探究福泽谕吉民族主义的渊源毕业论文_日语毕业论文

探究福泽谕吉民族主义的渊源毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

福泽谕吉是日本近代一位颇具争议性的思想家和教育家,他从小饱受苦难却依然能在兰学和英学上有高深的造诣。他访学欧美,将大量的西方近代文明传播到日本,为日本的近代化做出了巨大贡献。不仅从思想层面上构建了日本现代化的道路,而且更是对日本国民进行了启蒙思想教育。因此,他被称为“近代日本之父”,“日本伏尔泰”。然而与此同时,他也是个蔑视亚洲文化,主张日本武力扩张侵略邻国的民族主义者。本文旨在通过分析福泽谕吉的家庭背景、教育经历和三次访问欧美经历并结合其各个时期的作品,从而探究福泽谕吉民族主义的渊源。

关键词:家庭;教育;访问欧美;民族主义;扩张

目  次

はじめに 1

1 家族背景 3

1.1 誕生 3

1.2 中津に移住 3

2 教育背景 5

2.1 漢学時期 5

2.2 蘭学時期 5

2.3 英学時期 6

3 欧米巡り 8

3.1 渡米 8

3.2 渡欧 8

3.3 二回目の渡米 9

4 西洋と中国への認識 10

4.1 西洋への認識 10

4.2 中国への認識 11

5 ナショナリズムの生まれ 14

5.1 「脱亜論」の内容 14

5.2 武力で拡張する計画 15

おわりに 17

参考文献: 18

謝  辞 19

はじめに

 福沢諭吉はずっと議論されていた思想家、教育家なので、彼についての研究が豊かである。日本の国内に第二次世界大戦が終わった時から遠山茂樹と服部之総は福沢諭吉の思想に対して研究を始めた。日本の羽仁五郎、田中王堂、丸山真男、安川寿之補、子安宣邦など学者は福沢諭吉の研究に対して色々な意見があって、丸山真男は『読「文明論概略」』の中に「文明論概略」を三つの「アジア一体」、「アジアを改造」、「アジアを分割」の段取りでまとめた。安川寿之補は「福沢諭吉のアジア認識ーー日本近代史像をとらえ返す」の中に、福沢諭吉がアジアの隣国と人民を蔑視する言論と武力で拡張する計画を提唱者である。また、彼は「福沢のアジア認識」の中に福沢諭吉を「日本がアジアを侵略した指導者」と非難した。今、中国の国内には福沢に対しての研究がほとんど以下の三つの方向である。

一:福沢諭吉の「脱亜入欧」の思想に関しての研究である。例えば、汪軒宇が『福沢諭吉脱「脱亜入欧」思想研究』には「脱亜入欧」の思想がアジアのほかの国を蔑視と敵視した思想を含んだので、ナショナリズムの特性があることを指摘している。

二:福沢諭吉を中国の同じ時期の改革者と比較している。例えば、宮興華の『厳復与福沢諭吉国民性改造思想比較』、周娜の『「中体西用」与「和魂洋才」——教育視野下張之洞与福沢諭吉西学思想之比較』など作品がある分野には福沢の思想、影響を中国の改革者と比較している。

三:福沢諭吉の武力で拡張する計画を研究する。例えば、周承智の『福沢諭吉的対清戦略——以19世紀80年代后為中心』、刘孝萌の『福沢諭吉的近代日本拡張思想』など作品が福沢諭吉は天皇制を堅持したり、前々に武力で拡張して隣国を侵略する計画を企んでいた。しかし、福沢諭吉のナショナリズムについての研究が少しくない。王明兵の『福沢諭吉的中国批判与日本民族主义』と丁志強の『論福沢諭吉的「文明史観」及其民族主义立場』が其々に中国対しての批判と彼の文明史の観点によって、福沢諭吉の積極的な影響を認めた同時に福沢諭吉のナショナリズムは日本が戦争と暴力を欲しいままにする道を辿ることの重要な原因だと指摘する。

福沢諭吉のナショナリズムの淵源を探究する同時に日本社会の庶民を受けた思想のショックと社会の変化を探究できる。だから、福沢諭吉の家庭、教育経歴、欧米への訪問によって、福沢諭吉のナショナリズムを探究しているのは私たちにもっとはっきり思想の変化の過程を理解させるだけではなく、社会の背景の変化と民衆の思想の変化この両者の関係について新しい認識がある。

1 家族背景

1.1 誕生

福沢諭吉は十八五三年一月十日に大阪で生まれた。彼の父上が豊前の中津奥平藩の士族ーー福沢百助である。母上は奥平藩の橋本浜右衛門の長女ーー順である。福沢諭吉の両親が二人の男と三人の女を生んでいたが、彼は一番小さい息子である。父上は一つの低級な武士である。父上は長時間に中津藩が大阪に建てた倉庫で勤めたので、家庭の全員が大阪に住んでいた。

1.2 中津に移住

しかし、その幸せだった家庭は不幸があった。福沢諭吉はわずか三歳の時に父を病気で亡くした。三十三歳の母は五つの子供を連れて、十数年ぶりの故郷ーー中津に帰ってなければならなかった。中津の方言や風俗は大阪とより少し違いがある。帰る後、五つの子供はいずれにせよ中津の人と友達になることができなかった。孤独と貧窮がその家庭を襲ったので、幼い福沢諭吉を生活の辛さを味わわせた。

彼は小さい頃から門閥の観念が厚い社会環境で成長していたので、そのような生活を嫌がったり、早く中津を離れて門閥制度の鎖を逃げたい。藩内の公務だけではなく、内密で子供達の中には門閥制度の厳しさを感じることができる。「上層貴族は福沢諭吉のような下層士族と話す時、態度が悪い。福沢諭吉は敬語を使って相手と交流したけれど、相手が命令的な口ぶりで話した:『君はこうするだ。君はそうするだ。』遊ぶや会読時さえ、彼らは貴族の身分で笠に着た。そのことはよくに福沢諭吉を怒りと屈辱を感じさせた。」[1]

しかし、そんなにたくさんの災難は全然に福沢諭吉の闊達の気性を影響しない。その時代、下層士族の人たちは貨物を買うのが恥ずかしいと感じたので、ハンカチで顔を隠して夜に油、お酒、醤油を買いに行った。彼は顔を隠さないばかりではなく、昼に徳利を持って二本の刀を連れて大手を振って街へ買い物に行った。彼は自分のお金で貨物を買うのは恥ずかしくないと思っていた。その事によって、私達は福沢が日に形成されている闊達、強情の性格を見える。

2 教育背景

2.1 漢学時期

福沢諭吉の父は漢学に造詣が深かったので、中国の書道と絵のコレクションをした。しかし、福沢は小さい頃に貧窮するので、生きるためにそれらをすべて売った。「十四、五歳まで、彼は漢学の勉強を始めた。勉強を始める時が遅くけれど、福沢諭吉はその後に覆い隠すことのできない才能を示していた。漢学の授業を受けた先生はしばらくに自分の生徒になった。」[2]福沢諭吉は六、七年で中国の経書や史書などを読んだ。例えば、彼は十一回で『左伝』を読んだ。彼の『文明論概略』など作品から、漢学に対して深い造詣を見える。「しかし、彼は蘭学の勉強を始める後、漢学と漢方を蔑視していた。彼はすらに自伝の中に、漢方の学生をそれらは二千年以来汚れまみれの『傷寒論』プレゼントとしてを連れて国内へ帰って、国民を殺す。それは怖くじゃないか!待ってろ、いずれ根絶させると評価した。」[3]

2.2 蘭学時期

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接