村上春樹の作品における洋式風格毕业论文_日语毕业论文

村上春樹の作品における洋式風格毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本论文的主题是研究村上春树小说的西化特点。文章主要由三大部分构成。第一部分是写村上春树作品的主要特征。这个特征包括了村上春树小说的侦探小说结构和丰富大胆的想象力。第二个部分只要描述了村上春树小说西化的具体表现。这里的表现主要是指村上春树作品西化的写作方式和写作视角。最后一部分探究了村上春树的小说作品西化的原因。即西方文学的影响和西方文化的接收。

本文通过以上这些方面论证了村上春树的小说带有明显的西方特征。从而得出了一个结论,那就是村上春树虽然是日本人,但是他的作品在西方文化的影响下已经变得西化了。

关键词:侦探小说结构;想象力;西化;外国文学;美国文化

目  次

はじめに 1

1 村上春樹の作品の特徴 2

1.1 探偵小説の構成 2

1.2 大胆で豊富な想像力 4

2 西洋化の具体的な表現 6

2.1 作品の書き方 6

2.2 西洋式の文章の書く視角 8

3 村上春樹の作品の西洋化された原因 11

3.1 西洋文学の影響 11

3.2 西洋文化の受け入れ 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

日本がアメリカに軍事的に占領されていた時代に生まれたからこそ、小説家になるまで村上春樹はずっと日本の選別したアメリカ文化の薫陶を受けていた。そのため、村上春樹は子供時代からずっとアメリカ文化に深い感情を持ってきた。

アメリカの文化の影響を受けたため、村上春樹の小説で濃厚なアメリカの匂いがあふれていて、日本文化の匂いが薄い。彼の作品にはただ洋服、サンドイッチ、カクテル、ジャズだけあり、和服、刺身、清酒と日本演技がない。日本人がこのような村上春樹を受けたのはかれらがそのアメリカの匂いが好きなのからである。外国人がこのような村上春樹が好きなのはかれらが日本の味を味わうと同時に不案内な感じがしないからである。

村上春樹の小説における西洋化の特徴を探究するために、本文は村上春樹の小説に突っ込んだ分析を行おうとしている。

1 村上春樹の作品の特徴

1.1 探偵小説の構成

村上春樹は恐怖小説と探偵小説が極めて好きである。[1]探偵小説を書かない、しかしながら、彼は探偵小説の構成を利用して自分の小説を書くことが極めて好きである。例えば、『国境の南、太陽の西』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『風の歌を聴け』などの小説は探偵小説の構成を利用して書いたものである。この作品は多くのフラッシュバックと挿入法を使い、しかも読者の目を更に引くために絶え間なくサスペンスを設け、そして終わりの部分にこれらのサスペンスをいきなり解き出した。読者に納得、理解できない気持ちで強烈なショックを受けさせ、それによってその作品に深刻な印象を持たせた。

村上春樹の作品の『ダンス・ダンス・ダンス』は探偵小説の構成を使って書いた代表作の一つである。小説の開始部分で、主人公は思い出の方式で「いるかホテル」に触れ、あそこに戻ったという夢もよく見て、しかしながらその原因を読者に教えていなかった。そうすると、一つのサスペンスを設けたことによって読者を主人公と一緒にこれらの不思議な事情を探究しようとする考えを持たせた。これから主人公はキキと出会い、そして骸骨の多く存在する部屋を見つけた。ストーリーの発展につれて、いろいろなサスペンスが次々と出て、最後にストーリーの展開を通じているかホテルの神秘を少しずつ明るみに出すと、小説全体の構成を完成した。同時に読者に意外ながら安堵して結果を知るようにさせた。

