女雇用機会均等法が制定され、また、同年、国連の女子差別撤廃条約(The Convention on the Elimination of all forms of Discrimination against Women)が批准された。1979年、第34回国連総会で採択された条約だ。政治、経済、社会、文化、その他あらゆる分野にあける性差別の撤廃を目指し、固定的な性別役割分担の見直しを理念とする。日本も署名したが、批准するためには条約の基準に達していない国内法の改正が必要で、1984年の国籍法改正、1985年の男女雇用機会均等法の制定などを経て、1985年に批准した。しかし、このような情勢の変化にもかかわらず、日本人の多くが、男女平等の社会が実現していないと感じる状況は現在でも続いている。たとえば、2004年に内閣府が行った『男女共同参画社会に関する世論調査』によると、社会全体で『男性の方が優遇されている』と考える人は7割を超え、『平等』と回答した人は2割にとどまっている。つまり、戦後、男女の生き方は大きく変わってきた反面、依然として男女の差別は相変わらず根強く存在しているといえる。女性として男性としてどのように生きるか、差別問題にどう対処するのか、その取り組みは今後も変わらず必要となっている。

まとめて言うと、現在の男女地位の変化が大きかったと言えよう、日本では、昔ほど鎖国ではななかった。したがって、女性は自分の権力を重視するようになったといえよう。そして、政府からも多くの政策を打ち出している。たとえば、男女雇用機会均等法、国連の女子差別撤廃条約などもある。それは政府も男女平等に取り組んでいる。人々の思想もより解放的で、人々に女の子はただ家庭での奴隷ではなく、女性の能力を発揮すべきだろうと思われるだろう。

3 日本の女性の地位の変化の原因

3.1 女性自身の原因

以前の日本では、男女差別は人権の問題とし扱っていなかったため、妻は家庭で夫に乱暴に殴られても重大な問題とし処理されていなかった。だから、この長い間、女性は男性の暴力に耐えているのだ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接