日本传统文化的传承——以和服为例毕业论文_日语毕业论文

日本传统文化的传承——以和服为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

本文是以日本传统服饰——和服为例,对日本传统文化的传承进行了研究。首先介绍了和服本身在款式、材质、图案、颜色、穿法上的变化,其次从法律、教育以及生活等各方面阐述了日本对和服的保护,最后从日本对传统服饰的保护中得到启发,以期我国传统服饰能够得以更好地保护和传承。

关键词:传统文化;和服;传承

目 次

はじめに 1

  1. 着物の発展における文化の伝承 2
    1. 様式の発展における文化の伝承 2
    2. 着物の表地の発展における文化の伝承 5
    3. 模様の発展における文化の伝承 5
    4. 色の発展における文化の伝承 7
    5. 着こなしの発展における文化の伝承 8
  2. 着物の保護における文化の伝承 10
    1. 法律の保護における文化の伝承 10
    2. 教育の保護における文化の伝承 10
    3. 社会活動における文化の伝承 10
  3. 着物の伝承から得た啓示 12
    1. わが国の伝統文化の現状 12
    2. わが国の伝統的な服の伝承に対する啓示 12

おわりに 14

注 釈 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

中日両国が一衣帯水で、文化交流の歴史が長い。両国の文化は多くの点で似たところがあって、伝統文化の伝承についてもずっと中日両国のとても関心を持つ問題である。衣装は文化の媒体として、文化の伝承に重要な役割を果たしている。着物の歴史は数百年しかないが、今までに発展してきて、目立つ地位を持っている。それに対して、中国漢民族の伝統衣装の歴史は更に悠久で、今は誰も尋ねる人がいなくて、この問題が私たちは深く考えるべきだと思う。本文は日本の伝統の衣装――着物を例にして、日本文化は着物の上での継承発展を探ってみよう。日本政府はたくさんの措置を取って、着物の伝承を守っている。だから、日本の経験を吸収して、欠点を避け、わが国の伝統文化事業の発展を推進する必要があると思う。

1 着物の発展における文化の伝承

様式の発展における文化の伝承

衣装の中で最も古い形式は布だけで上半身を遮る。弥生時代になって、「貫頭衣」と

「袈裟式衣」が現れた。しかし、裁断されていないので様式にはならない。古墳時代、日本と隣り合っている東呉の初めの貿易は行き来して、中国の服装の様式を学び始めた。奈良時代になって、聖徳太子は隋に使者を派遣して、隋の制度に従って「冠位十二階」を制定したので、日本の衣装制度はほとんど“全漢化”した。平安時代前期、日本はまた頻繁に唐に使者を派遣して、そして唐代の政治、経済、文化などの各方面を吸収して、空前絶後の唐化運動が始まった。そのため、その時代の服装様式は唐代と基本的に同じだった。平安時代後期、日本は唐使を撤回した。唐は滅亡したから中日は断交した。その後、日本は唐の文化を吸収した上で、日本の本土文化と結び付けて、独特な大和民族の特色の服装様式を形成して、「国風の時代」を開いた。それから着物はそれぞれの時代の発展に適応するために異なる様式が発生して、明治時代になって、本当の意味での着物は定型化した。現在よく見られる様式は以下のとおりである。

①浴衣:安土桃山時代で、日本では入浴していた後に肌の水分を吸収する「湯幕」のような服を着ることが流行している。江戸時代まで平民の趣味の服装になって、そして今日の浴衣になった。浴衣は涼しい服装で、その他の日本の伝統服装と似ていて、広い袖と直線的な縫い目がある。しかし、盛大な着物とは違って浴衣はシルクや合成繊維ではなく綿で作られている。伝統的な浴衣の大部分は青い染料で染めた木綿で作られていてが、今の浴衣の色は多くなる。浴衣の模様は夏季の動物、植物、物事を選ぶのが一般的である。普通に若い人は色が鮮やかで模様が多いパターンを選ぶが、年上の人は濃い色とシンプルなデザインを選ぶことがある。この点が着物に似ている。

②小紋の着物:江戸時代に始まって、砕ける小さい模様があって、古代には武士の「裃」として使われていた。江戸時代で、各藩にはそれぞれに決められた「江戸小紋」の図案があったが、条件に合わない人は勝手にこれらの図案を合わせた着物を着てはいけない。それがその時の上流の武士階級に所有されていたことから、今日になっても格調の気高い古典の模様として常に家紋模様に収まって、茶会や法事の際にそれを着用されることが多い。

③色無地の着物:小紋の着物より格調が少し高い日常係の正装である。「無地」の意味は模様がなくて、「色無地」とは全体が黒以外の一色染め、模様がない着物である。

(黒色が喪服である)模様がないが、織り出された密かな縞があることを許されている。色無地の着物に家紋があれば、「訪問着」と同じクラスの礼服である。家紋がなければ、次級の礼服で、あるいは普段着である。黒色のベルトを使うと、それはまた次級の喪服

(葬式に着る服)になる。九寸帯を配れば法事のための衣装としても使える。そのため、色無地の着物を着る範囲は非常に広い。

④振袖:長い袖を持っている着物のことである。このタイプの着物は平安時代(794―

1185)に登場した「小袖」の服装様式に由来して、それから今日よく知られている着物を発展している。江戸時代(1603―1868)初期、このような振袖着物はすでに未婚女性の標準の正式の礼服になった。袖の長さによって「大振袖」「中振袖」「小振袖」に分けることができる。大振袖は正装で、必ず5 紋様に入る。中振袖は準正装で、3 紋様あるいは1 紋様に入ることができる。小振袖は普通着である。

⑤留袖:最初、江戸時代で、女性が結婚した後、若い時着る着物の袖を短く切って、身八つ口と振八つ口を縫う。このように修正した着物はその模様の分布とは関係がない

――「留袖」(留袖は「短く切る袖」である。)と称させられる。だんだん、留袖の意味は「既婚女性の礼服」になった。 留袖は黒留袖と色留袖に分ける。

黒留袖のが黒色の留袖で、既婚女性の祝典中の最高級の衣装である。一般的には厳かで盛大な場面で着用されている。例えば、結婚式、宴会時など。未婚女性は黒留袖を着ることはできない。

色留袖とは黒以外他の色の留袖である。色留袖は昔は皇宮や上流社会の貴婦人が集会に参加した比較的盛大な服装であった。今は一般女性の派手なドレスとして、披露宴と各種パーティーに使われている。未婚女性も身につけていることができる。

⑥訪問着:訪問着の歴史は短くて、それは明治時代で、外国の社交ドレスに合わせるために発明された着物の種類である。訪問着の特徴は「絵羽」がある――裾全体にまたがって、服全体見て連続した模様を呈している。既婚と未婚女性がすべて訪問着を着ることができる。社交場所で訪問着は比較的正規のドレスである。多数は非親族の結婚披露宴、社交宴会、茶会、パーティー、正式の場所を訪問するなど身につけている。

⑦男子の着物:男子の着物は模様がある羽織と袴を正式衣装として、たとえば付紋羽織である。羽織着地は羽二重で、袴着地は仙台平である。黒色以外その他模様を染めて打袴も簡易の着物として、自由に組み合わせることができる。小さい袖丈と浴衣は普段着として着る。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接