『ダンス・ダンス・ダンス』のほか、村上春樹は多くの作品でもこのような構成を使い、純文学小説をサスペンスと疑惑あふれるものにならせ、読者を主人公の経歴に随って自分をその場に置きながら考えたり、気分も主人公の気持ちに随って上がり下がりしたりさせ、そして読者の興味を引いて思考を引き起こす。例えば、『羊をめぐる冒険』は探偵小説の手法を使ってストーリーを展開する典型的な小説である。この小説の主人公は普通な日本青年である。奥さんと離婚した後、耳のきれいな女と知り合うようになってから彼女と一緒に暮らしてきた。その後、一枚の「羊」が写った写真のため暴力団にうるさくつきまとわれてしまった。1ヶ月以内背中に星型の斑紋がある羊を探し当てると主人公は脅迫された。そこで彼は「ネズミ」というニックネームの友達の送ってきた写真を頼りにしてガールフレンドと羊をめぐる冒険を始めた。小説全体は写真を手掛かりとして、主人公が羊博士と外形の羊にそっくりする人の手伝いのもとにとうとう「ネズミ」という友達と出会い、そして彼の話しによって「羊」についての情報がわかるようになったと描いた。この小説は「羊」の探し当てることをストーリーの発展を推進する主導として、異なる人物の羊への描写を通じて少しずつストーリーをクライマックスに突入し、同時に読者の気分を主人公の経歴に随って上がり下がりさせた。最後、作者は「ネズミ」という友達の自殺を終わりとして、ストーリーに完全な結局に与えた。

このような独特で有効な探偵小説の構成を使って村上春樹の小説は多くの読者に人気がある。村上春樹は日本の文学、小説家であり、しかしながら、伝統的な日本小説家らしくない、欧米作家のように形式にこだわらない書き方を持っている。

1.2 大胆で豊富な想像力

周知のように、東方人は比較的に含蓄のある人で、その小説家が創作の時にも婉曲で含みがある。しかしながら、西洋の小説は内容が大げさで、その小説家は極めて大胆な想像力を使って創作する。村上春樹は自分の小説に大胆で豊富な想像力を使うことが極めて得意である。

村上春樹の小説は多くがベストセラーであり、しかしながら、日本において純文学作品とみなされている。純文学作品はSF小説、マジック小説及び普通の娯楽性を重視する大衆文学と違い、それは厳粛で深刻な寓意を持つ必要のある文学ジャンルである。そのため、純文学の小説において想像力の発揮は厳しく制限された。しかし、村上春樹の小説はSF小説、マジック小説と同じような大胆で豊富な想像力を演じている。例えば、『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』及びその後の『スプートニクの恋人』はすべて誇張する想像力を使って現実の世界における人々の真実な心理と考えを反映し、それによって村上春樹の作品はもっと多くの人に認可されるようになった。

『1Q84』を例として、この小説の内容はただ簡単なストーリではない。女の主人公は高架道路でのタクシーに閉じ込められているシーンをストーリの始まりとして、それからタクシーのラジオからシンフォニ—が鳴り響き、その音楽は主人公の共感を呼んだ。タクシーの運転手は主人公に普通ではない緊急通路を歩くように提案した。すべての高架道路に緊急通路が設置してあり、その中に街と繋がる秘密な階段があり、しかしながら大部分の人はそちらの存在を知っていないと彼は主人公に教えてあげた。もし本当に絶望すればその中の一通を歩いてみると運転手は提案した。その後、女の主人公はその中に入り込むと、その通路が別の違う世界と繋がっていると注意した。この珍しい世界には二つの月があり、非常に奇異な小さい生い物もいる。この小さい生き物は生まれたばかりの時ただオタマジャクシの大きさで、その後野ネズミの大きさに成長してきた。それらは歌いながら、空気から半透明の絹糸を採集して落花生のような形のボールを編んできた。ストーリーの発展につれて小説の中に多くの奇妙な人物とことが現れてきた。この本は生活におけるよく存在することをストーリの始まりとして、作者の大胆の想像を通じてしだいに想像にくいサイエンスフィクションの世界に入り込んだ。『1Q84』だけから見ると、村上春樹が想像力の極めて豊富な人だとわかるようになった。

村上春樹はよくその小説の中の主人公を通じて想像力の重要を強調する。例えば、『ノルウェイの森』では同盟休校する男の子の真の敵は国家の権利ではなく、想像力の枯渇することだと村上春樹は書いた。ほかに、『海辺のカフカ』では自分が最も嫌いなのは想像力の乏しい人だと彼は書いた。村上春樹は想像力のない人は心の空白な人だと考えている。[2]彼の作品は文学にとって想像力が大切なものを表しただけではなく、人間にとって想像力の大切も表した。想像力の手伝いのもとに、村上春樹の小説は西洋の小説と同じように目新しいプロットと人を引き付ける魅力を持つようになった。

2 西洋化の具体的な表現

2.1 作品の書き方

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接