中日校园欺凌中欺凌者心理对比毕业论文_日语毕业论文

中日校园欺凌中欺凌者心理对比毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

社会发展已经在文明社会上走了很长一段路程,本该接受这教育的学生们却在学校里引发了一次又一次的欺凌事件。校园欺凌问题一直是一个倍受关注的问题,不光在国内在日本也一直发生着同样的问题。欺凌者从生理以及心理上对被欺凌者施加压力甚至是暴力,让被欺凌者生理以及心理受到巨大伤害。我们通常会报以同情的态度更多的去关注被欺凌者,并且将此类事件划分到社会问题上,但是其实社会问题确实占有一部分原因,本文主要不仅仅是站社会学的角度上也会站在心理学的角度上去剖析欺凌者的心理状态和导致他们这种心理状态的成因。

涉及校园欺凌这个问题的相关文献以及研究已经非常多了,从心理学角度分析问题的文献并不是很多,想要根治这个问题确实十分困难,但是可以研究探讨出一些相对有效的解决方法,或是在萌芽阶段就抹杀这种问题的出现。不单单从法律法规等强制手段上出发,也可以发展心理辅导以及教育帮助青少年更好的成长与发展。为心理治疗和教育领域找到更多的切入点和方法。同时加深人们对类似欺凌事件的关注度,让大众以多角度多方面去看待类似问题,在帮助受害者不受到伤害的同时也扩展大众对事件的认知并且让大众了解到教育的重要性。让社会以一个相对和平安定的状态更好的发展下去。

所以,本文以中日两国发生的校园欺凌事件为引同时对比两国事件中欺凌者的心理来找到相对有效的解决方法。

关键词: 校园欺凌;社会心理;欺凌者;对比;解决方法

目次

はじめに 2

1.先行研究 3

2.虐め事件を分析 5

3.心理的な問題を探す及び分析 8

4.社会的な問題を探す及び分析 10

5.解決方法を探す 12

終わりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

学校はそもそも生徒達が知識を勉強し、将来は社会に役に立つようにするため建てた所で、つまり未来の人材を育つものである。しかし、近年から、日本でも、中国でも学校いじめ事件が増えてくる。そのいじめ事件はマスコミでも注目されて、大きいな話題になっていくである。その裏は伊藤茂樹(2007)情報モラルの未定着、家庭の教育力の低下、子育て意識の低下、地域社会におけるコミュニケーション能力の低下、児童生徒の育つ環境の悪化等の社会的な問題を含んでいるだけでなく、伊藤茂樹(2007)児童生徒の意識と行動の変化が考えられるとし、ストレスの増加傾向や規範意識の低下傾向等の心理的な原因もあると指摘された。社会問題からその事件の解決方法を探すのは多いので、本文は心理をメインとしてそのいじめ事件を加害者に関する心理問題を検討する。なぜ天真爛漫な子供達はそんな残忍な加害者になるのか、加害者達はいじめを与える時にどんな心理状態があるのか、そのいじめ事件は発生する前に止めることができるのか、そこは完全に解決するのは断言できないが、一応方法を研究することである。

 そのため、代表的な事件を分析して、その中身の心理問題を探し、その心理問題についての専門知識を基にしていじめ事件を減らすために解決方法を探すのを目指す。

1. 先行研究

学校はそもそも生徒達が知識を勉強し、将来は社会に役に立つようにするため建てた所で、つまり未来の人材を育つものである。しかし、近年から、日本でも、中国でも学校いじめ事件が増えてくる。これに関して研究は社会学の立場に立つ研究が多いである。本文では心理学と社会学の立場に立って、以下の研究を参考し、生徒達の中の加害者と被害者の心理及び未来の影響について研究である。

1.1学校いじめとは何に関する研究

いじめとは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である。学校いじめとは当該生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているものである。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。大渕憲一(2016)はいじめいまはマスコミでも注目される犯罪である。ということで、いじめである行為は犯罪行為になっている。

1.2いじめ事件の増加の原因に関する研究

伊藤茂樹(2007)はいじめ、暴力行為 の増加の要因として、一つは児童生徒の意識と行動の変化が考えられるとし、ストレスの 増加傾向や規範意識の低下傾向等を挙げている。このほかの要因としては、情報モラルの未定着、家庭の教育力の低下、子育て意識の低下、地域社会におけるコミュニケーション能力の低下、児童生徒の育つ環境の悪化等。後は森田洋司・清永賢二(1986)は教師はいじめに対する認識は不足、生徒との交流が不十分、知識を偏重し、価値観が限られて差別の構造につながるも一つの原因である。

1.3加害者者になる原因に関する研究

誰でも生まれたからいじめ者ではないが、しかし、この人の居る家庭環境、社会環境及びその人を影響を与える人の原因で加害者になる可能性もある。

①社会学には楠凡之(2007.4)は最近、家庭内暴力や児童虐待が増加している

が、こうした家族内で被害者の立場におかれて傷ついた子どもが、学校の中で は加害者の立場に立つ、いじめを行っている事例が多いである。尾木直樹(2007)は自己肯定感の脆弱な子どもがいじめを行っており、以前はいじめられていた子が加害者となる場合も少なくないである。楠凡之(2007.4)は子ど もたちが発達のエネルギーを発揮していける活動と人間関係を奪われているという問題がある。という三つの原因を指し出すである。

②心理学には弗洛伊德(フロイト)(2011)人の人格はエス、自我、超自我、三つの部分に構成する。そのエス(人格の元もの部分、飢え、渇き、攻撃性、性欲などの原始衝動で構成することである。)から湧き上がる衝動は誰を征服したいの快感を満足ため、人にいじめ、暴力などの行為を与えることである。後は理查德.怀斯曼(2014)は人は自分より愚かなことと人を嘲笑って、いじめて他の人痛苦の上に自分の快楽を作る。といういじめ行為を楽しむことである。もう一つの原因は万怀玲(2017)はいじめの加害者達は多分別の所にいじめられたかもしれないので、そして「自分が不幸なんだから、他人も不幸にさせたい」という歪んだ感情が持つ、いじめをする。他は贺江群 胡中锋(2016)に指している。これは加害者は元々自信がない生徒だが、誰かから優越感を感じさせて自分が劣等感を気付いて、その原因で嫉妬を生れることである。それで、あの人をいじめを与えて自分の心の劣等感を補充することである。

2.虐め事件を分析

2.1日本の虐め事件

大津市中二いじめ自殺事件[1]

 大津市中二いじめ自殺事件は、2011年10月11日に滋賀県大津市内の中学校の当時2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺するに至った事件である。大津市内の中学校で発生した出来事で、複数の同級生が2011年9月29日に体育館で男子生徒の手足を鉢巻きで縛り、口を粘着テープで塞ぐなどの行為を行った。10月8日にも被害者宅を訪れ、自宅から貴金属や財布を盗んだ。被害者は自殺前日に自殺を仄めかすメールを加害者らに送ったが、加害者らは相手にしなかった。男子生徒は10月11日、自宅マンションから飛び降り自殺した。被害者の自殺後も加害者らは自殺した生徒の顔写真に穴を空けたり落書きをしたりしていた。学校と教育委員会は自殺後に、担任を含めて誰もいじめの事態に気付いていなかった、知らなかったと一貫して主張していた。後の報道機関の取材で、学校側は生徒が自殺する6日前に「生徒がいじめを受けている」との報告を受け、担任らが対応を検討した事は認めたが、当時はいじめではなく喧嘩と認識していたと説明した。学校側と監督する教育委員会も当初自殺の原因はいじめではなく家庭環境が問題と説明していた。

2.2中国の虐め事件

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接