关于中日民族文化传播的对比研究—以中日本土主题乐园为例毕业论文_日语毕业论文

关于中日民族文化传播的对比研究—以中日本土主题乐园为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

主题乐园是一种场馆、设施、活动、景观等元素都是由一个统一的主题为概念而塑造的、供儿童和成人游玩的游乐园。随着经济的发展,去主题乐园游玩消费也已变成一种成熟的娱乐消费模式。主题乐园的种类多样,中日的主题乐园更是花样迭出。最有名气的有中国的方特欢乐世界主题乐园、日本的海贼王主题乐园等。这些主题乐园中,大部分为国外引进,其中也不乏包括一些本土化的设施。

近几年,这些设施也会根据内容不同,不再拘泥于主题乐园这个称呼。因为当地人想宣传自己的文化,不仅把民族文化元素融合到从国外进口的主题公园里。比如说深圳欢乐谷、锦绣中华,日本的忍者体验村和日光江户村等国家独特的民族文化要素建造的主题乐园正陆续出现。将这种民族文化融入主题乐园,在为乐园增添文化气息的同时,也可以更好地传承和宣扬本国的民族文化。

本文通过对中日主题乐园的对比研究,因主题乐园包含民俗村、影城等多种名称,本研究中统称为主题乐园。本文通过比较研究中日从海外进口的主题乐园和本国建造的主题乐园,分析以主题乐园的形式宣传文化的不同之处。

关键词:民族文化;传承;主题乐园;对比研究;不同点

目 次

はじめに 1

  1. 中日テーマパークについての先行研究 2

    1. 中国のテーマパークについて 2
    2. 日本のテーマパークについて 3
    3. まとめ 4
  2. 中国のテーマパークについて 6

    1. 海外から輸入されたテーマパーク 6
    2. 中国特有のテーマパーク 7
  3. 日本のテーマパークについて 9

    1. 海外から輸入されたテーマパーク 9
    2. 日本特有のテーマパーク 10

4 中日テーマパークについての対比研究 12

    1. 中国本土と外来テーマパークの相違点 12
    2. 日本本土と外来テーマパークの相違点 14
    3. 相違点のまとめ 15

おわりに 17

参考文献 19

謝 辞 20

はじめに

テーマパークは、多様な民族文化を示す窓口であり、民族文化の保護と発展のプラットフォームであり、民族文化のアイデンティティの担い手となっている。各テーマ館、周辺商品、施設体験などの方面から両国の民族文化を表現している。本論文は文献研究法、比較研究法を用い、中日のテーマパークにある民族文化を表している各テーマ館、周辺商品などを調べることで、比較研究を行う。そして、その相違点を探り、分析する。

第一章では、中国と日本のテーマパークに関する先行研究をまとめ、研究背景を紹介した。たとえば、深圳錦繍中華と上海ディズニーランドは急速に発展しており、国内の国の文化や施設は海外から輸入されている。第二章では、中国のテーマパークについての内容である。海外から輸入されてきたテーマパークと中国の民族文化要素で作られたテーマパークの二つに分け、中国にあるテーマパークの現状について分析した。第三章では、日本のテーマパークについての内容である。海外から輸入されてきたテーマパークと日本の民族文化要素で作られたテーマパークの二つに分け、日本にあるテーマパークの現状について分析した。第四章では、中日のテーマパークにある施設などの視点から、両国のテーマパークに自国の文化伝承に関するものをまとめ、その相違点を分析した。

上述の内容を比較することにより、テーマパークの形で民族文化を宣伝する方法がわかった。そして両国の民族文化をよりよく理解し、それらを受け継いで進めることができる。

1 中日テーマパークについての先行研究

中国のテーマパークについて

急速な経済発展に伴い、テーマパーク産業は中国でも発展した。中国のテーマパークに関する研究論文は、まだまだたくさんある。保継剛は『観光開発研究』1で、テーマパークは一種のホットマネーであり、一つまたは複数のテーマを中心に、特別な環境や雰囲気を作り出して観光客を呼び込むべきだ;江昼は

『常州塩城春秋楽園を例にとると、中国のテーマパークの現状とその将来の発展動向』2で述べて、中国のテーマパークの発展はすでに一定の規模を持っているが、厳しい市場競争の中で生き残るためには、イノベーションが欠かせなくて、成長を制約する壁を乗り越えてこそ、持続可能な開発が可能になる。董観志は『観光テーマパークの管理と原理と実務』3の中で、テーマパークは観光客の多様なエンターテインメント需要に応えるために建てられた、創意性と企画性のあるイベント方式だと述べた。朗施月は、『中国のテーマパークとディズニーランドの間のコントラストの反射』4で、中国のテーマパークの開発は中国の文化的特徴を十分に発展させ、中国の伝統文化を促進するためだけでなく、 企業文化を築きる。また、中国のテーマパークはディズニーランドの管理モデルから学び、感情的な色を加えるためにフィルムメディアとハイテク手段を使用し、そしてユニークな中国の伝統文化を統合するためにフィルムメディアとハイテク手段を使うべきだと述べた。何治国の『蕪湖市インファンテに基づく革新分析と啓発』で、彼はテーマパークの運営者が思い出に残る経済形態を作り

1 保継剛.旅游开发研究[M].科学出版社.1996

2 江昼.我国主题公园的现状及其未来发展趋势 ——以常州淹城春秋乐园为例[J].社会科学家..2017(02)

3 董观志.旅游主题公园管理原理与实务[M].广州广东旅行社.1996

4 朗施玥.我国主题公园与迪士尼乐园的对比反思.[J].百家论点.2019(12)

出し、消費者に忘れられない思い出を与えるための材料として物的商品を使うべきであると強調し、楽園のテーマは歴史を際立たせ、消費者が旅行を通じて文化を学び、精神的な満足を得ることができる。向明は『観光客の満足度に基づく遊び型テーマパークの個性的なサービスデザインの模索——成都国色天郷楽園を例に』で、個性的なサービスのデザインの重要性を提案し、お客様サービスについて 全面的に人間化、親情化サービスを実施すると同時に、全面的に人間化、親情化サービスを実施して、細部の把握、感情の运用を重視する。

    1. 日本のテーマパークについて

楼嘉軍は『東京ディズニープロジェクトの市場特性と便益分析』5では、東京ディズニーランドのディズニーオーシャンパークを例にして、実証分析の観点から、東京の 2 つのディズニーパークの供給元市場と営業利益の特性、およびテーマを分析する。 東京ディズニーの成功は、消費、商品、そしてパフォーマンスの観点から説明されている。小野塚和人は《持続する観光開発に求められるものとは何か―観光から眺める日本とオーストラリアの関係》6で、東京ディズニーのエネルギー源は、施設の継続的な改善とサービスの継続的な改善により、観光客を魅了し続けている。持続する観光開発に求められるものとは不況の可能性に直面して、事業者は製品の開発とコンテンツの更新を続けなければならない。徐艶文『日本の水戸パラダイス』7では、中国の文化と日本の文化を完璧に組み合わせたものであることから、パラダイスの美しい景色を紹介した。

5 楼嘉军.东京迪士尼项目的市场特征及效益分析.[M].中国经济出版社.2009(05)

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接