中日传统婚礼的差异毕业论文_日语毕业论文

中日传统婚礼的差异毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

本论文以婚俗文化为切入点,通过比较中日两国婚俗观念和服装形式的不同,进而阐述了中日文化之间存在的差异。通过研究“礼仪”的生成机制、文化逻辑与独特性,基本理清了两国传统婚礼的精髓,让我们对中国和日本的文化有了进一步的了解。我们应该学会在异国文化中取其精华,去其糟粕,更加完善和发扬本民族的文化。

关键词:传统;婚礼;差异;原因

目 次

はじめに 1

  1. 中日の伝統的な結婚式の違いの体現 2
    1. 結婚式の雰囲気 2
    2. 数字の選択 3
    3. 新郎と新婦の服装 4
    4. お客様の服装 5
  2. 中日の伝統的な結婚式の違いの原因 7
    1. 伝統的な思想からの影響 7
    2. 社会の歴史からの影響 7
    3. 政治体制からの影響 7
    4. 民俗習慣からの影響 8
    5. 国民の性格からの影響 8
  3. 中日の伝統的な結婚式から見た両国の文化の違い 9

おわりに 10

注 释 11

参考文献 12

謝 辞 13

はじめに

はじめに

結婚は人生の重要な転換点であり、人類の生存と発展にとって重要な意義を持っている。そのため、結婚文化は人類文明史の重要な構成要素だ。昔から、中国の思想文化は日本に深い影響を与えてきた。中日隣国は一衣帯水ではあるが、時間の流れと歴史の変遷とともに、中日文化は絶えず天地をひっくり返す変化が発生して、そして人類の日常生活の中で現れている。そこで、私は中日の結婚式文化について、简単な比較を行い、更にどのようにもっと良く民族の優秀な文化を伝承することを述べた。

1 中日の伝統的な結婚式の違いの体現

結婚式の雰囲気

中日両国はいずれも「天人合一」1という東洋的な考え方を持っているが、やはり少しの違いがある。例えば、日本人は神道の哲学における「自然は神である」を重視しているが、中国人は儒家の思想における「人を本とする」を尊びる。日本は神を重視するが、中国は人を重視するため、結婚式の基調において、両国は大きな違いを生じている。

私達は中国人が結婚式を行う時、非常に賑やかにすることが好きで、披露宴の場所で一連の婚礼の企画を行った後、招待客たちは囲んで食事をして、皆んなに歓楽と幸運をもたらすことができることを明らかにすることができる。赤は中国人が結婚式の主の色調になる。昔から、中国の花嫁は赤いドレスやかごにうつくしい幻想を抱いている。今では西洋の結婚式の影響を受けているが、皆んなはかごの代わりに結婚車を使われるようになり、冠も洋風の綿糸にとって代わられている。しかし、中国人の赤色に対して好きは削減されたことはなく、新婦の服装や結婚式現場の配置、また賓客がプレゼントに用いるお辞儀など、赤色はすべて中国人の婚礼にとって欠かせない色だ。我々の数千年にわたって受け継がれてきた文化観念の中で、赤色はめでたいこと、情熱的なものを表している。結婚後の生活が燃えるようになる同時に、新郎新婦への祝福を表れているのではないだろうか。

日本人は端正で厳粛な結婚式を主張している。彼らは神聖で簡約なことを重んじて、神の証人の下で、婚姻が完璧で有効なものと考える。そのため、日本の結婚式は教会や比較的静かな場所で行うことが多く、牧師の司会と親や友人の祝福のもとで神聖な宣誓を行われている。結婚式はあまり活発な活動がなくて、特にロマンチックで美しい。中国とは対照的に、日本の結婚式の色合いも素朴な白が中心だ。日本の色の起源は白色、

青色、赤色と黒色の四種類の色で、その中で最初に現れたのが白色で、それは太陽の光という意味だ。古代の時、日本人は白色で理想を表していた。花嫁の服装としては、日本の花嫁は「白无垢」2を着て、白は純粋で優雅な象徴であり、花嫁はこれから自分を捨てて新しい家庭に溶け込み、新しい結婚生活を始めることを代表している。また、彼女たちは「角隠」3をかぶっている。これは、白い帽子のような物で、角を隠しているという意味だ。新婦が新しい家庭を作った時は、自分の気性を自制し、わがままな悪習をすべて克服し、良妻賢母になるように注意するためだ。

数字の選択

結婚式の時間やご祝儀など様々な面で、中国人と日本人はそれぞれ縁起が良い思っている数字を選んでいる。

中国人は対称的なものを好むので、数字の選択においても偶数に偏っている。偶数は縁起の良いシンボルだが、奇数は凶の数と考えられる。だから中国の多くの伝統的な祝日は奇数の日に决められて、例えば正月の初一の春節、五月の初五の端午の節句、九月の初九の重陽節など、縁起の悪い日に祭礼を通じて平安を祈ることを望む。結婚式の習慣では、ご祝儀といい、結婚式の料理といい、二重に数える。結婚式の招待状の喜びの文字も「囍」という二重の喜字のように見えてきた。これは人々の文化観念と密接に関係している。昔から、中国人は「良いことはペアになる」、「成双は正しい」という伝統的な観念に深く影響を受けており、二重数で新郎新婦への願いを表したいと思っている。日本と似ているのは偶数にも例外がある。例えば、数字の四は、読み方が「死」に近いので、多くの中国人がこの偶数を忌避している。しかし、音楽的にこの数字を見れば、「発」と発音し、お金の「発」と同音になってしまうという解釈もある。しかし、これは一部の人の考え方で、大部分の中国人はやはり数字の四を受け入れにくい。

しかし、日本では、その反対が多い。日本人は対称的なものを好きではなく、ペアになるものは別れやすいと考えがちだが、奇数ほど安定性がないため、数字を選ぶ時はやはり奇数に偏りがちだ。日本人は陰陽五行を崇めて、奇数は陰陽五行と関連している。彼らの伝統的な結婚式では、「三三九杯」という言葉がある。三は「天、地、人」を表している。結婚式では、新郎新婦が「三杯のグラスを三回、一杯を三回の计九杯を飲みます」4を必ず完成させなければならない。彼らは、「共食信仰」を達成することで、お互いの魂が一つに溶け合うことができると考えている。ただし、例外がある。例えば、数字の八は偶数の中で、例外的に日本人に好まれる数字だ。八の字の下端が広く、完全に開いた扇子のようで、このスタイルは人生の道が広くなることを象徴していると日本人は考えているので、数字の八が好きだ。また、数字の九の日本語で発音は「ku」であり、日本語の「苦」の発音と同じだ。その名の通り、苦しみや苦難に関わるので、奇数なのに日本人は愛されていない。

新郎と新婦の服装

中国の伝統的な結婚式では、花嫁は民族衣装を象徴するチャイナドレスと漢服を着用することが普通だ。チャイナドレスのスタイルも種類が多く、昔から、スタイルに大きな変化がある。襟の高さ、袖の長さ、スリットの高さなど、中国の女性が長い間腕を胸に抱いてきた従来の姿を変え、女性の姿態や曲線の美しさを存分に見せることができる。模様は多くは牡丹と竜鳳を中心で、富貴と吉祥を象徴しており、中国の女性の気前がよく、優雅であることを示している。一般的に結婚式で、新婦は何着かに着替える。チャイナドレスと汉服は軽く着ているので、普通はお酒で歩く時に見られる。近年、西洋文化の影響を受けて、結婚式では花嫁が純白のウエディングドレスを着るようになり、そして様々な種類の選択することができる。花嫁は自分のスタイルや好みによって、違う

ウエディングドレスを選ぶことができる。例えば、長身の花嫁にぴったりのウエディングドレスは、魅力的なボディーラインをうまく表現することができる。王後型は、背が低かったり、大柄な花嫁に向いている。昔は、新郎も新婦に合う刺繍の柄の服を着なければならない。現在では西洋化が進んでおり、正式なスーツとシャツ着用して、より明るいネクタイを着用することが一般的だ。更に胸の花を着用して、シンプルで洗練されたデザインで新婦のブーケに合わせることができる。靴もスーツと同じ色の純色の靴を選ぶ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接